悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トンスルランドと違いまだ中国は物事を冷静に見てるね?の巻

中国はと韓国の違いが分かりやすい記事が掲載されてましたね

それは中国はちゃんと日本の力量を認める所は認めてると言う事です
韓国の様に自分達が何でも1番で全ての起源が韓国にある!と妄想するばかり
で、中国の様に冷静に見なければいけない所を見てない国とは違いますね?

そこで先ずはサーチナの記事抜粋より

もう7機目のF35Aが初飛行!? やっぱり日本の軍事潜在力を侮ってはいけない=中国メディア

中国メディア・今日頭条は15日、日本で製造された7機目のF35A戦闘機がこのほど初飛行を行ったとしたうえで、「日本の潜在的な軍事力は依然として驚くべきレベルにある」と評する記事を掲載した。

a0259347_09010298.jpg

 記事はまず、「日本は第2次世界大戦以後軍事面で大きな制約を受けてきたが、それでもなお軍事強国の夢を持っているのである。表の顔とは全く異なり、内部では密かに軍需工業を重視している」とした。

 そのうえで、「近ごろ、日本で7機目となるF35Aが日本でテスト飛行を行ったという。テスト飛行にはF2戦闘機が同伴したとのことだ。注目すべきは、日本では先日F35A1機が就役したばかりということ。製造とテスト飛行のペースを高めようという意図が明らかに見て取れる」と伝えた。

 そして、「日本は各種の科学研究を言い訳にして、自らの武器製造技術を発展させてきた。科学研究衛星を打ち上げるイプシロン型ロケットはすぐにでも対地ミサイルに改造できるし、そこから大陸間弾道ミサイルへと改造することも難しくない。また、日本には原子力技術もある。今は原発事故でその多くが運転していないが、日本には50基以上の原発があるのだ。日本は密かに核エネルギー技術の研究をすすめているのである」と指摘した。

 さらに、「ヘリ搭載護衛艦のサイズもますます大きくなっている。排水量3万トンでF35戦闘機を搭載できるとなれば軽空母と言っても過言ではない。戦後の日本はドイツのように自らの過ちを認めることなく、単に戦いに負けたと考えており、引き続き軍需工業の基盤づくりを進めてきた。そして、密かに軍備を強化し、憲法を変えようとしている。日本が没落し始めたと言う人たちを尻目に、日本は虎視眈々と時機を伺っているのだ」と論じている。

 記事は、「日本で7機目のF35Aがテスト飛行したことは、われわれに対する警鐘だ。われわれは日本が思っているほど軟弱ではないということを改めて考えなければならない。われわれが発展するのと同様、日本も進歩しつつある。日本を見くびって喜んでいるのは得策ではない。われわれはなおも前進し続けなければいけないのだ」と結んだ。




日本が軍事技術を高めざるを得ない状況になって来たのは昨今の中国や韓国の
お蔭でしょう?

自分達が無茶な海洋進出をしたり、日本固有の領土を不法占拠した上で、日本
との開戦も辞さず・・と言ってるから日本としても早急なる対応が必要となり
現在に至ってるのでは無いでしょうか?

まぁ基本的に両国共、不味い事は全て”日本が~”と言い続けてる国なので
放って置くしかありませんが、そんなの関係なく、やはり日本は着々と歩を
進め、自国を自力で守れる国しておくべきですね


情勢はトランプ大統領の1言で大きく変わる可能性があります

今後の米朝会談でどの方向に進むか?分からないので準備だけはしておく
必要があります。

とにかく頑張りましょう日本人!!!






















[PR]

by mabo89 | 2018-03-17 09:15 | 時事問題 | Comments(3)
Commented by zner at 2018-03-17 12:00
maboさん、そこ軍事技術と言っちゃダメなんですよ。
他国が軍事技術と表現するのは良いんですけど
日本の場合は国防技術と言わないと専守防衛の主旨に反しますw

それと、maboさんの仰る通りで中国と韓国とは思考プロセスが大きく違います。
社会性や民族性、そして地理学と地政学も関係しているのは歴然で
少なくとも、中国は自国は世界的に見ても大国です。
人口が圧倒的に多いですから、人口比から見る経済規模の差も単純計算で韓国の27倍以上です。
それは共産党一党独裁であろうと、別の視点から見れば
侵略される恐れが無い国という認識が心理的に作用しているので安心感があるんです。
その安心感が、他国を見る時に冷静な目を養わせています。
だからこそ中国人は「上に政策有れば、下に対策有り」として
まず生きる為に与えられた環境に順応する事を優先しています。
中国人と話をして色々聞いていると、その辺りは露骨に判り易いですねw

そればかりではありません。
その冷静さが、戦争を否定する社会性を育んでいます。
習近平がトップで居られるのも、そういう社会性を理解し国内政策を優先しているからです。

とは言っても、日本の1960年代の頃に近い体制と世界の先進技術がごった煮になった状態です。
例えば、昔、日本では公害が有りましたよね、水俣病など典型的な例ですが
中国はその公害対策が悲しい程、出遅れています。
対して、ハイテク部門で見れば、スマホなどの端末開発は、あと少しで世界首位になれる勢いです。
その理由は、自国で端末のプロセッサ開発を行うようになったからです。
つまり、1960年代と2010年代がごった煮状態でバランスが滅茶苦茶な状態なのが中国という事です。
Commented by zner at 2018-03-17 12:00
追記
いわゆるPCの中のプロセッサのCPUですけど
大手はIntel、AMD 両社ともPC用
中規模としてARM(英国) Qualcomm(米) 両社ともスマホやタブレット端末のCPU(MPU)
この4社が殆ど独占状態でしたが
そこへHiSiliconという中国のHuawaiが独自でプロセッサ開発を始めました。
実は日本でもプロセッサは作れるんですけど
アメリカの民主党の圧力によって日本では一般向けCPUの開発が出来ないようにされてしまいました。
これは貿易摩擦を回避させるためという名目ですが、甚だ迷惑な結果となっています。
現在、日本のCPU開発はスパコン用のプロセッサだけが行われています。
そして、このスパコンの開発を、
例の「2位じゃダメなんですか?」という二重国籍売国議員の発言によって阻害されて
大きく出遅れる結果にもなりました。
要するに、日米の民主党は破壊主義者って事です。

そのような圧力が微塵もない中国は、自由に資本力と知財次第で自由に開発競争に挑めるんです。
この点に付いてはかなり羨ましい環境だと思います。
Commented by mabo89 at 2018-03-17 20:15
znerさん確かに…爆
日本人が軍事技術と言っちゃマズイですね?爆
でもznerさんも民ス党が売国議員の破壊主義
と言っちゃダメですよ!大爆笑
なぜならアホにアホって言うと必ず逆上しますから
売国議員だとか売国政党と言うといつもよりスイッチが入り
また面倒くさくなるので、そこは柔らかく
外来政権くらいにしといた方が…えっ❗️どっちも
一緒やって?爆
<< 学歴・職歴詐称の森友の言葉を信... それじゃ日本国内で安倍首相の支... >>