悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

出来れば明日あたり田植えをしたいのですが・・の巻

いよいよ梅雨に入ったのかなぁ~?と言う状況ですが、毎日ムシムシと暑い日
が続きますが体調管理の方は大丈夫ですか

と、言ってる私ですが、夜、暑ので布団を剥いで寝てるせいか?風邪気味か?
と言う感じです。

この時期の体調管理には気を付けなければいけませんね

とは言うものの。今年も田植えの時期がやって参りました。うちもできれば
明日位に田植えを済ませたいのですが、昨年、田植えをしようとした時に
田植え機がガチャンといってしまい、修理に出してるのですが、それが
帰って来ないと田植えが出来ない状態です


普通の年ならこの時期は本当に暇なんですが、今年は新しい得意先が新商品を
決めてくれて7月と8月の納品に間に合うかどうか?と言う状況で普段の日に
田植えなんてしてられない状況です。汗

自社内での加工では間に合わず、普通なら3軒の内職で賄えてるのですが
注文数が半端じゃないので内職を7件に増やし毎日奮闘中です。

景気が悪い中、本当にありがたい話ですが、夢にまで仕事が出て来る状態で
気が付けば夜中の3時に出荷に追われた夢で目が覚めてしまう事があったり
なかなか熟睡とは行きませんね?


人間とは勝手な物で、暇なら暇で心配になり寝られないし、忙し過ぎても
心配で寝られないし・・本当に勝手なものです
。爆

そんな中、内職も増やしたり頑張った結果、そのお蔭もありここに来て
大量注文の出荷のメドが立って来たので少し安心ですが、まだ出荷予定の
半分しか加工が終って無い上、これからまだどんな問題が起るか分からない
ので気を緩めずに頑張って行かなければならないのですが、一応計算上は
間に合いそうな所まで来ました


だから明日はできれば田植えをしたいのですが・・田植え機が修理から
帰って来るのでしょうか?爆

今日も1日頑張りましょう!!!

やるぞ日本人!!! 


















[PR]

# by mabo89 | 2017-06-10 11:30 | 時事問題 | Comments(0)

やっぱり韓国ですねぇ~?正々堂々って?意味が分からん!って言う状態なんでしょうね?の巻

今日は朝の7時からお袋を奈良の五条市まで送り、急いで帰って毎日の日課で
ある内職回りをし、今やっと自分の机に座り一息つきながらPCで今日の新聞を
読んでたのですが、相変わらずの記事が・・爆

先月の5月31日のアジアチャンピオンズリーグで韓国の白選手が日本の
阿部選手にひじ打ちをした事が欧州を中心に問題になってる様で、白選手が
日本まで来て阿部選手に謝罪をしたいとの記事が・・・

そこで先ずは今日のzakzak の記事抜粋より

済州ヒジ打ち選手「日本に行って謝りたい」 世界が韓国にブーイング「泥を塗る宣伝」「人狩り」

5月31日のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦・浦和-済州(韓国)での乱闘騒動で、済州のDF白棟圭(ペク・ドンギュ、26)が、顔面にひじ打ちをした浦和のMF阿部勇樹(35)に謝罪する意向を明らかにした。来日して面会し、謝罪するという
a0259347_11385718.jpg
韓国の中央日報などによると、済州球団の関係者が7日、「ペクが自ら日本に行って阿部勇樹選手に謝罪することを望んでいる」と明らかにした。

 この乱闘騒動は、欧州でも波紋を広げている。サッカー発祥の地・英国を筆頭に欧州各国のメディアが大々的に報じておりドイツメディア「SPOX」は済州の白のひじ打ちを「泥を塗る宣伝」と表現。アジアサッカーの品格を下げる蛮行と一刀両断している

 イタリアは特に手厳しい。というのは、2002年W杯で韓国戦での疑惑の判定でベスト16で敗退。試合はゴールを取り消された上、イタリアの至宝で今季限りで引退したトッティが不可解な退場処分を受けたことで遺恨が根深い。

 今回の乱闘を「人狩り」(イタリアサッカー専門サイト・トゥットカルチョ・エステーロ)と過激な見出しで扱っている

 日本では今年、東アジア杯決勝大会(12月8日から16日)が開かれ、日本、韓国、中国、北朝鮮の男女代表チームが出場する。

 男子の日韓戦は行われるたびにトラブル続き。13年の同大会では、当時のザック・ジャパンが韓国を破り大会初優勝を果たしたが、韓国側の応援席に『歴史を忘れた民族に未来はない』と韓国語で書かれた横断幕が掲げられた。すぐ気付いた日本協会の幹部が猛抗議して撤去されたが、初代韓国統監だった伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)の肖像幕の方はなかなか撤去されなかった




まぁ今回謝りに来た所で、韓国のスポーツ精神が変わるとも思わないし、基本
的に日本人のスポーツ精神から言うと韓国がスポーツをする事自体がおかしい
部分が有りますよね


バスケットボールの試合でも剣道でも基本的に韓国と戦うとなると欧州の選手
の多くが試合後に「あの国とは2度と試合をしたくない!」「あれはスポーツ
じゃない
!」と言わしめる国ですから、スポーツをする資格なんて基本的に
無い国なんですよ
!(笑)

正々堂々ってきっと韓国には無いんでしょうね

多分意味が分からに言葉だと思います

頑張りましょう日本人!!! 



























[PR]

# by mabo89 | 2017-06-09 12:07 | 時事問題 | Comments(0)

ミサイル発射情報も韓国頼りって・・大丈夫なの?の巻

今日の早朝にまた北朝鮮がミサイルを撃った模様ですね

今回のミサイルは地対艦ミサイルの様ですが、これも韓国やアメリカの情報を
得て初めて分かった
様ですが、これで本当に日本の防衛は大丈夫なのでしょうか

北朝鮮から発射されたミサイルが7分後には日本に着弾すると言われてるのに
日本独自でその情報が手に入らないって・・心配になって来ますね


心配になると言うともう1つありますね!

それは中国軍の動きです。2020年を目標にアメリカ軍の海兵隊に匹敵する
海軍陸戦隊を組織し台湾や尖閣への侵攻や南シナ海での島しょ防衛のため、
上陸作戦の遂行能力を高めようとしている様ですね!

そこで今日の産経新聞の記事抜粋より

中国、尖閣急襲も視野に部隊育成 米年次報告書 水陸戦力を増強、南シナ海実行支配を強化

【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省は6日、中国の軍事情勢に関する年次報告書を発表した。台湾への侵攻や南シナ海での島しょ防衛のため、中国人民解放軍が、水陸両用部隊による上陸作戦の遂行能力を高めようとしていると指摘。中でも海軍陸戦隊(海兵隊)は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)への急襲作戦も念頭に部隊の育成を進めているとの見解を示した

a0259347_08411269.jpg
 報告書は、上陸能力を高める狙いについて、陸軍が台湾侵攻を、海軍が南シナ海での島しょ防衛を、それぞれ主な目的としているとした。尖閣諸島をめぐっては、海兵隊が広東省で強襲揚陸作戦の訓練を実施したと指摘。水陸両用車や小型船舶を運用し、ヘリコプターで特殊部隊を投入する実戦的な内容だったという。

 また報告書は、中国が建造している初の国産空母について、2020年までに初期的な作戦能力を確保すると予測した。潜水艦も同年までに現在の63隻から69~78隻に増強される見通しであるとし、中国が従来の「近海防御」に加えて「遠海防衛」も行う「混合戦略」の実現に向けて海軍力を近代化させていると指摘している

特に南シナ海では昨年、スプラトリー(中国名・南沙)諸島にあるファイアリークロス(永暑)礁、スービ(渚碧)礁、ミスチーフ(美済)礁の人工島に造成された飛行場に民間機が初めて着陸。ファイアリークロス礁には軍の輸送機も着陸したと指摘した。

 また、パラセル(西沙)諸島のウッディー(永興)島でも昨年、中国がCSA9地対空ミサイルの配備を始めたことが確認された。報告書は「中国はこれらの軍民両用施設を使って南シナ海の実効支配を強化していくことになる」との見通しを明らかにした。

 報告書はさらに、中国が昨年2月、アフリカ東部のジブチに初の海外軍事基地の建設を開始し、今年末までに完成予定であるほか、パキスタンなどの友好国にも次々と基地を建設する可能性が高いとした。

 昨年の実質的な軍事支出は、公式発表の約1400億ドル(15兆2600億円)を大幅に上回る1800億ドルであると分析した。




やはり中国は海洋進出を諦めてませんね?

着実に台湾や日本にその触手を伸ばして来ていますが日本の自称平和主義者
達はどこまでそれを分かっているのか?が問題ですね


江戸時代に日本人は刀を捨てた事で300年間の平和が続いた!と自信ありげに
語る人が居ますが、それは日本人の武士階級以外の全てが刀を捨てたからで
今、日本が武器を捨てたと言った瞬間に中国が、あっそうなんですか?と
直ぐに日本を占領しにやって来るでしょうね


その後は今のウイグルやチベットの様に資産没収に粛清と言う名の死刑が
実行され日本民族が壊滅させられるのがオチですね!

これからの日本は独自の情報網をもっと高レベルに持って行き、防衛能力を
高める必要をヒシヒシと感じます


日本国内に住む日本人が日本人である為に日本と言うこの平和で文化に溢れた
素敵な国を守りましょう
!!

頑張りましょう日本人!!! 

























[PR]

# by mabo89 | 2017-06-08 09:08 | 時事問題 | Comments(0)

しかし中国は手を変え品を変えてゆさぶりを掛けて来ますねぇ~?の巻

今年はおかしい事が沢山起り出してますね~

先ずは阪神タイガース・・・通常なら5月の連休明けには首位争いから脱落し
真ん中から下位に落ちるか?とどまるか?と言う状態が普通なのに、今年は
未だに首位広島と1ゲーム差でとどまってるって・・何かがおかしいです。爆

そのせいなのか?それとも世界がおかしいから阪神が強いのかは分かりません
が、何かが狂い出してると思いませんか?

イギリスやフランスでのテロが頻発してる事もその1つですね

そんな中で気になったのが今日の産経新聞の記事です。
THAAD問題で中国での韓国製品の締め出しやボイコットが続いてた筈なのに
報復の全面解除なのか?少し中国の姿勢が軟化してる様な感じが・・

昔から「振り子の法則」と言われる様に、大きな大戦前には争ってる国同士が
一旦は引っ付いて離れた時が1番危険な時だと言われてますが、まさに今が
その兆候では?と心配してるのは私だけでしょうか?

そこで先ずは今日の産経新聞の記事抜粋より

【経済裏読み】韓国エアラインに楽観論?…中国便の増便許可はTHAAD報復全面解除の「シグナル」なのか

「中国人観光客を乗せた飛行機・客船、韓国にまた来るだろうか」。5月30日の韓国紙、中央日報(日本語電子版)にこんな見出しが躍った。米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に対する中国の報復で訪韓中国人客が激減する中で、期待していた日本人客数も朝鮮半島情勢をめぐって減少傾向にある。そんな中、中国政府が韓国の一部の格安航空会社(LCC)に中国便増便を許可したという。韓国にとってやはり中国人は“上客”なのだろう。韓国メディアや航空会社はこうした動きを前向きにとらえているようだ。報復全面解除への「シグナル」と楽観していて大丈夫だろうか

a0259347_08220094.jpg
 LCCだけでなく、アシアナ航空も攻勢に

 韓国紙、朝鮮日報(日本語電子版)は、韓国トップの格安航空会社(LCC)チェジュ航空が「中国の航空当局から先ごろ、中国の山東省行きの定期路線にへの増便の許可が出た」と明らかにしたと報じた。THAAD問題で中国の報復が始まった昨年末以来、韓国の航空会社が中国の定期路線の増便許可を受けたのは今回が初めてという。

 チェジュ航空は今年4月初め、人気路線の仁川-威海(山東省)定期路線の運航を週7回から週14回に増便すると申請し、最近になってこれを認めるとの通知を受けたという。これに伴い来月2日から同路線を増便する。

 中央日報もチェジュ航空の増便許可のニュースを伝えている。5月30日の電子版で「中国人観光客を乗せた飛行機・客船、韓国にまた来るだろうか」の見出しを掲げ、韓国の航空会社が中国路線の増便や中国のパワーブロガーの招待などでマーケティングに再び力を入れ始めていると、積極的に報道している

 同紙によれば、LCCのジンエアーも週4便運航していた済州(チェジュ)-上海路線を7月から週7便に増便して運航する予定。また、航空大手のアシアナ航空は5月20日に中国のパワーブロガーを韓国に招待して韓国旅行プロモーション活動を行った。アシアナがブロガーを通じた広報に積極的に乗り出したのは今回が初めてという。

 やっぱり日本人よりも中国人に来てほしい

 韓国メディアが中国便の増便許可についてこれほどまでに大きく報じ、航空会社も積極的な動きを見せるのは、THAADの韓国配備に反発した中国政府が3月から自国の旅行会社に韓国団体旅行商品の取り扱いを中止させたことも背景にある。聯合ニュース(日本語電子版)などによれば、この結果、訪韓中国人が前年同月比で約67%減少し、韓国の観光業界に大打撃を与えているという。

 これに加え、韓国を訪れた日本人客が減少に転じたこともショックだったようだ。韓国観光公社などによると、4月に韓国を訪れた日本人は前年同月比5・4%減少の16万5700人。日本人客は昨年2月に3年6カ月ぶりに増加に転じて以来、増加が続いていたのだが、再び減少に転じたのである。北朝鮮による挑発など、朝鮮半島情勢の不安要素が影響を与えたとみられるが、韓国としては中国人の“代替”と考えていただけに衝撃も大きい。

 だからこそ、今回の中国便増便を「起死回生」とばかりに前向きにとらえているのだろう。

 手放しで喜ぶにはまだ早い

 たしかに希望的観測に基づいた楽観的な声は多い。

 チェジュ航空の関係者は朝鮮日報の取材に対し「中国政府はこれまで、現地空港の混雑度などを理由に増便申請を認めないという態度を取り続けていたが、最近になって態度を変え、許可を出した。もう少し見守る必要があるが、冷え込んでいた韓中関係が少しは雪解けに向かうのではないかと期待している」とコメント。 さらに韓国の航空業界の関係者は「今年初めから韓国の航空会社は中国へのチャーター機を全く飛ばすことができずにいる。下半期にはチャーター機の運航も許可されるのではないかと予想している」と期待感を示している。

 しかし、依然としてTHAAD問題への報復が本格的に収まってきたと考えるのは早いとの分析もある。朝鮮日報は大手航空会社の関係者の話として、「チェジュ航空の既存路線の運航回数を昨年の繁忙期レベルに引き上げることを、THAAD報復解除のシグナルと見ていいのかどうか、慎重になるべきだ。不定期便や新規就航を許可するまで見守らなければならない」との指摘を紹介している。

 要するに、増便が認められたといっても、昨年の繁忙期レベルに戻るだけなのである。これでは中国政府にいいようにやられているようにも見える




中国は色々な意味で本当に恐ろしい国だと思います
歴史的に見ても本当に恐ろしい国だと思うのと、1つの国をやっつける為には
心理戦を含め何年間も掛けて実行に移す所が有るので要注意ですね


まぁ韓国がどこまでそれを見抜けるか?が問題になって来ますが、まぁそれは
韓国さんの問題なので放って置きましょう!!

とにかく私達日本人は色々な方面から中国や韓国の動向に注意をし備えて
置きましょうね?

とにかく頑張るぞ日本人!!! 























[PR]

# by mabo89 | 2017-06-07 08:32 | 時事問題 | Comments(0)

これが記事になるって・・中国は完全に日本を舐めきってますね?の巻

中国さん、えっ!今頃気付かれたんですか?爆

前から言ってる様に根本的に物作りに於いて、日本と中国は基本的な考え方が
全く違うと言っても過言では無いんですよ!!

以前から日本の家電が軍事用に転用されてる事って沢山あるんですよ

先ずは洗濯機の静穏性は先ずロシアの潜水艦に転用され、電子レンジの電波
吸収性と言うんですか?それが今のステルス戦闘機の塗装に使われ・・と
沢山流用されてて、作った日本が唯一軍事用に使って無かっただけですよ

だから今回のGPSの事なんて驚く事は無いんです!爆

そこで先ずは今日のサーチナの記事抜粋より

日本版GPSは「わが国の北斗をしのぐ精度」、軍用レベルに相当する!=中国報道

日本の準天頂衛星「みちびき2号機」が1日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。中国メディアの捜狐は3日、この日本版GPSとも呼ばれる測位システムについて伝え、「日本は中国の北斗の精度を超える気だ」とする記事を掲載した。

a0259347_08170092.jpg
 現在、世界には4種類の衛星測位システムがある。米国の全地球測位システム(GPS)、ロシアのグロナス、ヨーロッパのガリレオ、そして、中国の北斗だ。記事は、日本がみちびき2号機を打ち上げるに至ったいきさつを簡単に説明した。

 これまで、地上の位置情報にはみちびき1号機と米国のGPS衛星が利用されてきたが、山間部や高層ビルで電波がさえぎられると、数メートルもの誤差も生じたため、日本は何としても日本版GPSを作る決意を固めたとした

 報道によると、三菱電機とNEC、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が精度の高い新たな位置測定技術を共同開発した。現在のGPSと比べ位置の測定誤差を1000分の1の1センチ程度にできるという。記事は、これが本当なら「中国の北斗をしのぐ精度だ」と驚きを示した。

 また、軍事専門家による話として、さらに複数のみちびきが打ち上げられれば、日本版GPSは24時間ずっと日本をカバーできると指摘したほか、測位システムの精度が「センチ単位」ということになれば、それは軍用レベルに相当すると主張ミサイル誘導のために正確な位置情報を送ることもできることを意味している、と危機感も示したという

 日本政府は、2017年度中に3号機、4号機も打ち上げ、18年からサービスを開始させたいとしている。今後は位置情報の精度向上が期待できそうだ。



日本じゃ世界の軍事機密レベルの商品なんて一杯溢れる程あるんですよ

今更GPSで驚くなんて日本を舐めきってるんですね~?爆
昨日も書きましたが「敵を知り己を知れば百戦危うからずや」って中国で生ま
れた孫子の兵法に書かれてるでしょ?

日本にチョッカイを出すよりも、先ず兵法が生まれた国らしくもっと勉強を
するべきですね!

そこで敵である憎き小日本の技術力の高さを知れば日本に対して手を出したく
無くなって来るはずです。

今の米軍でさえ日本の潜水艦探知能力にはお手上げ状態で逆に日本の潜水艦
の水上艦攻撃能力には勝てない!と言わせてるんですから、敵を知らなければ
最後には痛い目に合うと思いますよ
!!

日清戦争前も今と同じ様に見た目は清朝が優位に見えてましたが、結果は
歴史を見れば分かる様に日本の勝利でしたね?

これも兵法に書かれてますが、愚者は体験に学び、賢者は歴史に学ぶ!
書かれてる様に経験してからでは遅いのですよ!(笑)

もっと己を知り歴史を勉強してくださいね!

ただ、昔との違いは?と聞かれると・・今の日本の憲法では総理大臣の
許可を取ってからでないと攻撃命令が出せないのが致命的ですけどね


だから日本も1日も早く憲法を改正し、北朝鮮から発射され約7分で日本の
本土に着弾するミサイルの迎撃命令を出せる人物を作っておかなければ
間に合わないでしょうね?

とにかく頑張りましょう日本人!!! 



























[PR]

# by mabo89 | 2017-06-06 08:34 | 時事問題 | Comments(0)