悔しかったら買うてみ~!!

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

韓国!24日に差し押さえが出来る物ならやってみ?の巻

会社に来て何時もの様に内職回りの前に、PCで色々なニュースを読んでたら
やっとNTTの社長もやっと声明を発表し、「個人データが抜かれているなら
ば、そういう端末は売らない方がいい
」と述べた様ですね?

次に目に入ったのが、韓国の鉄道コレールの事故問題で韓国らしい社長の
発言・・お国柄が良く出てて責任転嫁に必死ですね~

KTXを運行する韓国鉄道公社(コレール)では最近、事故が相次いでいた。
11月以降だけでも大小の事故や車両故障が10回以上起きている。との記事
が目に入ってて今回の脱線が急に寒くなったのが原因で・・アホの様な
記者会見


勿論、記者達も「ピョンチャンの時はもっと寒いのに普通に運航してたの
では?」との突っ込みも必死で責任転嫁に四苦八苦してる様ですね?

これが日本製だったら・・爆

きっと何時もの様に日本が~~~!と叫べば国民も納得し新しい日本叩きの
材料になっていたかも?と思うと、やっぱり韓国には関わらないのが1番
だと感じますね


そんな中で今日1番気になったのが、文春オンラインの記事です。

先ずはその文春オンラインの記事をお読みください

81歳知日派の苦言「韓国の政治家は、『日本非難が愛国』だと思っている」

慰安婦問題や徴用工問題が日韓関係を揺るがし続けている。

 そんな折、私は月刊 「文藝春秋」新年号 で、韓国有数の知日派である元駐日韓国大使・柳興洙(ユ・フンス)氏にインタビューし、これらの問題などについて胸の内を聞いた(「文在寅政権は我が韓国の『信用』を失った」)。

a0259347_09134059.jpg

文政権には憤懣やるかたない

 この懸案をめぐって文在寅政権下の韓国は、日本との“約束”を破ったことで日本世論の激しい非難と反発を招いている。柳・元大使は、この懸案で日本との“妥協”を模索し、慰安婦問題では合意を決断した朴槿恵・前政権の対日スタッフだった。文政権の日本に対する“手のひら返し”には当然、憤懣やるかたない。

 彼が強調したのは「国家にとって最も重要なことは信用」ということだった。それは外に対しても内に対してもそうだという。ところが左翼・革新政権下の韓国では積弊追放の名の下で無理な過去否定が強行され、「国の信用が失われているというのだ。このインタビューは、過去の保守政権時代に内務官僚出身で国会議員を4期勤めた韓国保守派の「憂国の声」になっている

 とくに慰安婦合意については、駐日大使(2014年~2016年)として舞台裏交渉にかかわって苦労しているだけにこだわりがある。彼によるとあの合意は、(1)軍関与認定、(2)安倍首相の謝罪、(3)政府予算による補償――という韓国政府のかねてからの要求が実現したもので、当事者の元慰安婦たちの大多数(70%以上)が合意を評価し補償を受け取っているのだから大きな成果があったという。

 徴用工問題においても、日本企業に対する賠償要求は国家間の条約無視になり「国の信用」を落とすもので認めてはいけないという。

 柳・元大使は今年、81歳になる。子ども時代の戦前、家族とともに京都で暮らしたことがあり、終戦から4年後の1949年、小学5年生の時に韓国に戻ったという。そんな京都との縁もあって、国会議員落選中の1989年に、京都大学に1年間、研究留学し、ロシア思想史の大家で保守派論客として知られた勝田吉太郎教授に師事している。

 勉強家で日本語は完璧。国会議員時代は韓日議員連盟幹事長をしており、日本の政界にも知己が多い。日韓双方をよく知るだけに、最近の日本における反韓・嫌韓感情の高まりには頭を痛めている。

韓国の政治家は「日本非難を愛国だと思っている」

 それから、日本への注文もあった。「韓国人は(ご承知のように)非常に感情的な民族」で、日本人まで感情的になると収拾がつかないので、その振る舞い方は考えて欲しいという。また、今回のインタビューには引用できなかったが、「韓国の政治家は今なお日本非難を愛国だと思っている」が、これを正さない限り日韓関係はよくならないとも言っていた

 韓国では、彼のような、日本時代を経験した世代、保守政治家、そして知日派は今、社会的、政治的にきわめて厳しい環境にある。日本の有力メディアで下手な言動があったとなると、たちまち本国での存在が危うくなる今回のインタビューはそのギリギリのところでの本国への苦言である




まぁ韓国の中には訳が分かった人も居るのはいるのですが、その声を上げる
事も出来ず、上げた所で文中に「韓国人は(ご承知のように)非常に感情的な
民族
」だと書いてある通り声を上げても受け入れられないのが現実ですね?

今月の24日には日本から徴用工に対する支払い命令が履行されなかった場合
韓国は関連企業の差し押さえをする様ですが、そうなると河野外相も報復措置
を取るとの事なので、増々日韓関係が冷え込み断交へと繋がって行くのでは
無いでしょうか?

日本にとっては良いニュースですが・・爆

先ずは日本経由でしか入らないガソリンを止める所から始めましょう!

勿論年末に向けて破綻しつつある韓国経済ですが、泣き付いて来ようとも
一切相手せずスワップなんてもってのほかですね?

徐々に関係を切りながら断交へと向けて粛々と歩を進めて行きましょう!

頑張るぞ日本人!!!
























[PR]

# by mabo89 | 2018-12-14 09:32 | 時事問題 | Comments(0)

徴用工問題でいよいよ日韓関係も終焉を迎えますね?(爆)の巻

今回の徴用工問題で韓国が出した賠償命令に対して韓国側が日本企業の差し押
さえに出ると言う状況になってる時に河野外相が韓国の康外相と電話会談
した様です


しかし、康外相は日本側に対して慎重な対応を求めたって・・爆

アホな判決を出してギャアギャア騒ぎ出したのは韓国側なのに、日本に冷静で
慎重な対応を求めるって?
笑わせますね

産経新聞を始め新聞各社が伝えてますが、先ずはFNNの記事抜粋より

“徴用工”判決「受け入れられない」 日韓外相電話会談

河野外相は12日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と電話で会談し、太平洋戦争中の徴用をめぐる韓国最高裁の判決をめぐり、意見を交わした。

a0259347_08595987.jpg

この中で河野外相は徴用をめぐる韓国最高裁の判決は、日韓関係の土台を崩すもので、受け入れられないとの政府の立場を重ねて韓国側に伝えた

河野外相は、韓国側が賠償を命じられた日本企業の資産の差し押さえに踏み切れば、日韓関係は修復不能となるとの懸念から、意思疎通を図ったものとみられる

韓国外務省によると、康外相は河野外相に慎重な対応を求めた

原告の代理人は、12月24日午後5時を期限に、日本企業の資産の差し押さえ手続きに入る意向を示しており、その場合、日本政府も対抗措置をとる構え



太郎ちゃんも韓国に対しては親父の河野洋平の問題発言もあり、それを挽回す
べく良く頑張ってると思いますね?

まぁそれも安倍政権だからこそ頑張っていられるのだと思いますが・・

今回の問題に付いては本当に日本が譲歩する必要は全く無いので韓国との
関係が終っても日本には全然問題ないどころか足を引っ張る奴が居なくなる
ので日韓関係が崩壊した方が良いので毅然と対応して貰えれば最高ですね


そんな日韓関係が終焉を迎えようとしてる今、残る問題は中国の海洋進出
のみとなりますが、そんな中、日本政府もF35Bの導入を決め”いずも”を
空母化するのを18日に閣議決定する方向に進んでいる様です


まぁ韓国に関わる時間が必要なくなれば、中国の動向を抑え込める様に
頑張れば良いだけなのでタイミングも丁度良いのではないでしょうか?

そこで先ずは産経新聞の記事抜粋です

F35B、40機態勢へ 次期中期防では20機調達 空母化「いずも」と一体運用

防衛省は最新鋭ステルス戦闘機F35Bを約40機導入する方針を固めた。このうち20機程度を18日に閣議決定する新たな「中期防衛力整備計画(中期防)」に盛り込む。空母化改修する海上自衛隊の「いずも」型護衛艦と一体運用することで日本周辺海空域で軍事圧力を強める中国を牽制(けんせい)する狙いがある。複数の政府関係者が12日、明らかにした。

a0259347_09000108.jpg

 F35Bは、米海兵隊用に開発された機体で、短距離滑走での離陸と垂直着陸が可能。航空自衛隊も平成31~35年度の次期中期防から新たに導入する。まず約20機を調達して1個飛行隊を編成する。40機態勢が確立したところで2個飛行隊にする。

 中国は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む南西諸島周辺での軍事活動を先鋭化させている。今年4月には空母「遼寧」が太平洋上で複数の艦載戦闘機を発進させるなど、安全保障上の脅威が増している。

 いずもにF35Bを搭載できれば、活動領域は大きく広がる。離島防衛に加え、“足場”のない太平洋側の防空態勢も強化される。防衛省幹部は「中国への抑止力としても期待できる」と強調する。

 ただ、いずもとF35Bの一体運用は、憲法上保有できない「攻撃型空母」に当たるとの批判もある。このため防衛省は、F35Bをいずもに常時搭載することは避け、必要に応じて離着陸させる方針だ。

 ■戦闘機F35B レーダーで捉えにくいステルス性に優れた最新鋭戦闘機で「第5世代機」と呼ばれる。米ロッキード・マーチンが開発主体。米海兵隊が実戦配備しているほか、英国などが導入している。短距離での離陸と垂直着陸が可能で、防衛省はいずも型護衛艦の甲板を改修し、搭載することを想定している。1人乗りで最大速度はマッハ約1・6。内部燃料のみでの航続距離は約1600キロ。国内では米海兵隊岩国基地(山口県)に配備されている。




日本政府もやっと重い腰を上げ、世界水準に見合う防衛力をつけて行く方向に
向き出した様ですね!

少し遅い気もしますが、今ならまだ間に合います!!

戦争をする為のF35Bじゃ無く、戦争にならない様に相手に勝る装備を持つのは
とても良い事だと思いますね~!

その為にも1日も早く韓国との関係をハッキリさせて、国内では憲法の改正を
急ぎ体制作りにスピードアップを図って欲しいですね


攻撃型空母となり憲法上保有できないって・・アホか?ちゅうねん。
空母自体が攻撃型なんやからこの場合は憲法を変える方が早いし、それが
普通やろ?


時代に則した様に憲法を変えるのが当たり前の事やのに日本は戦後アメリカさ
んが作ってくれた憲法をいつまで変えずに頑張るつもりなのかそっちの方が
全く分からないんですが・・

同じ敗戦国のドイツなんて連合軍の統治が終った3年後には自ら作った憲法に
変えて行ったのに・・


とにかく頑張りましょう日本人!!!























[PR]

# by mabo89 | 2018-12-13 09:31 | 時事問題 | Comments(0)

しかし残念やな~?ヤマハの4輪車参入断念って・・!の巻

今日は朝からチョット残念な記事を見つけました。

それは以前から言われてたヤマハが4輪車に参入する!と言う話が無くなっ
ちゃった記事が掲載されてた事です


ヤマハと言えば多くの車のエンジンを作ってる事でも有名でその名前を
聞けば皆さんもご存知の車ばかりだと思います。

ヤマハと言えば、楽器のピアノを思い浮かべるでしょう。でもスクーターやオートバイを思い浮かべる人もいるでしょう。それもそのはずです。なぜならヤマハには楽器などの音楽事業に関わる「ヤマハ株式会社」と、エンジン製造に関わる「ヤマハ発動機株式会社」の2つのヤマハという名の会社があるからです

でも、ヤマハ発動機の製造するエンジンは、現在の自動車販売台数でトップを走るトヨタ自動車とも、実は深く大きく関わってきました

1955年に日本楽器製造㈱(現ヤマハ)から独立したヤマハ発動機は、1965年にトヨタと共同開発して、ヤマハエンジンを搭載した自動車が「トヨタ2000GT」です。FRで直列6気筒、ツーシータ(二人乗り)3ドアハッチバッククーペの流線美は、今でも見劣りしないデザインのスポーツカーで、静岡県のヤマハコミュニケーションプラザで、実物が見れます。

他にも、ハチロクの名で知られるレビン、ラリーのセリカ、さらにソアラ、スープラ、マークⅡ、チェイサー・ツアラーVなど、名立たるトヨタのかつての人気スポーツカーやスポーツセダンには、いずれもエンジン型式に「G」の文字が刻まれたヤマハ製エンジンが搭載されています

また、トヨタのハチロクをモチーフにした人気漫画「頭文字D(イニシャル・ディー)」も、ヤマハ製エンジンが無ければ誕生は無かったでしょう。このように、これらの自動車の魅力と共に、トヨタが手掛けたスポーツ系自動車の歴史には、ヤマハ製エンジンが大きく関わっています。
a0259347_08593756.jpg
トヨタの高級ブランド自動車として、レクサスも例外ではありません。2005年1月の北米国際オートショーでコンセプトカーとして公開されたLFA(Lexus Future Advanceから命名)は、2009年の東京モーターショーで、ヤマハ製の4.8L、V型10気筒エンジンを搭載して、500馬力以上のパワーを持つ市販スーパースポーツカーとして、世界に向けて初公開されました。

またLFAは、スポーツエンジンとしての性能だけでなく、エンジン音への「こだわり」も誇示しました。ヤマハが世界に示した下記の2つのコンセプトは、単なるエンジンという枠を超えて、ヤマハという「音」こだわるメーカーだからこそ創れる「エンジン音」が響いてきそうです

ヤマハがバイクで鍛えて来た洗練されたデザインで4輪車に参入すれば、きっ
と現在の自動車メーカーにも良い刺激になると思ってたのに・・

そこで先ずは産経新聞の記事抜粋より

ヤマハ発 1400億円を成長分野に 四輪参入は凍結

ヤマハ発動機は11日、平成31年12月期を初年度とする3カ年の新中期経営計画を発表した。医療や農業、自動運転などの分野に成長の活路を求めて、1400億円をM&A(企業の合併・買収)などに振り向ける。参入を目指していた四輪の普通乗用車事業について、計画を凍結する方針も明らかにした。

a0259347_08561504.jpg

 新中計では、研究開発を中心とする700億円の成長戦略経費も確保。主力の二輪車や船外機など既存事業の稼ぐ力を維持しながら、新たな収益事業を育てる。

 具体的には、創薬の効率化を支援する装置や農薬を散布するドローンの高度化に取り組むほか、将来の自動運転社会を見据えて自動運転機能を搭載したボートの開発を進める計画だ。

 同社の日高祥博社長はこの日、東京都内で記者会見を開き、乗用車事業に32年までに参入する計画について「いったん凍結する」と語った。量産化や採算性に課題があり、事業化は困難と判断した。

 30年12月期を最終年度とする現在の中計では、連結ベースで売上高2兆円、営業利益1800億円を目標に掲げていたが、未達の見通し。新中計で同じ目標を掲げて再挑戦する。




今回は断念するとの事ですが、今後に期待ですね!

増々日本の自動車産業が伸びる可能性があるのに、参入を断念するとは
本当に残念な事ですが、今後に期待しましょう!

とにかく頑張るぞ日本人!!!





















[PR]

# by mabo89 | 2018-12-12 09:08 | 時事問題 | Comments(0)

日本人は粛々と離韓作業を進めましょう!の巻

ノーベル賞授賞式でも本庶教授和装姿がカッコ良かったと同時に日本人とし
て賞を受けられる本庶教授に誇らしさを覚えましたね


やっぱり日本人は和装がカッコ良いです。(笑)

そんなニュースを見た後に会社に来て何時もの様にPCで色々な記事を読んで
たら、韓国の文政権の事が書かれていました。

先ずはそのダイアモンドオンラインの記事をお読みください

韓国・文政権の「人気取り政策」が限界に達している理由

文在寅大統領の支持率低下に歯止めがかからない

 韓国、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率低下になかなか歯止めがかからない。外からは、文大統領は政権を維持するため、なりふり構っていられない状況に陥っているように見える。

a0259347_09043685.jpg

 今のところ、文大統領の最大の点数稼ぎは北朝鮮との融和策の促進とみられる。その意味では、同大統領の頼みの綱は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長ということになりそうだ。ただ、現在、その「頼みの綱」も大きな進展が見られない。同大統領の政権運営の厳しさは増している

 2017年5月に文政権が発足した時、同氏への支持率は80%を超えていた。当時の韓国経済は緩やかな回復を維持していた。その中で、有権者は革新を重視する文氏の有言実行を期待した。有権者は文氏に、政財界の癒着スキャンダルにまみれた朴前政権までの政策との決別や、所得再分配への取り組みを求めた。

 しかし、短期間に一国全体の経済構造を変えることは難しい。

 それには、長期の視点と揺るがぬ決意(コミットメント)が必要だ。同時に、改革は一時的な失業などの痛みを伴う。これまでのところ、文氏は財閥依存度の高い経済構造を変えることができていない。経済を変えると声高らかに宣言したにもかかわらず、それが実行できなければ同氏が有権者の不信を買うのはある意味では当然といえるだろう。

 現在、文氏は実行ができていない状況を、何とか「他の案件」で埋め合わせようと必死のようだ。その政治姿勢で韓国が長期的に国力を高めることができるかは不安である。


大統領支持率と韓国の国民性

 韓国の事情に詳しい専門家の中には、「大統領支持率の推移には韓国の国民性がよく表れている」との指摘もある。端的に言えば、熱しやすく、冷めやすい韓国の国民性も寄与しているのかもしれない。

 文氏は、朴前大統領への不満をうまくすくい取ることで大統領の地位を手に入れた。その主張は、財閥に依存して成長を遂げてきた経済から脱却し、国民の所得が増えるように改革を進めるというものだった。

 当時、アジア地域の景気は、中国のインフラ投資等に支えられ、上向いていた。その状況下、韓国の有権者心理には、「革新派の政治家が自分たちの暮らしを楽にしてくれる」と期待するだけのゆとりがあった。それが、文氏への熱狂的な支持につながった。

 ただ、実際に財閥中心の経済を改革することは容易ではない。

 サムスン電子の売上高は韓国GDPの15%程度に達する。サムスンなどの成長が韓国経済を支えているのが実態である。やみくもに財閥を解体すれば、経済を壊しかねない。本当に文大統領が経済改革を進めるのであれば、長期の視点で規制緩和や起業支援などを進めることが不可欠だ。

 しかし、文大統領にはその肝心な「長期の視点」が欠けていた

 同氏は成長から分配へ政策をシフトすることを主張した。その目玉が、最低賃金の引き上げだった。これに対して、企業経営者が反発するのは当然だ。7月、文大統領は最低賃金引き上げの公約を撤回せざるを得なくなった。

 有権者にとって、公約の撤回は期待を裏切ることに他ならない。最低賃金引き上げが頓挫するとともに、支持率は低下した。見方を変えれば、一時の熱狂が冷め、「改革は容易ではない」という厳しい現実を理解する有権者が増えたということだろう。

 9月の南北首脳会談後は支持率が持ち直すかに思われたが、そうはなっていない。11月最終週の時点で支持率は48%台に落ち込み、不支持の割合は文政権発足後の最高水準に達した。文大統領の「実力」に気づき始めた有権者は増えている


北朝鮮を「頼みの綱」とする文大統領

 文大統領が支持率回復のために重視しているのが、北朝鮮との融和政策の強化だ。

 国内の不満が高まる中で、文大統領は有権者の目線を経済政策の失敗から国外の問題に向けさせようとしている。韓国大法院(最高裁)が徴用工の問題でわが国企業に損害賠償の支払いを命じたのは、この考えに沿った「人気取り政策」が反映されているといえよう。日本企業への賠償請求に関して文政権は、判決を遅らせた理由で大法院の判事に逮捕状まで請求している。

 文政権には、「司法権の独立」を尊重する精神は感じられない

 1965年の日韓請求権協定によって、日韓両国は過去の請求問題が“完全かつ最終的に解決”されたことで合意した。国際政治において、国家間の協定を一方的に反故にすることはありえない。それは、「国家の信頼」そのものをなくす行為だ

 支持率回復には何でもやるという文氏の追い込まれた姿が目に浮かぶようだ。

 その上、年内に北朝鮮の金正恩委員長のソウル訪問を実現させようと、文大統領は躍起になっている。経済政策が行き詰まる中、北朝鮮との融和政策の強調は、文政権にとって支持率回復の「切り札」といえる。金委員長の訪韓を実現し、それを国全体で歓迎してハッピーな雰囲気を醸し出すことで点数を稼ぐことを文氏は狙っている。

 ただ、度重なる南北首脳会談にもかかわらず、北朝鮮と米国の交渉は進んでいない。韓国在住の知人に聞いたところ、次回の首脳会談をソウルで開催することに文大統領がこだわるあまり、「北朝鮮への譲歩が行き過ぎている」との批判的な見方は増えつつあるようだ。

 韓国には米軍が駐留している。金委員長がその韓国を訪問するということは、丸腰で敵陣に乗り込むことに等しい。強大な指導者としてのイメージを民衆に植え付け支配基盤を強化したい金委員長が、文政権の要請にやすやすと応じるとは考えづらい。


朝鮮半島情勢の中で孤立しつつある韓国

 現在の北朝鮮・金委員長にとって、韓国と首脳会談を行う必要性は低下しているはずだ。なぜなら、6月の米朝首脳会談にて、北朝鮮は体制維持のための「時間稼ぎ」に成功したからだ。北朝鮮は朝鮮半島の非核化にコミットすると表明した。

 見返りとして、米国は北朝鮮の「体制維持」を保証した。会談の前日に金委員長がシンガポール市内を散策し、上機嫌だったことを見ると、“落としどころ”は初めからわかっていたに違いない。

 米国から「体制維持の保証」を取り付けた金委員長は、米国との貿易戦争に直面する中国との関係強化に取り組んでいる。中国からのバックアップを得た上で同委員長は米国との交渉を行い、制裁の解除などを通して社会体制を立て直したい。

 それは、金一族の支配基盤を強化することに他ならない。

 現在の北朝鮮にとって重要なのは、中国との関係を強めつつ、時間を稼ぐことだ。すでに、北朝鮮と中国の関係強化は、ロシアの対北朝鮮政策にも影響を与えている。ロシアとしても、極東地域での影響力を強めるために北朝鮮との関係は欠かせない。

 北朝鮮は主要国との交渉の門戸を開くために韓国との会談に応じた。金委員長が米中ロと交渉を進めやすくなった状況下、北朝鮮が韓国と会談する意義はかなり低下している。

 中国経済の減速を受けて韓国の景況感も悪化している。支持率回復の頼みの綱である北朝鮮の関心は、韓国ではなく、米中などの大国に向かっている。その中で文大統領が有権者からの信頼を得ていくことはかなり難しいだろう。そうなると、韓国政府からわが国への批判・要請はさらに強くなることも考えられる

 今後、極東地域における韓国の孤立は一段と高まる恐れがある

 有権者は文大統領の公約が実現性を伴っていないとの見方を強めるだろう。支持率の動向を見る限り、韓国世論は自国の大統領が、都合の悪いことを糊塗(こと)しようとしていることを見透かしているとも解釈できる。この状況下、文氏が人気回復のためにやっていることは徒労に終わる可能性が高そうだ。




まぁ実際韓国国民が何をどう感じるのかは分かりませんが、日本に対しては
いつもの様に感情的に”日本が~””慰安婦が~”と言い続ける事で気分良く
生活して行けるんでしょうね?爆

まぁそんな韓国の事は放って置いて日本は粛々と離韓作業を進めて行きましょう!

とにかく頑張りましょう日本人!!!

























[PR]

# by mabo89 | 2018-12-11 09:18 | 時事問題 | Comments(0)

第2回目の大学の同窓会&偲ぶ会を開催しました!の巻

先週の土曜日に大学時代の同窓会を開きました。
a0259347_08554654.jpg

本当は忘年会を兼ねて第2回目の同窓会を大々的に開こう!と言う事だったの
ですが、この同窓会の発起人で1番最初の企画からやってくれてた故中沢が
8月だったかな?黒部渓谷で滑落事故に会い亡くなったので急遽偲ぶ会
なってしまったのです。

第1回目の同窓会は色々な学部や色々なクラブ関係のメンバーが約50人程
集まり、この人数を増やして行こうな!と話し合ってたのに、その中心で
頑張ってた中沢が居なくなった事で連絡が付かない奴等も居てて連絡が付く
12名ほどの集まりとなりました。

集まったメンバーは芸大出身者らしく色々な分野で皆が活躍してる様で
学校の先生をしながら今も絵を描き作家活動をしてて、その絵がタイの
王族に認められてタイでは大先生となった女性もいるし、皆さんが良く知るTV
番組で空撮を仕事としてる奴が居たり人数は少なかったのですが凄く盛り上が
りました。

しかし芸大って面白い奴等が沢山居てますね~?
みんなそれぞれが今でも個性的な奴が多くて話をしてても面白いです。(笑)

今後も中沢の遺志を継ぎ折角繋いでくれた友達の縁を大切に守って行きたい
と思います。

頑張りましょう日本人!!!



















[PR]

# by mabo89 | 2018-12-10 12:06 | 時事問題 | Comments(0)