悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

時間の経緯と共に真実が明らかになるね?の巻

昨日ニュースを見てる時に2013年末に処刑された北朝鮮の張成沢(チャン・ソ
ンテク)氏
中国の密告により処刑されたと言う内容のニュースを見て、時間
の経緯と共に明るみに出た内容にやっと納得が行きましたね?

金正恩が叔父である張成沢をなぜ急に殺害したのか?が不思議で仕方なかった
部分ではあったのですが、まさか中国の密告だったとは思いませんでした

そこで先ずは産経新聞の記事抜粋より

北朝鮮・張成沢氏処刑は失脚した 中国の周永康前政治局常務委員の“密告”?

【北京=矢板明夫】「北朝鮮の実力者、張成沢(チャン・ソンテク)氏が2013年末に処刑された原因は、中国共産党の周永康・前政治局常務委員による北朝鮮への“密告”だった」-。米国を拠点とする中国語情報サイト、博訊が最近、中朝両国で相次いで失脚した2人の大物政治家の関係を示唆する記事を載せ、中国国内で大きな波紋を広げている。北京の朝鮮半島専門家は本当であれば中朝関係の修復はほぼ不可能だ」と指摘している。

 同サイトが22日に掲載した記事によれば、2012年8月17日、訪中した張氏は、中国の胡錦濤国家主席(当時)と密談した際、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏を降ろし正恩氏の兄でマカオなどに住む金正男(ジョンナム)氏を擁立する可能性などについて約1時間話したが、胡氏は態度を明らかにしなかったという

 2人のやりとりの内容を知った当時の中国最高指導部メンバーの周永康氏が一部始終を北朝鮮側に密告したため正恩氏が激怒し、張氏は処刑され北朝鮮の親中派も一掃された。「血で固められた友誼(ゆうぎ)」といわれた中朝両国の関係はその後、“没交渉”の状態となったとしている

 周氏は14年夏、中国国内の反腐敗一掃キャンペーンの中で失脚した。同記事によれば「周氏は北朝鮮への亡命を一時企てたが失敗した」という。

 中国共産党の規律部門が発表した周氏の6つの容疑の中に党と国家の機密を漏らした」との項目があった。張氏と胡氏の会談内容を北朝鮮に漏らしたことを指している可能性がある。

 博訊は、中国の民主化を求める米国在住の中国人団体が運営するサイト。中国政府を批判する記事が多く、中国当局高官のリークで、汚職情報や新しい政策など党内の秘密を暴露することもある。




この密告により、中朝関係が良くなるならまだしも、逆に悪くなってしまって
る事を見ると、周永康・前政治局常務委員は先の読めない馬鹿な政治家だった
と言う事
になってしまいますね!

張成沢氏が擁立しようとしてた金正男氏がもしも北朝鮮の代表になってたら
また違った国になってた可能性もありますね?

彼をしる人達は正男氏の人柄や考え方を肯定する人も多く、今回の殺害が
今の緊張をもたらす方向に歴史がそう持って行ったのかも?知れません

どちらにしても正男氏は既に亡くなっているので何を言っても始まりませんが
今の北朝鮮との付き合い方を現実的に見て行くしかありませんね

とりあえず頑張りましょう日本人!!!








































[PR]

by mabo89 | 2018-02-14 09:15 | 時事問題 | Comments(3)
Commented by zner at 2018-02-14 18:04
まぁ、中国にもバカは幾らでも居ますw
中国の朝鮮半島、特に北朝鮮に対する支配欲は、かなり昔から有りましたが
その弊害になっていたのが実はロシアと韓国です。
米露にとって38度線は東西を明確に切り分ける重要なラインですので、
日米の資産力によって韓国が発展し過ぎれば、いずれ韓国は北朝鮮と再戦を目指す事になると目論んでいたので
ロシアはそれを一番恐れていました。

当時のロシアは、と言うより、今のロシアでも経済力と言う面ではアメリカには勝てません。
なので北朝鮮に軍事関連の技術を提供する事で抑止力としたわけです。
1970年代頃の話です。
これによって中露の思惑に大きなズレが生じていた事になり
中露関係が悪化する要因にもなりました。

でも、その後も中国は北朝鮮だけでも完全な支配下に置きたいと考え続け、あれこれ試行錯誤していたのですが
ここで韓国と言う厄介者が動き始めました。
この韓国が勝手に動き出す原動力を与えてしまったのが、
かの悪名高きビル・クリントンと村山時代
そしてオバマと鳩山時代です。
この4名のせいで、韓国の急激な経済力の成長をによって、北朝鮮は焦りを感じ核開発を急ぐ結果となりました。

張成沢の処刑は、そういう背景の中で中国の思惑と同調していた事が発覚した為でしょう。
おそらく張成沢は反露派だったと思います。
そう考えると、少なくとも張成沢は国内の経済政策が大事であると認識していた事にもなると思います。
Commented by mabo89 at 2018-02-14 19:27
znerさん今回の記事を読んで張成沢が正男を
選ぼうとしてた事を知り、ある意味まともだった
のかな?と思うようになりました。
だから刈り上げ君に殺されちゃったんですね?
Commented by zner at 2018-02-14 23:39
金正恩はロシア寄りの姿勢でロシアの技術力に依存しているはずです。
ロシアは資源こそ豊富ですが、唯一のアメリカのオバマ大統領の功罪として見ると
ロシアはウクライナに接近し過ぎたEUを牽制するためにクーデター工作を行い、
ホロドモール時代に送り込んだロシア人を使って親露派という呼び方で誤魔化したけど民間機撃墜によって騒ぎが拡大した結果、
オバマはサウジアラビアと結託し原油価格を意図的に暴落させ、更に追い打ちをかけるように経済制裁を実行しロシアの資産力を奪うという策を講じました。
この結果ロシアの経済政策能力の弱さを世界に露呈する結果となりました。
でもロシアはこれを逆手に取る為の牽制材料として北朝鮮の核開発を後押しした可能性が有ります。
まぁ、プーチンはオバマを当初から酷く嫌っていましたからね。

トランプ氏が大統領になった背景にもロシアの影がチラホラ見えるのは、
ロシアにとってアメリカの民主党は真の敵である為、ヒラリーの当選を何としても阻止したかったからだと思います。

それに後継者が金正恩になる直前までは、おそらく中国とロシアの間ではかなりの策謀が展開されていたと思われます。
結果的に中国はロシアに負けてしまったと解釈して良いでしょう。
この力関係を見ていくと・・・対露・対北朝鮮として
今の米中は同じ方向を見ている事になります。

そして経済政策を優先的に考えていた張成沢は穏健派だと思います。
<< 文化ってたった30年程の内に大... 近隣の親日国は大事にしたいです... >>