悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧


朝日デジタル・・結局お前らも中国の手先か?の巻


今朝の朝日デジタルの記事を読んでて何時もの朝日らしい誘導が始まったのかな?
と感じる記事が掲載されてましたね


そこで先ずは今日の朝日デジタルの記事抜粋より

「日本の戦闘機がレーダー照射」 中国国防省が空自非難

中国国防省は4日、先月17日に東シナ海上空で航空自衛隊機が中国軍機に緊急発進したことについて、「日本のF15戦闘機が中国軍機に接近し、(射撃用の)火器管制レーダーを照射したと日本を非難した。中国軍機の行動を正当化する狙いがあるとみられる

 日本政府関係者によると、先月17日、空自機が尖閣諸島を含む南西諸島周辺の上空で中国軍機に緊急発進する事態があった。

 これに関連して、自衛隊の元空将が同28日中国軍機が空自機に「攻撃動作を仕かけてきた」との記事をネット上に掲載。「空自機は自己防御装置を使用しながら中国軍機によるミサイル攻撃を回避しつつ離脱した」と記した。萩生田光一官房副長官は翌29日の記者会見で「(中国機から)攻撃をかけられたという事実は確認していない。近距離でのやりとりはあった」と説明した。

 中国国防省は4日、記者の質問に答える形で「2機のスホイ30が東シナ海の防空識別圏をパトロール中、日本のF15戦闘機2機が急速に接近し、火器管制レーダーを照射した」「中国軍は戦術機動などの措置をとったところ、日本機は赤外線の妨害弾を投射して退避した」と説明した。







この記事を読んだら先日の東シナ海上空で航空自衛隊機が中国軍機に緊急発進
したことについて日本サイドが先に攻撃用のレーダーを中国機に照射したから中国機
がミサイルを日本の自衛隊機に撃とうとした様に書かれてますね


でもそれが事実だったとしても、国際法に則った場合は自国領に侵入してきた外国機
に対して迎撃も当たり前の事だと思うのです


それを如何にも日本が先に手を出したから・・・と国民を上手く誘導するやり方は
朝日新聞と全く同じ手口ですね
!!

今の日本の防衛省が先に中国機に対して手を出すと思いますか

ハッキリ言って答えはNO!!ですね

そんな根性もある訳がありませんし、今の防衛省にはそんな決断力も無いからです

どちらにしてもやっぱり朝日系列の記事は国民誘導型が多い新聞ですね~

それを理解して読む方も気を付けなければいけませんね!

とりあえず頑張りましょう日本!!! 
[PR]

by mabo89 | 2016-07-05 08:43 | 時事問題 | Comments(0)

米副大統領の言葉が波紋を読んでますが・・・の巻


今日のサーチナの記事によれば、アメリカのバイデン副大統領の「日本は実質的に
一夜で核武装する能力がある
」と言う1言が波紋を広げてる様ですね


実際の所、副大統領が言う様に日本には本当にそんな能力があるのでしょうか

あったとしても核に対する国民感情がそれを許さないと思いますね~

この問題で再度日本の工業力を考えて見たいと思うのですが、昔から〇〇重工と
名前の付く会社は数時間あればそのラインを軍需産業用のラインに帰る事が出来る
と言われてますが、本当の事なのでしょうか


確かに米副大統領が言う様に、日本にはその技術があるのは間違いではないと思い
ます。

日本の技術力は世界に誇る物があります。先ずは潜水艦の技術がそうですねぇ~
それに唯一日本だけが持ってると言うか、日本だけしか持ってない物としては、前から
書いてる「深々度魚雷」と「深々度爆雷」を持っているのが凄い事なのです。

日本の潜水艦はアメリカや中国の持つ原子力潜水艦よりも深くまで潜る事が可能な
潜水艦なんです
そして他国は日本の潜水艦が潜れるその深度に攻撃が出来る武
器(魚雷や爆雷)を持ってないんです


つまり、そこに日本の潜水艦が居てるのが分かっていても攻撃できる武器が無い上に
日本はその位置から魚雷で攻撃が出来るのですから敵対する国にとっては厄介な
話しだと思います


その上に日本の潜水艦の乗組員の精度は高くアメリカとの合同訓練でもあの潜水艦
探索技術を持つアメリカでさえ日本の潜水艦を発見できなかった話は有名ですね!

そんな潜水艦や深々度魚雷を作る事が出来る日本の工業力は凄いですが、さすがに
核を一夜の内に作れるか?どうかはチョット疑問ですね~?

その前に国民の核アレルギーが問題となるでしょうね?

世界で唯一の核被爆国としては2度と核を撃ち込まれない為にはどの様にすれば
良いのか?
を考えた時にハッキリ言える事は2度と撃ち込まれない様にする為に
核を持つ事が1番の抑止力になると思いますね~


北朝鮮がズバリその通りで、核を持った瞬間に世界の列強が北朝鮮を馬鹿にしなく
なったのは皆さんも見たと思います。

これこそ核による抑止力なんです!私は戦争反対者です

だから戦争にならない様に核を持ち抑止力を高めて行くべきだと思いますね~

まぁ分からない人には絶対に分からない問題だと思います。
もしも日本が戦争状態に巻き込まれた時には共産党や民進党の皆さんが言う様に
最前線に立ち話し合いで解決して貰えれば良いと思います


私はそんな人達が最前線に立って「話し合いで・・・」と言った瞬間に撃ち殺されてると
思うのですが、そうなると日本の国にとっても良い事だと思うので、そんな人達には
是非頑張って欲しいと思う今日この頃です


とにかく頑張ろう日本!!!  
[PR]

by mabo89 | 2016-07-04 08:27 | 時事問題 | Comments(0)

ヤバイ!ヤバイ!一触即発でしたね~?の巻


危ない所でしたねぇ~?今日のAFPのニュースによれば台湾で訓練中のミサイル艦
から間違って中国に向けてミサイルが発射された模様です


このミサイルの巡航距離は300kmとされていますが75kmの所で落ちた様なので
大きな問題とはなっていませんが、もしも何かの間違いで1発でも中国国内に落ちた
ら「スンマセン!間違いでした!」では済まない事態となってたと思います


そこで先ずは今日のAFPの記事抜粋から

台湾海軍、対艦ミサイル1発を中国に向け誤発射

【AFP=時事】台湾海軍は1日、同軍の艦船から中国に向けて対艦ミサイル1発が誤って発射され、台湾海峡(Taiwan Strait)の澎湖諸島(Penghu)沖合に落下したと発表した
a0259347_10535332.jpg

ミサイルは現地時間午前8時10分(日本時間午前9時10分)ごろ、台湾南部・高雄(Kaohsiung)にある左営(Tsoying)海軍基地に停泊していた500トンのミサイル艦から訓練中に発射され、中国本土の方向に飛行したという

 発射されたのは射程300キロとされる台湾の国産ミサイル「雄風3(Hsiung-feng III)」で、発射後約75キロ飛行し、海に落ちたという

 台湾海軍はミサイルが発射された詳しい状況について現段階では不明としつつ、人為的なミスの可能性があると述べた。現在、ヘリコプターと艦船で落下したミサイルの捜索を行っているという。

 台湾では今年、中国に懐疑的な民進党の蔡英文(Tsai Ing-wen)氏が総統に就任したが、同氏が勝利した1月の総選挙以来、対中関係は目に見えて冷え込んでいる






台湾も蔡総統が就任以来、中国との関係も溝が広がってる状態で、その事を快く思っ
てない中国とすれば、これを切っ掛けに大義名分として台湾に進行する可能性
出て来る訳ですね~


日本の尖閣で起ってる中国機によるミサイル攻撃もしかりでチョットしたミスが切っ掛
けで戦争になる可能性も出て来るので気を付けなければいけませんね


特に日本の場合は完全に1機でも日本の航空機が打ち落とされでもしない限り、絶対
日本から防衛措置を取らないと思いますので非常に危険な状態である事は間違い
ありません


こう言った状況の中、中国が下手に手を出せない様にする為には1回でも良いので
国際法に則り、日本の了解や領空に入って来た戦艦や戦闘機を撃沈や撃墜をするべ
きなんですが・・・


そう言った意味で今回の参院選は本当に大事になって来ますね

共産党や民進党の様に訳の分からない事を言ってるだけで国が守れるのなら誰も
苦労なんてしません


この日本の平和と安全と文化や伝統を守る為にはその国民の必死な思いを持って
守って行くしかないのです


アメリカは日本を本気では守ってくれないと思います。やっぱり自国は自力で守る
覚悟が必要とされてるのではないでしょうか


とにかく頑張りましょう日本人!!! 
[PR]

by mabo89 | 2016-07-02 11:07 | 時事問題 | Comments(0)