人気ブログランキング |

悔しかったら買うてみ~!!

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

韓国さん、日本をどうやって叩くかより、どう生き残るか?を考えた方が良いよ!の巻

日韓輸出規制問題で、日本と韓国の差を感じますね~?

韓国国内ではどうやって日本叩きをしてやろうか?とその材料探しに必死に
なってやってる様ですが、それとは対照的に日本では至って普通の生活・・

韓国では日本製品不買運動であったり日本の関係全てを排斥したい様な感じで
必死になって粗探しをしてますが、そんな時間があったら他にもっと考える
事がある筈なんですが・・・


まぁ国民も含め韓国の国家レベルでは仕方ないんでしょうね?(笑)

この時期にユーチューバーなる人達が今の韓国に行き、色々な所で色々な人に
従軍慰安婦問題や徴用工問題、それに今回の輸出規制問題に付いて色々な質問
をしてる動画を良く見かけますが
聞く人の殆どが実際の内容を理解してない
んじゃないかな?と思える部分を感じますね~?


1965年の日韓基本条約に付いても、今回の慰安婦癒し財団の解散に付いても
分かって無い人の多い事・・

慰安婦財団解散も韓国が日本に相談も無く勝手に解散した事すら知らず、日本
が勝手に解散したから・・と言う人も多く、インタビュアーが「イヤイヤ今回
の財団解散は韓国側から一方的に・・
」と説明すると

それを聞いたほとんどの人が焦った顔をし「大体あの慰安婦合意は朴クネが
勝手に決めた事自体が問題なんだ
!」と韓国政府と全く同じで話題を変える
変える・・爆


だから多分、韓国国内では日本憎しの感情論が先行してる上に、情報がちゃん
と入って無いのが問題ですが、これも韓国の言論統制があるのではないでしょうか



そこで今日の産経新聞の記事抜粋です

文政権が韓国紙日本語版を「売国的」と批判 事実上言論統制

韓国大統領府の高●(=日へんに文)廷(コミンジョン)報道官は17日の記者会見で、日本政府による輸出管理強化について報じた記事の見出しを挙げて保守系大手紙の朝鮮日報と中央日報を名指しで批判した。特に日本語版サイトの記事で見出しを変えているケースがあると指摘し、「韓国企業が困難に直面する中、何が韓国と韓国民のためなのか答えるべきだと疑問を呈した

 大統領府で司法分野を管轄する●(=恵の心を日に)国(チョグク)民情首席秘書官も16日、フェイスブックで両紙日本語版の見出しを挙げ、「日本で嫌韓感情の高まりをあおるこんな『売国的』タイトルを選んだ人間は誰か?」と批判した。(お前らや!ちゅうねん。爆

 別の高官は「国益の視点でみるよう望む」と強調。国難の中、メディアも日本への刺激的な記事の拡散を控えるべきだと半ば言論統制を敷いた形で、メディア側の反発は避けられない。

 高氏が問題視した記事の1つは4日付朝鮮日報韓国はどの面下げて日本からの投資を期待してるのという見出しの日本語版記事。韓国語版では「日本の韓国投資1年間でマイナス40%」を主見出しにしていた。高氏は、17日付中央日報の「韓国は日本をあまりにも知らなすぎる」とのコラムや朝鮮日報の別の記事が日本のポータルサイトで2、3位に上っているとし、日本人がこうした記事を通じて「韓国世論を理解している」と指摘した

 ただ、同コラムは、元東京特派員が専門家らの意見に基づき、文政権は「事前の警戒と予防に失敗した」と分析。日本が求める仲裁委員会の必要性にも言及した記事だ。いたって冷静に状況を解説したもので、少なくとも嫌韓感情をあおる論旨では決してない

 一方、韓国紙日本語版が刺激的な見出しでアクセス数を稼いでいるとの声は日韓双方で以前からあった。



まぁ韓国が言論統制をしようが、日本製品不買をしようが、何をしても良いの
ですが、ハッキリと言える事は、今後日本政府は間違いなく韓国に対してビザ
の発給を以前の様に戻すのは決定してる様ですね


時期はいつになるのか分かりませんが、直近で行くと22日に韓国が三菱などの
資産売却をし現金化した段階で・・と言うのが1番早いのでは?と言われてます。

そうなると問題が小さくなるどころか余計に大きくなるしかないし、韓国に
とっては非常に不味い結果しかないと思うのですが・・


まぁその選択肢は韓国にあるので勝手に決めて貰えば良いのですが、日本とす
れば相手をしてるだけでも時間が無駄なんですが・・汗


でも仕方無いですね?(笑)

頑張りましょう日本人!!!






























by mabo89 | 2019-07-19 08:30 | 時事問題 | Comments(0)
<< 韓国さん!あともう少しの所まで... 22日に韓国が本当に差し押さえ... >>