悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やっぱり1番アカンのは内田監督と日大の対応やね?の巻

連日連夜、取り上げられてる日大アメリカンフットボール部のレイトタックル
の問題で
、日大の内田監督が関西学院を訪れた後の記者会見を見て元アメリカ
ンフットボールプレーヤーとして収まらない怒りを感じてしまいました

今回被害を受けた関学の選手の父親が記者会見を開き、大学では無く加害選手
を個人名で訴えたと話されてましたが、これは日大の内田監督がもっと早い
時期に自分の過失を認め謝罪をし、未来ある加害者である学生を守ってやる
べきですね


内田監督の記者会見を聞いててもスッキリとしない会見でアメリカンフット
ボールを貶めた事は本当に許せない物があります


日大の教授陣も大学や内田監督に対して抗議を始めた様ですが、これは当然の
行動だと思います。

今回のレイトタックルの問題で日大の体質が浮き彫りになったのも事実ですし
スポーツを通じ学ぶべき精神をないがしろにする行為を私的には許せません

毎日来られるお客様は私が学生時代にアメリカンフットボールをしてた事を
知ってる方がほとんどで、多くが「息子がアメフトをしたいと言ったら絶対
反対するよね
?」とか「ありゃスポーツと言うより格闘技だね?」とか
色々な事を言われますが、そんな批判的な意見を聞く度にフットボールを
汚された事に憤りを感じます


そこで先ずは神戸新聞の記事抜粋より

アメフット悪質反則 関学大被害選手の父親会見

アメリカンフットボールの定期戦で日本大の選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、負傷した選手の父親が21日午後、大阪市内で会見した。父親は「映像を見て憤りが収まらなかった」とし、被害届の提出は真相究明が目的などと述べた。主なやりとりは次の通り。
a0259347_08463459.jpg
「息子の件でお集まりいただきありがとうございます。元気に練習に復帰できる状態になったが、正直、つらかった。5月6日、1プレー目で退場した姿を自宅のビデオで見て本当に心配した」

 「いろいろ家族で話し合った。私は議員をしている公人で役所や事務所にも、この件で問い合わせがあった。これまでメディアには関学が丁寧に応対してくれた。両大学が再びアメフットの試合ができるようになることを望んでいる」

 「あのプレーのビデオが流れるたびに憤りが収まることはなかった。9日に警察に相談に行った。その後、被害届を息子と妻、私の3人で提出して受理してもらった。会見は、その報告だ」

 -このタイミングで被害届を出した理由は。

 「(日大の)監督の会見で真実を聞くことができなかったからだ。何が彼をあそこまで追い込んだのか。会見で監督が『調査をする』と言った。監督がチームをどうコントロールしていたかは知らないが、これまであんな行為をしなかったチームに何があったのか」

 「監督が『つぶしてこい』と言ったという報道もあった。どの親も憤ると思う。アメフットがフェアで安全なスポーツと知ってもらうためにも、今後(日大の)チームの皆さんに真実を話してもらうためにも、告訴の一歩手前の被害届を出した

 -あす日大の選手が会見するという報道がある。

 「加害選手には自身が取った行動を受け止めていただきたい。ただ、彼にも将来がある。委ねたところに判断していただきたい」

 -被害届を提出する際、加害者は個人か団体のどちらにしたか。

 「団体ではなく、個人にした。犯罪名は言えないが、加害者はタックルした日大生の名前で提出した

 -6日の試合には観戦に行っていたか。

 「観戦していたが、アメフットの観戦はボールを追いかける。息子が投げたボールを目で追いかけ、次の瞬間に彼が倒れるのを見て何が起きたんだろうと思った」

 -被害届の提出は、日大の反応次第で決めたのか

 「もちろんだ。日大の対応次第と思っていた。もし真実が明らかにならないのであれば、告訴せざるを得ないと思っている

 -日大の監督は辞任すると会見で言ったが。

 「正直申し上げて、あの会見は釈然としない。本当に真実を語っているか。『チームがしたことを監督が責任を取る』というだけにしか聞こえない。指示があったかどうか。報道にある『壊せ、つぶせ、殺せ、けがをさせろ』の文言はどれが真実なのか。私はチームの部員全員に正直に答えていただきたい

 -試合後はどういう対応を取ってきたのか。

 「私は(加害行為を)見ていない。当初は関学のスタッフに全てお任せしてきたが、世論やメディアスクラムでもう限界だと思い、私自身で顔を出すことを決めた」

 -けがの具合は。

 「左の後ろ腰下にタックルされた。当たった後、最後にひねっている。右足が腫れ、左足がしびれた。5月7日に病院に行き、14日にMRI(磁気共鳴画像装置)を撮った。腫れは引き、しびれはましになった。将来的には分からないが、もう練習に復帰できているので大丈夫と思っている」

 -日大の対応次第で被害届を取り下げる意思はあるか。

 「最初から申し上げている通り、日大の対応次第だ。日本のみならず世界にアメフットが安全なスポーツであると発信できるようになればいい

 -被害届の提出を決めた時期は。

 「今日だ。息子が署名すると再確認して決めた」

 -試合後、息子に最初に会ったときの状況は。

 「帰宅後に会ったが、息子は足が曲がらず、当時は本人も何が起きたのか分からなかった。映像を見て、許せないと思った

 -息子はアメフットを嫌いになっていないか。

 「大丈夫です。私から本人に聞いたところ『好きだ』と言ってくれた」

 「被害届は、真相を究明するためのものだ。それに向けて相手チームが進んでくれることを願っている」

 -15日に日大が声明文を出した。監督と選手の受け止めに違いあることについてどう思うか。

 「全員でプレーをしていて乖離(かいり)があるということは釈然としない。憤りを超えて不信感しか募らない

 -関学が定期戦を打ち切る可能性があることにどう思うか。

 「そうならないような結論が出ることを信じる」

 -加害行為についてどう思うか。

 「アメフットであれがOKになれば、ルールが変わってしまう。あの日、本当に何があったのか。今後、究明されることを祈っています




今回のレイトタックルは本当に危険なタックルです

実際にプレー中はハドル(プレー前に円陣を組む事)の中では言葉で
相手を殺せ!とか潰せ!と言う事はあります。

しかしこれは合言葉の様な物で、実際に危険な反則行為までして潰しに
行く事はありません


プレーヤーは絶対に今回の様なレイトタックルの危険性は知っているから
絶対と言って良いほどやらないと思うのです。

元プレーヤーとしては、その危険度を身を持って感じるだけに本当に許せない
部分はありますが、1番許せないのは、やはり内田監督や日大の対応ですね

アメリカンフットボールが男らしいスポーツであり誰からも愛され、認められ
る物になって行く様に切に願います。

本日、加害学生が記者会見を開くと言う事ですが、話を聞いて見たいと思います。

今後も日本のアメリカンフットボールを牽引する2チームがグランドでフェア
プレー精神に則りわだかまりを残さず正々堂々とぶつかり合い戦える日を
期待します






























[PR]

# by mabo89 | 2018-05-22 09:20 | 時事問題 | Comments(0)

お父さんは頑張らんとあきませんなぁ~?の巻

昨日の20日の日曜日は皆さん如何お過ごしでしたか?

通常なら私は朝から合気道の練習に行き、ごくごく普通に過ごす筈だったの
ですが、先週の金曜日の練習の時に先生から、地元(橿原市今井町)の祭りが
あり、何時もの様にうちのメンバーでお餅つきをして欲しいんや!と言われ
本部道場の目の前の神社へ集合し、朝から餅つきをしました。

奈良の橿原の今井町は調べて頂ければ良いと思いますが、歴史的にも凄く有名
な場所で多数の豪商と言われる人達が住んでた場所で、多くの大名達を金銭面
で援助した書類が残ってます。

街並みも古い街並みを残し、町の中にある本当に小さな資料館にはそこら辺の
博物館など足元に及ばない程の歴史的資料が無造作に、しかも溢れんばかりに
展示されてます。

奈良の五条新町と橿原の今井町は町全体が歴史保存地区だったと思いますが
とにかく歩いてても、どこか懐かしい日本の風景を見る事が出来る場所です。

そんな町の中のお祭りで、何かイベントがあると餅つきをするのが何故か
うちの合気道道場の生徒がするのが恒例となってしまい、毎回声がかかるので
行ってます。

昨日は晴天に恵まれ、お祭りの今井町の歴史を語る時代行列が行われる中
おモチを2臼ついて出来上がったお持ちをお祭りに来てた観客に振る舞い
喜んで貰いました。

その後、道場で合気道の練習となった訳ですが、私は娘の彼氏のアメリカン
フットボールの試合を見に行って欲しいと言う事で娘が家に私を迎えに来てる
ので仕方なく家に帰り神戸の王子球技場へ試合を観戦に行って来ました。

Xリーグの関西での決勝戦でしたが、娘の彼氏の所属するパ〇ソニックの
インパルスが見事に勝利し優勝と成りました


天気も良く晴れてはいましたが、日差しもそれほどキツク無く丁度良い天気
でした。

試合終了後に娘の彼氏やそのチームメイトと談笑し、試合後に彼とデートを
すると言う娘を残し、大学時代の友達が近所に住んでるので帰りに家に寄れ
と招待を受けてた事もありお邪魔させて頂きました。

行って初めて知ったのですが、本当にフットボール場から数kmの所に住んでた
ので驚きました。

私と嫁は大学時代からの付き合いなので今回お邪魔した家も夫婦で知り合いと
言う事もあり、お互いが気遣う事無く、くつろがして頂きました。

食事も御馳走になり夜の9時頃に家に到着!!

とっても着かれた日でしたが充実した1日を過ごす事が出来ました。

娘の結婚話も段々現実味を感じる段階になって来ましたので、何か複雑な
思いがありますが、まぁ先ず1番は彼女が幸せになる事が大切なので、
通常なら合気道の練習が有ったらサボる事無く合気道を優先しますが
ここ最近は娘の話を優先してしまいますね~!


とにかく頑張りましょうお父さん!!!















[PR]

# by mabo89 | 2018-05-21 09:31 | 時事問題 | Comments(0)

朝日新聞さん・・必死になって擁護してた韓国から出入り禁止って・・爆の巻

朝日新聞が必死になって援護してた韓国から無期限の出入り禁止処分を通告を
されちゃいましたね?


韓国側の言い分は朝日の言い掛かりだ!的な事ですが、朝日新聞の得意とする
捏造で日本を陥れ韓国の援護をしてたのに
今回はその捏造により韓国に
無期限の出入り禁止を言い渡されるって・・滑稽ですね~


そこで先ずは産経新聞の記事抜粋より

韓国大統領府が朝日新聞を無期限の出入り禁止処分に

韓国大統領府は18日、「韓国政府が4月末に北朝鮮の核兵器や核物質を国外に搬出させる案を米国に提案していた」と同日付の朝刊などで報じた朝日新聞に対し、「全く事実ではない」とし、無期限の出入り禁止処分を通告した。

a0259347_11332795.jpg

 韓国メディアによると、韓国駐在の外国報道機関に対する無期限の出入り禁止は初めてという。

 同紙は米韓関係筋の話として、4月24日にボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と面会した韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が一部兵器搬出を打診したと報道した。

 朝日新聞社広報部は産経新聞の取材に「(出入り禁止処分の)通告を受けたことは事実です。今回の記事は、十分な取材に基づいて報道したものです」と回答した。




昔から「策士策に溺れる」とは良く言われますが、今回はまさにそれですね?


まぁ反日新聞の朝日なんてどうなっても気にもなりませんが、韓国がそれを
ネタにまた
日本が~~!と言って来るのが気分悪いです

日本と言う国をメチャクチャにしようとしている朝日新聞や国壊議員が居る
事で、色々な事に気を付けながら進まないといけないと言うのは本当に
しんどい事ですが、仕方ありませんね~?

とにかく負けずに頑張りましょう日本人!!!




















[PR]

# by mabo89 | 2018-05-19 11:40 | 時事問題 | Comments(0)

なんや・・結局は合気道の宣伝か?(爆)の巻

毎日・毎日色々な所で色々な事件が起こりニュースになっていますね?

そこで先ずはやっぱり日大のアメリカンフットボール部のレイトタックルの件
です


昨日も学生時代に同じアメリカンフットボール部でキャプテンを務めた同期と
日大のレイトタックルに付いて電話で話をしました。

彼も今回の日大のプレーに憤りを感じている1人です

私も日大の監督が表に出ても来ず逃げ回ってるのが許せませんね~

別に自分がアメリカンフットボールをやってたからと言う意味じゃ無く
アメリカンフットボールをする人のイメージはガタイもデカく力もあって
見た目は怖いけど、実は凄く優しく1つのプレーをする為に自分が犠牲となり
ボールキャリアーの為に道を開ける・・と言う優しくて力持ち!と言う
イメージなのです


そんな1プレーの為に自己を犠牲にしながらやるスポーツなだけに男らしく
正々堂々とやるスポーツなんだ!
と周りのみんなに話をしてたのに、今回の
日大の監督は表にも出ず、こそこそ逃げ回ってる様にしか見えず、男として
フットボーラーとして全然カッコ良くありませんね


先ずは表に出て今回のラフプレーを謝罪する所から始めるべきではないで
しょうか?

フットボールを愛する人間の1人として、今回のこんな事でフットボールが
ルールの無い喧嘩の様なスポーツだと思われるのが本当に悔しいです


協会にも厳しい対応を求めます



それと話はガラッと変わりますが、皆さん本当に気を付けて下さいね!

昨日も名古屋で1人の男性がナイフにより刺殺された様ですね

理由として犯人が言うには「自分が死にたいのに死ねなかったから腹が立っ
て・・
」って、そんな理由にもならない様な事で刺殺された方は本当に
いい迷惑ですよね


季節の変わり目には色々変な奴が出て来ますので、道を歩く時も周りの
様子を伺いながら常に危険察知のアンテナを張っておきましょうね


それと、もしも危険な目に合った時には誰かが手を差し伸べてくれるまで
自力で危険から脱出できるる様に日頃から何か習っておくのも1つですね!

でも最近は草食系男子が増えて事もあり、女性が危険な状態を見て一体
どれくらいの若者が身を挺して助けてくれるでしょうか?

ましてや相手がナイフなど武器を手にしてたら・・・

多分ほとんどの人は見て見ぬ振りをすると思いますが、それは当たり前
だと思います。

そんな中でもしも、自分がその被害者になりそうな時は自分で自分の身を
守れる様に頑張りましょうね?

なにをして良いか分からない!と言う人は私が今やってる合気道をお勧め
します。(笑)

近所に合気道の道場があれば1度覗いて見て下さい!

怪我をする可能性も低いし、争わない武道と言われてだけあって試合も
ありません。

かと言って自分から攻撃する事はありませんし、技もありません!

しかし、攻撃を受けた場合に相手の力を利用し攻撃してきた相手を投げたり
やっつける技は豊富にあります。

だから力の無いか弱い女性が力づくで襲い掛かって来る男性に対しては
非常に有効な武道だと思います


勿論、武道ですので剣道や柔道と同じく礼節は重んじますので日本人として
どこか清々しい気分にもなれますよ!

とにかく頑張りましょう日本人!!!















[PR]

# by mabo89 | 2018-05-18 09:18 | 時事問題 | Comments(2)

フットボーラーは紳士的であれ!の巻

最近、娘の彼氏がパ〇ソニックで現役のアメリカンフットボールの選手と言う
事と私自身も学生時代アメリカンフットボール部だったと言う事もありTVや
フットボール場に行って試合を観戦する機会が増えてるのですが、今回TVで
話題になってる日大のディフェンスエンドのレイトタックルは残念ですね

その問題のレイトタックルの件で学生時代のアメフト仲間と電話で話をしまし
た。

彼も、アメリカンフットボールがこんな形で取り上げられ注目を集めるのは
本当に不本意だね?と言ってましたが、本当にその通りです。

実際にアメリカンフットボールは格闘技に近い物がありますが、そこはルール
があるスポーツなので今回の様な形で紹介されるのは本当に残念ですね


私達が現役の頃に関学のQBで猿木と言う選手が居てたのですが、タックルを
受けて脊椎を損傷し、車椅子生活となったのを実際に見てるので今回のレイト
タックルを見た時に憤りを感じました


そんな関係もあり、多分、関西学院では今回の様な殺人タックルはどこの大学
よりも厳しく教育されてるとは思うのですが、その大学を相手に今回の殺人
タックルをした日大には幻滅しますね!

私達の現役時代は篠竹監督率いる日大はショットガンを採用し最強と言っても
過言ではないチームでした。

そんなチームも篠竹監督が辞められた後、以前の強さから遠のいたイメージが
ありましたので何処か焦りがあったのかも?知れませんね・・

実際に攻撃前に円陣を組み次のプレーの打ち合わせをするのをハドルと言うの
ですが、試合中にそのハドルの中でアドレナリンが上がり「対面を殺せ!」
言う様な事はありますが
それはあくまで気合を入れる合言葉の様な物で
実際に殺しに行く様なプレーを故意にする事はありません


プレーの流れの中でホイッスルが鳴る前に相手がタックルをしようと飛んで
しまっててホイッスルが鳴った後でレイトタックルになる場合もありますが
それはあくまで流れの中の行為なので故意ではありませんが、それでも反則は
取られます。

1番ショックだったのは、あの日大が「あそこまでしないと勝てない・・」と
言ったのを聞いた時に、日大も弱くなったんやなぁ~?と情けなく思いました。

だから関学戦と言う因縁の対決をどんな手段を使ってでも勝ちたかったんで
しょうね?

そうなると日大のアメリカンフットボールとはスポーツの域を越えた喧嘩と
同じ
だと言う事ですね?

私の中であの最強だった日大がルールも知らない弱小チームと同じ様な
レベル
となった訳ですが、チーム名と同じ様にいつの日か復活する日が来れば
良いのですが・・

日大フェニックス・・不死鳥の様に復活する為には先ずはルールから勉強
し直した方が良いと思いますよ!


頑張れ若いフットボールプレーヤー!!

フットボーラーは紳士的であれ!!!

















[PR]

# by mabo89 | 2018-05-17 09:37 | 時事問題 | Comments(0)