悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タイムスリップじゃ!の巻



先日の日曜日お袋の友達(ご近所のお金持ちの奥様)を連れて、下関名物の瓦そば
を食べに行って、折角外に出たからどっかに行こう!となって陶芸や焼き物が好きな
奥様を連れてた事もあったので、後輩で頑張っている
萬理先生の所に
皆を連れて行こうと連絡したのですがその日は近所の花見があるので・・・」
と簡単に断られてしまいました・・・(エッ!簡単に断って無いってか?)
アホ!まぁそう言う風に書かんとおもろないやろ!ちゅうねん

萬ちゃんにふられたのもあり、以前からテレビで見てた(百年名家
奈良県の宇陀松山と言う大宇陀郡にある古い街並みを
散策してきました。

戦国時代より続く古い町で現在その様な街並みを保存しようと言う動きが
出てきてるようで、歩いた時に戦国時代の息遣いの様な物を感じました。

写真はです。
a0259347_8355123.jpg
a0259347_8361750.jpg

古い街並みや歴史ある看板を見て貰えると思います。

a0259347_8371643.jpg
a0259347_8372818.jpg


しかも「うだつが上がらない」の語源となった「うだつ」が
各家に上がってました。きっとこの辺は出世した人が多かったのでしょうね?(爆)
a0259347_8393031.jpg


歳が行ったせいか、こんな古い町並みを歩いたり、焼き物や絵画を見て歩くのが
凄く良く思えて来るようになってます。

勿論、家族の影響も大きいとは思いますが、以前なら「お前ら勝手に行ってこいや!」
と言ってた俺が、今日はあそこに行こか?と言ってる自分がいるのを自分自身が
ビックリしている今日この頃です。

皆さんも一度地元の古い歴史的な物を見て回ったら、きっとまた新しい発見が
あると思いますよ
!(爆)(俺が言うなよ!ちゅうねん)
[PR]

# by mabo89 | 2012-05-01 08:47 | 歴史 | Comments(3)

言葉っておもしろいの第7弾やけど・・なんか違う方向に行ってない?の巻(爆)



それじゃバンちゃん(後輩で奈良の桜井で活動を続ける有名な新進気鋭の陶芸家
の期待の答えて「言葉っておもしろい!第7弾
行っときましょか!!

前回に続きイスラエルの駐日大使の「エリ・コーヘン」氏の話しになりますが

彼が来日して日本の色々な事を勉強の為、訪れたところどころで驚きとショックを
受けてしまったのです。
先ずは、北海道で「そ~らん節」を聞き詩の内容を聞いた時に、何故イスラエルから
9000kmも離れたアジアでヘブライ語の歌を歌っているのか?と衝撃を受けたそうです


日本語  意味       ヘブライ語の意味
ヤーレン 特にない   「歌を歌って楽しくなる

ソーラン  特にない      「梯子

の意味を理解した上で話を進めますが

一見「歌を歌って楽しくなる」事と「梯子」は全く繋がらない、意味の無い様に思いますが

コーヘン氏が説明を聞いた時に驚いたのです

地元の人間が説明をする時に、ニシン漁が盛んだった時の説明をするのに
番小屋」(ニシンが来た時に地元の漁師が集まり、何時ニシンが大量に押し寄せて来ても対応できるように皆が集まって見張り番をした小屋
の中で皆がその漁の時が来るまで、ここに集まり酒を飲み、楽しく過ごしながら若い衆がこの番小屋の梯子を上り2階部分にあたる部屋の窓から海を見つめて番をしたんです
つまり梯子を登って見張りをしてた人間が「オ~~イ!ニシンが来たぞ~!」って
梯子の上で騒ぎ出すと皆もニシンが来た喜びと大漁を願って酒を飲みはしゃいだ!
その時の情景を歌にしたのが民謡となり語り継がれた物と解釈が出来ると言うのです


氏曰く、前回も書いたように古代イスラエルから消えた10氏族のうちの一部が
この遠く離れた日本にたどり着き言葉や文化を色々残したと思うのです


実際、籠を担いだり神輿を担ぐ時に「エッサ」って言う言葉も
ヘブライ語では日本と全く同じ意味の「物を担ぐ」「物を運ぶ」って意味なんですね!

神輿を見たコーヘン氏がまた驚いたのは
昔、古代イスラエルの「アーク」(映画失われたアーク)で有名になった「宝の箱
ここに古代イスラエルの3種の神器が収められてたと言われる箱
を見て、また驚き・・神輿もアークもどちらも金箔が施され2本の棒で御神体を担ぎ外に連れ出し権威を見せる事で信仰を深める為の神事ごと・・しかもヘブライ語の「エッサ」と
声をかける・
・・

氏が言うように調べだすと本当に不思議な事が沢山ありますね!
つたない文章で私が言いたい事がちゃんと伝わったか心配ですが、興味がある人は
自分で勝手に調べて下さい
!ちゅうねん(爆)

所で本当に日本人ってルーツはどこが正解なんでしょうか?
[PR]

# by mabo89 | 2012-04-30 12:09 | 歴史 | Comments(1)

言葉っておもしろいね!の第6弾の巻



さて言葉っておもしろい」の第6弾
お送りしたいと思います。

世界には日本と繋がりがあるかどうかも分からない国でも、どこかで
繋がってる所がある様に思える国があるんです
。(結局あるんかい?爆)

その一つの例として今日は今のイスラエルについてお話をしましょう!

現イスラエル駐日大使の「エリ・コーヘン」氏が
日本に来て先ず驚いたのが文化が凄く似てるらしいのです。
そこで彼がイスラエルから研究者を呼んで調査を開始しだしたみたいですが、
研究すればするほど驚かされる!と言ったほど本当に驚きの連続です

先ずは日本のカタカナとヘブライ語の対比からです。
a0259347_12431011.jpg


これは読み方も発音も全く日本のカタカナと同じなんですね~!

イスラエルと言う国にも日本と同じで3種の神器なるものがあります。
日本の場合3種の神器は、
銅鏡(八咫・やたかがみ)・剣(天叢雲剣・あまのむらくものつるぎ)
・勾玉(八尺曲玉・やさかにのまがたま
)の3種類ですが、

イスラエルの場合石盤・杖・マナの壺の3種類です。

同じ文化と言うか3種の神器なる物が存在する事も不思議なんですが、
イスラエルの3種の神器の1つである「マナの壺」なる物はあてつけかも分かりませんが
なんと日本の仁徳天皇陵の形がそっくりなんです。

そこでイスラエルの言い伝えですが、その昔イスラエルが戦争に負け
イスラエルが国を無くし12氏の国民がバラバラになった時その内の10氏が世界に
散った一部が日本にたどり着いたと言われているらしいのです


日本の歴史は神武天皇から始まりますが、神武と言う意味は日本語ではありません!
しかし、ヘブライ語に置き換えたらチャント意味をなすんです。

神武天皇神倭伊波礼比古命)と書き「カムヤマトイワレヒコノミコト」と読みますが、
これをヘブライ語で読んだ場合
ヘブライ民族から誕生した神の選民を集めた開拓者」と言う意味になるみたいです。

大和(ヤマト)とは日本人の心の故郷であり以前は日本の総称でもあり、
現在では私が住む現在の奈良県を意味しますが、アラム語で読むと

大和ヤマト)⇒ ヤ・ウマト神の民)勿論読む時の発音はヤマトとなります。

書き出せばもっともっと共通点があり、驚かれると思いますが、今日はこの辺で
終わりにしたいと思います。

続きが読みたい場合は何時もの様にコメント欄に「ハイ」と書いて下さいね!爆

次回書く場合の予告として・・・

エッ!民謡のあのヤ~レンソ~ランのそ~らん節がヘブライ語?」
「エッ!あの神輿が{失われたアーク}を運ぶ姿?」
神輿の掛け声エッサ!エッサ!ってヘブライ語?」

どれが読みたいか選んでくださいね!爆
[PR]

# by mabo89 | 2012-04-28 00:00 | 歴史 | Comments(1)

言葉っておもしろい第5弾!の巻


バンちゃん(奈良の桜井市在住で後輩の新進気鋭の陶芸家)がコメントで「メッチャおもろい!」と言ってくれたので調子こいて
「言葉って滅茶苦茶おもしろい!」の第5弾行ってみましょうか


例えば自分が全く環境の違う所で住んだ時に違和感を感じるのは先ず言葉で違和感を感じるでしょう?!

同じ日本に居てるのに、鹿児島弁を聞いて懐かしさを感じなかったのに
何故マレーシアと言う日本から約7000kmも離れた、しかも外国で懐かしさを
感じたか?これはひとえに言葉だったと思います


実際言葉の発音と意味が似てた事で本当に違和感がなかった事と、マレー語は
他言語と違い言葉が日本語の様に余り発達してないからだと思います
マレーシアの人達を馬鹿にしてるわけではありません!表現が悪いかも知れませんが・・・

何故ならば先ずマレー語の表現には、過去形・未来形が無いのです。
例えば「私は映画に行きます、昨日」簡単に言えばこれが「過去形」で
私は映画に行きます、明日」これが「未来形」だと考えて貰えば良いのです。
だから基本的に単語を並べればなんとかなるし、なったんです。(爆)

その上単語の意味と発音が日本語に近い!と言う事もあって本当に楽だったんです。

日本語         マレー語

飲む          ミノム
~か?         
OKか?         OKカ~?
OKや
!         OKラ~!

だから日本語で
「何か飲むか?」と聞くとちゃんと通じるんですね~!
質問をする時でも
これでOKか?」と聞くと「OKラ~」或いは「NOラ~」と返ってくる!
日本語で「OKか?」と聞くと「OKや!」と返る、「や」に値するのが「ラ」なんです。

簡単に言うと、疑問文にしたい時は「~~か?」を付けて聞くとOKです。
マレー語の「」は疑問符で「」で聞くと「ラ~」で返ってくるのです。

今、定年退職をされた日本人が多くマレ-シアへのロングスティをされたり
永住を希望されますが、本当に言葉的にも覚える気さえあれば多言語に比べ
比較的簡単に覚えられるし、日本人に対し結構友好的なので、その意味が良く
分かります
。皆様も機会があれば是非マレーシアへジャランジャラン
!!(爆)


先日調べたら現在のイスラエルの言語はもっと日本語に近いと言う資料を見つけました。
またよく調べて皆様に報告をしますね!
[PR]

# by mabo89 | 2012-04-27 09:05 | 歴史 | Comments(1)

言葉って面白いの第4弾!さて日本語のルーツは?の巻


さて昨日に引き続き「言葉って面白いね!」の第4弾です。

その説明をする前に、その昔、人間が生まれたのは今のアフリカが起源だと言う学者も
多く居ると思います。まぁその起源説はこっちに置いといて、人類はある一定の場所から長い年月を掛けて移動して行ったのは間違い無いと思います

人類が移動をする時の一定の条件は、必ず移動は緯度の同じ所
を移動したと推測されてる意見に私も同意出来るのです。

その証拠としては人種で分けて見ると

マレーシア人=フィリピン人=ミクロネシアン(ハワイアンを含む

モンゴル人=日本人=エスキモー=アメリカンインディアン
と言う様に地球儀の上で同じ人種が緯度と平行して地球上に広がっているのです。

人間誰だって移動するとなったら、あんまり環境が変わらない方が良いですもんね!

そこで本題に入りますが、私がマレーシアに住んでた時、琉球大学の教授
沖縄の言葉の語源を調べていて琉球語でどうしても調べがつかないと言うか
意味が分からなかった言葉を調べて来たらマレーシアまで
辿りついたとおっしゃるのです

その時、その教授と人の紹介で会って色々その経緯と経過などを聞かせて頂きました。

その言葉とはあの有名な民謡「マタハ~リノ、ツンダラカヌサマヨ~」の歌詞の意味が
どこから来てどう言う意味なのかが分からなかったみたいです。

台湾を調べ次にフィリピンに渡りそして最後マレー語に出会いやっと意味が分かったと
非常に喜んでおられました。

実はその時教授から民族平行移動説を聞いたのでした。

その時教授が教えてくれたのは「日本人のルーツには北方民族と南方民族の混血だと
言われますが、その通りだと思います。その時言葉も同じように伝わったと考えています。マレーシアを起源とする人種は先程述べた様に、フィリピンやミクロネシアと
繋がるんですが、マレー語は日本語のルーツの一部になって居る可能性があるのです


マレー人が移動を始めフィリピンに渡った一部の人間が北上し、
今の九州にたどり着いたと思います。今で言う「阿蘇山」の阿蘇と言う言葉は
日本語と言う意味では、全く意味がないんです。
しかしマレーシアの古語では「アソ」と言う言葉があり意味は
火を吹く・煙を吐く」と言う意味があり、現在は「アショ」と発音するんです


それより北上したマレー人の一部が富士山を見て(富士と言う言葉も元々意味としては無いのです)名前を付けたんじゃないか?と思うんです。」とおっしゃいました。
何故なら古語のマレー語で「フジ」と言う言葉があるのですが、現在では「プジ」と
発音します。意味としては「例え様のない美しい・綺麗な」と言う意味になるのです


だから教授は古語のマレー語が日本語の一部になり影響を与えた事は間違いない!
とおしゃってましたっと


長文になってはしまいましたが、言葉と言う意味に対し皆様の興味が少しでも湧けば
非常に嬉しいのですが・
・・
[PR]

# by mabo89 | 2012-04-26 00:00 | 歴史 | Comments(3)