人気ブログランキング |

悔しかったら買うてみ~!!

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

また米中関係がややこしくなりそうですね?の巻

中国製のドローンでまた問題があるようですね

携帯電話に続きアメリカが警告を出してます。

そこで先ずは産経新聞の記事抜粋をお読みください

中国製ドローンが情報収集 米国土安全保障省が警告

米CNNテレビなどは20日、中国製の小型無人機(ドローン)が飛行状況などのデータを製造元に無断で送信し、中国政府と共有しているとする警告を米国土安全保障省が出したと伝えた。トランプ政権は、スパイ活動やサイバー攻撃の懸念を理由に中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」および関連企業68社の製品を米国市場から締め出す措置を発表したばかりで、今回の警告も米中貿易摩擦をめぐる新たな対立材料となりそうだ。

 同省は「米国のデータを権威主義的国家に送信し、同国の情報機関に思うままにアクセスさせている製品に強い懸念を抱いている」と指摘。その上で、国家安全保障や重要インフラ関連の組織や企業、団体に対しては「スパイ活動の(標的となる)危険が高いため、一層の警戒が必要だ」と訴えた。

 警告は具体的な企業名を明記していないものの、CNNは米国とカナダの公的機関で使われているドローンの約8割が消費者向けドローン製造で世界最大手とされるDJI(本社・中国広東省深●(=土へんに川))の製品だと指摘しており、警告は同社製品を念頭に置いているのは確実だ。

 これに対しDJIは声明で「顧客情報の収集と保存、送信に関しては消費者が全面的かつ完全に管理できる」と強調。特に政府や重要インフラ向けのドローンに関しては「DJIに情報を送信する機能を積んだドローンは提供していない」と主張した。




今、米中間がファーウェー問題で揺れている中での今回の問題・・・

元々携帯電話でも同じ様な事が起こってると言う理由でファーウェーの携帯使
用を禁止する措置を取ったのが原因でしたげ、今回はそれに引き続きドローン
も同じ様な事で問題になってるんですね?

気を付けなければいけないのが、昨日も書きましたが、中国製のドローンを
中国国内で使って映像を撮った時に、もしも本当にその映像が製造元に送信
されてたら・・自分では意識して無くとも中国側の取り方によっては間違いな
くスパイ容疑で実刑を食らう可能性がありますね?

或いは自分ではしてるつもりはないけれど、たまたま撮った米軍基地の空撮
写真が中国側に流れてたとしたら・・場合によってはアメリカやカナダから
スパイ容疑で逮捕!と言うケースも出て来るでしょうね?

色々な意味で今年の9月にうちもPCをリニューアルするのですが、うちの
OAを管理してくれてる会社に対して商品は絶対に日本製か最低でもアメリカ
ブランドのPCを納入してくれ!と頼んでます。

関係無いかも分かりませんが、やっぱり日本人としてメイドインジャパンを
買うのが1番でしょ
?(笑)

とにかく頑張りましょう日本人!!!


























by mabo89 | 2019-05-22 08:59 | 時事問題 | Comments(0)
<< 世界の動向に注意が必要な時です... 中国も怖い国やね?旅行も考えて... >>