悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧


やっぱり韓国は韓国やって事やね?(大爆笑)の巻

今日の新聞を読んでて笑ったのが、韓国のタクシー事情ですね
ぼったくりが当たり前でタクシーでの暴走運転による事故がここに来て目立って来てる
ようですね


そう考えると日本は深夜に女性が1人で乗っても安全な乗り物と言えますが、お隣の
韓国では決してそうとは言えないでしょう


これで先進国だ!と良く言えたもんですが、まだ日本からボケた人達が韓国に遊びに
行ってる様なので警告を込めて今日の新聞を掲載したいと思います



本日の新聞の抜粋より


ぼったくり上等、暴走事故激増、乗車拒否乱発……韓国でタクシーに「乗ってはいけない」3つの理由

 中でも、運賃の“ぼったくり”は大きな問題となっている年明け間もない1月12日にも、中国人観光客に対し、仁川空港からソウル市内のホテルまでの運賃を通常の10倍支払わせたことが発覚。運転手が警察に摘発された
a0259347_91621100.jpg

 この一件は、中国人観光客が宿泊していたホテルにタクシーの相場を聞くことでぼったくりが明らかになったようだが、実際には妥当な金額を知らなかったり、泣き寝入りしたりしているケースも珍しくない韓国では認可の下りているタクシーはナンバープレートの上2ケタが30~39番と決められている外装や内装だけでは違法タクシーに気付くのが難しいが、最低限の確認は必須である

また、韓国の深夜の暴走タクシーも危険だ明け方近くになると、その数は徐々に増えてくる。乗るほうからすれば、ちょっとしたチキンレースである。暴走タクシーによる事故は年々増加傾向にある。韓国の個人タクシーは10年の約16万3,000台から大きく変動していないが、対物事故数は09年の4万3,761件(韓国個人タクシー協同組合調べ)から6万1,567件と、大幅に増加している

 運転手の不親切と乗車拒否も問題だ。昨年、ソウル市議会交通委員会に提出された公共交通機関への嘆願書は1万9,616件。そのうち1万3,717件がタクシー関連の嘆願だった。嘆願内容の種類を分けると、乗車拒否が4,470件で全体の32.6%に上り、次に不親切(31.7%)、不当料金(18.4%)が続く

 乱暴運転や乗車拒否などといった韓国タクシーが抱えるさまざまな問題は、低い安全意識と社納金(レンタル料金をタクシー会社へ支払えば、差額の売上が全額タクシー運転手のものになるシステム)に対する不満などの要素が複雑に絡まり合っている。現行の取り締まりには限界があり、専門家の中では、タクシーに速度制限装置の取り付けを義務化する制度の導入を主張する声も大きい。

 日本同様、観光客誘致に力を注ぐ韓国だが、足元には解決すべきトラブルが山積しているようだ







今回はぼったくりが中心に記事が掲載されてましたが、これ以外にこれは絶対先進国
では無いぞ!と言えるのが
タクシーによる強姦事件ですね

韓国の場合タクシーに乗った事での強姦事件はなにも若い女の子だけに限らず
中には80歳のお婆ちゃんが襲われたケースも普通にある様です


日本でも戦後の混乱期には闇市だの雲助タクシーと言われたタクシーも沢山居てた
時代もありましたが
そこが日本人と韓国人の違いで自浄作用が働き、経済成長と
共にそんな雲助タクシーなる物はほとんど姿を消して行きました


これからも、まだ韓国に遊びに行こうと考えてる人が居るとしたら雰囲気は似ていて
も日本と韓国の違いを熟知した上で行動して欲しいと思う今日この頃です


まぁこんな国の事は放って置いて・・

頑張ろう日本!!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-31 09:28 | 時事問題 | Comments(0)

いよいよ日本版のネービーシルズ創設か?の巻


今回のイスラム国の報道はチョット飽きて来ましたね理由としては左寄りの人間が
政府の意向を無視し、勝手にイスラム国に行き拉致され、拉致された瞬間に「日本政
府様~お助けを~
!」と言う現状ですが
どちらにしても現在の規則なのか?法律なの
か?憲法なのかは知りませんが、自衛隊が邦人救出に出向く事は難しい様です


しかしここに来て政府がいよいよ動き出しましたね



今日の読売新聞の抜粋より


首相、「自衛隊の能力生かす」…在外の邦人救出

安倍首相は29日の衆院予算委員会で自衛隊による在外の邦人救出について、「領域国の受け入れ同意があれば、自衛隊の持てる能力を生かし、救出に対して対応できるようにすることは国の責任だと述べ、今国会に提出予定の安全保障関連法案の成立に意欲を表明した

ただ、昨年7月の閣議決定では、邦人救出の際の自衛隊の活動範囲は「その領域において権力が維持されている範囲」と限定しているため、日本人人質事件が起きた「イスラム国は対象外となるとみられている

また、首相は、原子力発電所の安全対策に関連し、「安全神話から決別し、安全対策を構築しないといけない。安全対策を日々更新する決意だ」と述べた。そのうえで、「厳しい規制基準に合致したものについて再稼働を進めていくと改めて強調した







そうなんです!いよいよ海外で働く邦人が不慮の事件などに巻き込まれた場合に
自衛隊が邦人救出の為に領域国の了解さえ得られれば、動ける様になるかも知れ
ないのです


現在は今回のイスラム国の問題では自衛隊は動けない状態ですがこれも徐々に
変えて行く必要性が出て来るでしょう


今迄はイスラム国の様な過激派のイスラム教徒は日本人を拉致し殺すと言う事は
余りなかったのですが
日本が欧米に対してイスラム国を壊滅させる為のお金を
出したと言うのを理由に日本も海外に住む日本人までそのテロの対象となりつつ
あるからなのです


前から言ってますが、今後、安全神話がある日本ではありますが、時代と共に
自分は自分の力で守らなければいけない時代が来る可能性が出て来ましたね


勿論、国も同じで日本国民の生命と財産を守る為には自国や国民を自力で守る
体制作りが必要となって来る事は間違いない事だし
、またそれが出来なければ
日本と言う国の存続さえ危ぶまれる事間違いないでしょう


現在、日本は中国や韓国・北朝鮮と日本人の常識では理解できない国々に囲まれて
いて
現在も中国は無茶苦茶な理論で世界に対し「釣魚島(尖閣)」は中国固有の
領土だ!
とプロパガンダを発信しています


そろそろ日本人も目を覚まし安全基準を普通の世界レベル並みに合わせて行く事が
必要だと思う今日この頃です


頑張るぞ日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-30 08:54 | 時事問題 | Comments(0)

気を付けよう!暗い夜道と中国人!の巻


まぁしかしなんですねぇ~?いつの時代になっても中国は中国人らしい事をします
ね~?
中国が自由経済になりかけた頃に私の町から中国に安い人件費を求め
工場を作る為に多くの仲間が視察に行ったものでした


その頃は中国もまだまだ後進国で国民の多くが国民服を着て生活をしてる時代
だったんですが
観光地に行くと手や足の無い子供達がバスに群がり、お金を求める
光景があちこちで見られたものです


バスのガイドによればあの子供達はあちこちで誘拐されたり、親が貧しい為に
そんな子供達の手や足を切りわざと乞食にさせてるんです。本当に可愛そうに思うの
なら、今お金を与えないで下さい!そうしないと親が味をしめまた次の犠牲者が出ま
と涙ながらに訴えていました

時代も進み中国も近代化を進め、あの25年前は遠い昔の様に思ってたのですが
やっぱり中国は中国ですね~?

手を変え品を変えて色々とやってる事が記事に載ってました

そこで今日の新聞の抜粋です



【中国】謎の組織が生んだ"ニセ僧侶"が世界中に出没! 日本でも目撃される?


 坊主頭で濃い茶色の袈裟のような衣装を身にまとい、町の人々にお布施を求める僧侶たちが世界中に現れているという

 信心深い人間ならば思わず、彼らの活動の手助けをしてしまうところだが、実は彼らが中国から世界に輩出された"ニセ僧侶"の場合もあるとニュージーランド華字メディアのスカイ・キゥイが報じている。同誌によれば、僧侶に似た物乞いは、中国の専門組織に約1万元を支払った後、1週間ほど指導を受け、剃髪を行い、衣装を渡され、世界各地に派遣されているという

 また彼らの組織機関が関与しているかは定かではないがニセ僧侶による被害も頻発している。アメリカ・ニューヨークでは道行く人々に寺の写真を見せるなどし、お布施を強要した者たちが逮捕されている。またイギリスでは「ロンドンで欧州最大の寺院を作るなどとだまし、寄進を求めていた例もあるという。さらにオーストラリア、ニュージーランド、香港などの世界各地でも被害者が続出していると伝わる

 また、日本でも彼らに似た人物たちはいち早く注目されており、お金をもらった後に路上で喫煙しつつ、お金を数えている姿が都内を中心に目撃され、Twitterで話題なるなど、彼らに対し、『ニセ僧侶ではないか』という疑惑が絶えなかった

a0259347_958876.jpg

 彼らの風貌から、市井の人々は、まるで仏教系の修行の1つである"托鉢"と勘違いし、お金を支払ってしまうこともあるだろう

 托鉢とは僧侶が鉄鉢を持ち、信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞う修行だ。地域によっては、托鉢を主な収入源としている仏教徒もおり、中には食事を摂る手段としている者もいるという。だが、その際、僧侶は、信者たちに自身からお礼などを強要することはないのが前提とされる

 今回のニセ僧侶には、自分から声をかけるなど、本来の托鉢とは明らかな違いが散見される。信心深い人間をターゲットにした神仏をも恐れぬ詐欺行為といえるだろう。金銭をだまし取られた人たちももちろんだが、一番の被害者は真面目に修行を行っている本物の僧侶たちであることは間違いない。僧侶たちのためにも一刻も早く撲滅が望まれる







所詮は中国人だ!と言えば1言で終わってしまいますが、低能な中国人には
気を付けなければいけませんね


本当に人間のクズの様な奴らですね

とにかく頑張りましょう日本人!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-29 10:06 | 時事問題 | Comments(2)

いよいよ韓国のメディアも認め出したの?韓国お笑い兵器を?の巻

以前から書いていますが、ついに韓国のメディアも自国の偽術の無さを
取り上げだしましたね


そこで久しぶりにの「韓国お笑い軍隊」をご紹介します。爆

産経新聞の抜粋より

【軍事ワールド】韓国の“救いがたき”潜水艦事情…粗製濫造で出撃できず、海軍兵は「狭い艦内は嫌」と任務を敬遠: 伊藤博文を暗殺した安重根の名がつけられた孫元一級の3番艦
a0259347_854269.jpg

韓国では対北朝鮮をにらみ潜水艦の建造に力を入れているが実はその「技術」「人員」の両面で“お寒い事情”にあることが韓国メディアの報道で分かってきた。これまで4艦が完成したが、いずれも製造不良などで出撃できないなど問題が発生しかも政府はそんな状況にあっても新たな大型潜水艦の建造を始めた一方、本来ならエリートであるはずの潜水艦乗組員への志願も劣悪な職場環境を嫌って減っているという。欠陥だらけの上、乗り手もいない潜水艦隊の前途は多難だ。(岡田敏彦)

潜水できない潜水艦

 韓国の潜水艦はドイツの独HDW社が設計した「214級」(約1800トン)をライセンス生産という形で建造、運用している。18年までに計9隻を建造する計画で、1番艦の「孫元一」は2006年に進水し、現在4番艦まで完成している。しかし厳密に言えば、一隻も“完成していない”ともいえる状態だ

 韓国では新型艦の完成や運用開始などことあるごとにその優秀性をアピールし、マスコミと一体となって北朝鮮へのプロパガンダよろしく勇ましい活躍ぶりを宣伝するのが通例だしかし1番艦の孫元一は進水後、動静が聞かれなくなり、表舞台から消えてしまった

 潜水艦といえば海の忍者」、孫元一も秘密の任務を遂行中-と見る向きもあったが実はこっそり工場に逆戻りしていた

 朝鮮日報(電子版)など現地マスコミによると、試験的に運用したところ、スクリュー軸からHDW社の設計値を上回る騒音が発生した敵艦からすれば、スクリューや動力の音は重要な探知材料となり、潜水艦にとっては致命的このため推進軸を交換するという大がかりな修理を行ったそれでも騒音は収まらず、実戦運用どころか近海を試験走行するだけだった

 11年4月、再び修理に入ったものの解決方法が見つからず結局20カ月以上もの間、工場内で放置されていたことが明らかになった

 この間、2番艦の「鄭地」が07年6月、3番艦の「安重根」が08年6月に進水1番艦の問題を解決しないまま量産するという常識外の行為がとられたが、その代償は大きかった

3隻とも「運行停止」

 10年春ごろ、新鋭潜水艦3隻全てが運行停止になっていたことを朝鮮日報(電子版)など現地マスコミが明らかにした。問題となったのは艦橋と甲板を接続するボルトだ。

 1番艦は、航海中にボルトが緩む事故が06から09年までの間に6回発生。さらにボルトが折れたり緩んだりする事故が2年間に2番艦で6回、3番艦で3回発生。原因は当初、韓国製のボルトの強度不足とされたが、ボルトを本家ドイツのHDW社の規格に沿う物と交換しても「自然に緩む」という不可解な状況が解決できなかった。

 結局、韓国の技術者では問題を解決できず、ドイツHDW社の技術者が韓国へ出向いて調査。その結果、欠陥はボルトだけでなく、接続部本体の強度も不足していたことが判明。半年以上かけて金属板で周囲の補強を行い、ようやく解決したという。

 潜水艦の製造には特殊な超高張力鋼板を用いるが、この鋼板は加工が難しく、特に溶接の際に発生する熱の影響や残留応力で生じる問題の解決には綿密なノウハウが必要。設計図があれば作れるといった単純なものではなかったのだ

 ともあれ、HDW社の出張サービスでなんとか修理を完了した3隻だが、本当のトラブルは深く静かに“潜行”していた

わずか数日で「窒息」…欠陥はノンストップ

 「孫元一級潜水艦は、浮上することなく数週間の作戦行動が可能」-。海軍のこんな主張が真っ赤な嘘だったことが昨年10月、明らかになった。韓国SBSテレビなどによると、原因は動力を供給する燃料電池の不良にあった

 潜水艦が最も脆弱(ぜいじゃく)なのは浮上した時。原子力潜水艦は浮上の必要がないが、ディーゼルなど通常動力の潜水艦は酸素を取り込むため、シュノーケル(空気取り入れ筒)を水面上に出せる浅深度まで浮上する必要がある。

 しかし近年は、こうした大気に依存せず、長期の潜行を可能にする非大気依存推進(AIP)という技術が主流だ。中でも燃料電池を用いたAIPは水素と酸素から電気を生み出すもので、民間でもクリーンエネルギーとして注目されている。

 韓国の潜水艦もAIPを採用した。しかし連続潜行期間は、軍が主張する「数週間」をはるかに下回る「数日」だった燃料電池が欠陥品だったのが原因だしかも3隻の燃料電池は軍に納入前から93回も故障し、納入後も102回停止していたことが国政監査で明らかになった

 これを受け、納入を担当する防衛事業庁は「24時間の試運転を行った上で海軍に納入する」と宣言。昨年11月末、4番艦「金佐鎮」の引き渡し前テストで実施した。しかし、こうした形式的な対応には批判もあり、韓国のネットユーザーからは「数週間潜れるといいながら、テストがたった24時間とはどういうことか」との声が上がった。

 ところが政府は、トラブルが続出し解決策が示されず、しかも批判が起きている中で、さらに大型の潜水艦建造計画に着手した

大型艦建造でトラブルも2倍?

 新型潜水艦は3500トン級で、水中から巡行ミサイルが発射できる仕様。北朝鮮が弾道弾発射可能な新型の潜水艦の配備を始めた-との情報から対抗措置としたもので、今月に鉄板の切り始めを実施したしかし1800トン級の孫元一も満足に建艦できないのに、2倍の大きさの艦ではトラブルも2倍になりかねない。国民からはそんな危惧も出ている

 一方、海軍は2月1日付で潜水艦司令部を創設することを決定した。ところが潜水艦を巡っては別の問題も存在する海軍軍人が潜水艦に乗りたがらないのだ

 冷戦時代、レーダーとミサイルが万能とされたころは、空軍戦力に比べ海軍は軽視された。特に水上艦は「池のアヒル」と揶揄(やゆ)され、イージス艦が登場するまで水上艦艇は肩身が狭かった。しかし一方で、レーダーで探知されない潜水艦の価値は向上。いまも潜水艦乗りは海軍のエリートなのだが、マイナス面もある

トドメは「乗り手いない」

 潜水艦は一般的に艦内が狭く、真水の使用も制限され、水上艦のように風呂があるわけでもない。空気を出せば泡で居所がばれるため、換気も論外。脱臭装置はあるものの、トイレの臭いや生活臭はつきものだ

 各国海軍軍人は潜水艦の任務の重要性をよく承知し、さらにエリートと認知されているため、潜水艦乗組員への志願も十分あるが、韓国では任務を嫌う軍人が多い

 韓国の電子メディア「ネイバーニュース」は、海軍の「潜水艦副士官の志願状況という資料をもとに志願率の低下を解説。副士官の潜水艦勤務志願率は07年には67%だったが、13年には36・9%という深刻な水準まで落ちたと報じた。しかも現状の勤務者のうち2〜3割は劣悪な環境に耐えきれず、転出を希望しているという。

 現場のベテランになるべき副士官が定着しないのでは、練度の向上は至難の業だ。乗り手がいない上、トラブル満載の潜水艦。韓国の実情は深刻だ






日本のネットでは随分昔から皆が注目し、韓国お笑い劇場なるタイトルで、韓国の
お笑い兵器を多数紹介していたのですが
、そんな時でも韓国のメディアは
韓国の技術による・・」とか「韓国の最先端の・・」と、その非を認めず、韓国の物は
常に世界最先端で・・・とやってたのが、ついに自国の技術ならぬ偽術を認め出したの
は大きな進展ですね
!(大爆笑

日本では昔から「貧すりゃ鈍する」と言われますが、経済破綻を目の前にした韓国が
まさに今、その状況になって来たのではないでしょうか


沈まない潜水艦だと思ってたら沈んだら浮上できない潜水って・・・

こんな装備で日本に対しやれ開戦だ!日本を叩き潰せ!!と国民は言ってますが
どうやって何を使って日本を叩き潰そうとしてるのか?知りたいものですね大爆笑

まぁ日本も気を緩めず、周りには中国や韓国と言う低能と低俗が一杯居てる国
あるのを忘れずに備えておきましょう


頑張ろう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-28 09:19 | 時事問題 | Comments(2)

なんで日本のマスコミは大事な事を報道しないの?第2弾の巻

昨日に引き続き「なぜ?日本のメディアは本当に大事なニュースを報道しないの?」
第2弾となります。

以前から言ってる「韓国国内における在日法の改正」を知らない日本人が本当に多い
のです。昨日も色々な人とイスラム国や国際情勢に付いて話をしてた所、
韓国で在日に対する法律が変わった事を知らない人が多いので、ここで復習をしたいと思います


韓国で法律が変わった事で今年の7月8日を持って現在25歳以上で海外に住む
韓国籍の男性で韓国の兵役についてない者は兵役法違反となりパスポートなどが
受給できなくなります


つまりパスポートが受給できない在日の人達は「特別永住者としての認定を受ける
為には、身元を保証する証としてパスポートの提示を求められますが、そのパスポー
トが提示できないとなると、日本政府は特別永住者としては認めてくれません


その上、パスポートが所持できない事により違法滞在の外国人となり、有無も言わ
ず、強制送還となってしまう場合が出て来るのです


そこで心配になって来るのは現在日本に住む特別永住者の人達の暴動ですね

そりゃ韓国が勝手に法律を変えたんですが多分、在日の怒りは韓国よりも
現在住む日本と言う国に向けて暴れ回るんじゃないかなぁ~?
と思うのです。

日本政府はそんな事も考えてはいるでしょうが、もう一つ私がおかしく感じるのは
全ての報道がこの件に関しては一切何も言わないのが不気味なんです


普通なら後半年に迫った韓国の在日法の変更を報道しても良い筈なのに
本当にどこもこの問題には触れないのが逆に恐怖ですね


法務省は既に何回もその通達を在日韓国・朝鮮人には出してはいますが、
その通達を知らなかった!と言う在日もかなりいる様です。

昨日まで普通に生活をしてたのに、7月8日以降、急にあなたは不法滞在の外国人
!」となったら誰でも怒りますよねぇ~

でも役所の人間ってあたりまっちゃ当たり前ですけど「イヤ!読む読まないに関わらず
役所としては何回も通達を出していますので・・
」と冷たくあしらわれるんでしょうね?

そうなって来ると在日の暴動になる可能性が出て来ると言う訳です

だから皆さんは7月8日以降どうなるかは分かりませんが、一応はそんな暴動にも
備えておいて下さいね


頑張ろう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-27 10:03 | 時事問題 | Comments(4)

日本のマスコミはなんで肝心なニュースを報道しないの?


日本ではイスラム国に拉致された2人の日本人のニュースで持ち切りで、大事な
ニュースが全く報じられたいませんが
本当に大事なニュースはアメリカのオバマ
大統領がこの時期にインドを訪れ同盟強化に飛んでいった事です


なぜ今この時期にオバマ大統領がインドまで行ったのか?
それは対中国作戦に後方からのインドの支援を取り付けると共にアメリカとの同盟の
再確認に行ったのです


日本もインドとは同盟関係にありますが、日本・アメリカ・インドの連携を再確認の為の
インド訪問だと思われます。

アメリカ大統領がこの時期にインドに飛ぶのには必ず裏がある筈です!
多分中国の動きに今アメリカ大統領がインドまで飛ばなければならない何かがきっ
とあるのだと思います


中国の不穏な動きとは・・・例を上げるとキリが無いかも知れませんが、先ずは尖閣沖
に建設されてるヘリポートで現在は後記用の滑走路の建設


その場所が沖縄の米軍・自衛隊の基地よりも100kmも近い場所に設営されてると
言う事は、中国は必ず近い将来、何か行動を起こして来る事間違いないのです


まぁアメリカ大統領ともなればCIAなどにより詳しい情報が入ってると思われます
きっとある日突然平和ボケした日本人をアッ!と驚かせる様な事を中国は間違いなく
して来るでしょう



そこで昨日の新聞の抜粋より


中国の最新式11銃身超音速ミサイルキラー

近い将来、海上戦は水平線を超えてレーザー、機関砲、極超音速ミサイルなどを打ち合うようになりそう

中国が最近発表した近接防火器システムType 1130は、レーザーに対する防御力こそないものの、音速の4倍で飛んでくる弾頭を処理する能力を持っています
a0259347_11411310.jpg

Type 1130が設置されたフリゲート艦Type 054Aに向かって弾頭が放たれると軍艦そのものにダメージを与える前に、1分間に1万発(1秒間に166発)の弾丸を放ち、弾頭を蜂の巣状にしてしまうのだと報じられています。中国の報道機関Want China Timesによれば、Type 1130は1,280発の弾倉を2つ携行できるとのこと。これは、一度の装弾で40発のミサイルを撃ち落とすことができる数です。また、とても正確で、超音速ミサイルに対して90%の命中率を記録しているとも報じられています。30mmの弾丸で、固定翼機や回転翼機、水上艦、海岸沿いの陸上ターゲット、機雷までも狙うことができます

詳細情報は明らかにされていませんが、6~10銃身の先行モデルが目安になるとすれば、Type 11308~20キロ離れた場所にあるターゲットに狙いを定めることが可能のはずです。しかし、採用されているガトリング砲の射距離に限界があるため、実際にはダーゲットが3kmほどまでに接近しないと攻撃ができないものと思われます。

このシステムはレーダーによって誘導されており、銃身の上にある2つのパラボラアンテナはレーダーを受信するためについています。このシステムの重さと使用電力の大きさのため、設置できるのは大きな中国人民解放軍海軍のフリゲート艦と駆逐艦に限られています。また、中国の最新型航空母艦リャオニンに設置されているとも確認されています。今後は、これから発表される中国軍のデストロイヤー艦Type 055に設置される予定です

中国といえば極超音速飛行機WU-14もありましたね。これとあわせると、海上戦が瞬きしている間に終わってしまう時代がやってくるかもしれません





これを踏まえて備えよ日本人!!

頑張るぞ日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-26 11:52 | 時事問題 | Comments(3)

中国がなぜ日本の動きに神経を尖らせるか?分かりますか?の巻


今日の新聞を読んでて中国のメディアアメリカの軍事サイトの情報を基に現在の
日本の防衛力は中国にとって脅威ではない!
と主張してるかと思えば、違う記事で
現在の中国の航空戦力が後れを取ってる!
と指摘。

この2つの記事を読んでると、日本の防衛力が現在の中国軍には脅威ではないが
かと言って中国も安心できるレベルでは無い
と主張しながら中国人民を洗脳しよう
としてるの?
と取れる様な感じです。

そこで今日の新聞からの抜粋より


日本の軍備レベル・・・「中国に対して不十分」と米情報サイト=中国メディア

中国メディアの環球網はこのほど、米国の軍事情報サイト「ディフェンス・ニュース」の記事を引用して、「日本の軍備のレベルは中国に対して全く不十分」の主張を紹介する記事を配信した
a0259347_94356.jpg

 記事は、日本政府が発表した2015年度の予算案で、米軍関連を含まない防衛費は4兆8200億円に達しており、安倍政権発足以来3年にわたり国防費が増加していると紹介。

 新しい日本の防衛プランとしては南西諸島を主眼にしたもの」であり「釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)付近の海域において、中国と対抗することを企図している」と説明。兵器の投入事例として哨戒機のP-3C、戦闘機F-35、新たに建造するイージス艦、潜水艦のそうりゅう、さらに輸送機のオスプレイや水陸両用車のAAV-7を挙げ、与那国島にレーダー基地を建設する計画にも触れた

 記事は「ディフェンス・ニュース」の見方として、「安倍政権が昨年(2014年)7月に修正した防衛大綱は、周辺の多くの国に批判され、日本が改めて軍国主義化するのではないかとの懸念を引き起こした」と紹介。

 しかし一方で、「ディフェンス・ニュース」が文章の最後の部分で「日本の軍備のレベルは中国に対して全く不十分。日本は半世紀以上にわたり、国防に大きな力を入れてこなかった。新兵器を数種類導入、少しばかりの新戦略を採用しても問題は解決できないとの見方を示したと紹介した

 なお「ディフェンス・ニュース」の原文は同じ部分で、「日本はいくつかの有用な装備やハードウェアを購入しつつあるが、60年にわたり防衛に対してあまりにも少しのものしか費やしていなかったことに対して、埋め合わせをする“銀の銃弾”(万能の解決策)またはすばらしい武器は存在しない」と論じ、日本は単純なハードウェアの増強だけでなく、自衛隊員の給与引き上げや訓練予算の増強などを提案している





まぁどちらにしても、ハッキリと言える事は中国は日本の動きに対して神経を尖らせ
ピリピリしている上
明確に仮想敵国を日本に定め照準を合わせ対抗策を練っていま
すが、日本はどうでしょう


確かに安倍政権になって防衛力を上げようと努力しているのは分かりますが、本気で
やるならやるで先ずは憲法の改正が1番最初だと思うのです


専守防衛を謳いながら現在の憲法では難しい部分があると思います
専守防衛を謳うのならもしも中国が攻めて来る!と言うのが分かった段階で先ず
先制攻撃が出来る様にする為にも憲法改正が本当に必要だと感じる今日この頃で
す。

とにかく頑張ろう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-24 09:19 | 時事問題 | Comments(7)

中国の軍備力が増々強大になりつつありますね!備えよ日本人!の巻


昨日から少し気になってる記事が掲載されていたのですが、イスラム国の記事を書い
てて、長くなってしまったので書けなかったのですが
日を追う毎に侮れなくなって来
てる中国の軍備力です



そこで昨日の新聞記事より抜粋です


米国が注視する「ロシアの武器」・・・戦闘機は「非常に危険なライバル」=中国メディア


 中国メディアの環球網は19日付で、ロシアにおける報道を引用しつつ、米国で注視されているロシアの武器5種を紹介した。うち3種は中国が輸入しているという
a0259347_8263628.jpg

 米国で注視されているロシアの武器の筆頭として戦闘機の「Su-35」を挙げた同戦闘機については、最高時速2400キロメートルという高速性や上昇性能、目標の追跡能力などを挙げ、「米国の戦闘機にとって非常に危険なライバル」と解説した。

 アムール型潜水艦はラーダ型潜水艦の輸出用モデルで静粛性に優れ、異なる目標に向け一斉にミサイルを発射できるなど戦闘システムも新式。さらに、非大気依存推進(AIP)を実現する燃料電池を搭載するための改造も可能とされる

 「T-90」はソ連が開発に着手し、ロシアが完成させた戦車主砲からミサイルも発射できるが、戦車本体からレーザーを目標に照射して誘導することが可能だ(セミアクティブレーザー方式)。戦闘力だけでなく、ドイツの「レオパルト2」、米国の「M1エイブラムス」など、同じ第3世代に属しても西側の戦車より安価であることも特徴だ

 「P-800」は超音速で巡航する対艦ミサイルだが、地上の目標も攻撃可能最大射程300キロメートルで、米国のハープーンのごく少数作られた改良モデルよりも、優勢だ

 記事は最後に、対艦魚雷「53-65」を取り上げた。過酸化水素または酸素を酸化剤として用いる、タービンエンジンを供えた魚雷で、「米国の軍艦にとって極めて危険」、「米国は現在も、有効な防御用兵器を持ち合わせてはいない」と論評した。

 記事は米国の軍事専門家の指摘として「ロシアは上述の武器5種のほとんどについて、輸出することに成功した」と紹介。インドはアムール型潜水艦2隻を購入する計画で、ロシアとインドはさらに、P-800をベースにして超音速巡航ミサイルのブラモスを共同開発したと指摘した。

 中国はSu-35を24機、アムール型潜水艦4隻を購入する予定だ。53-65魚雷も輸出タイプの「53-65KE」を輸入している






現在ロシアから中国が輸入してる武器の中にはアメリカがまだ対抗措置を取れてない
平気が含まれてるのが私的には非常に気になるのです


何故かと言うと、その武器が対空母の攻撃用として使えると言う事が日本の防衛に
とっては非常に重要な事だからです


アメリカが誇る海軍力ですが、その根幹をなしてるのが空母なのです!
現代戦に於いて「空を制する者は戦いを制する」と言われる時代に、制空権を握る
空母が撃沈された場合を考えると非常に心配になって来ますね


中国は間違いなく日本に対し侵攻計画を練ってますその後ろに控えるアメリカ軍の
存在もチャンと計算に入れてる事は間違いないのです


中国の軍事力はまだまだ日本やアメリカには追い付いてない!と高を括ってると
痛い目に合う可能性が出て来ました。

日々刻々と変わる情勢を見ながら防衛力を付けて行く必要がありますね

心してこれからの有事に対し備えよ日本人

頑張るぞ日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-23 08:43 | 時事問題 | Comments(5)

この数日間で世界では色々な事が起こってるんですね~?の巻


先週の末から親戚のお通夜と葬式で殆ど一般社会から離れている間に色んな事が
起こってますね~!


先ずはイスラム国に取材に行ってた2人が拘束されイスラム国の人間から1人に付き
1億ドルの2人分として2億ドルの要求がされてますが
安倍首相は我が国はテロに
屈しない!
と勇ましい発言をされてますが日本政府の場合は必ず裏でイスラム国
と話し合いをする為に動き回ってると思われます


ただ私が心配する事はアメリカやヨーロッパでは「テロに屈しない!」と言った場合
本気でテロリストの要求には応じる事が無い代わりに、武力を持ってでも人質の奪還
をしようと思うでしょう


そんな状況の中、安倍首相の発言とは裏腹にもしも日本政府が裏でテロリストと
交渉を重ね、要求通りにお金を払い人質を解放して貰ったとなったら・・・

そうなんです!今度は世界から信用を失う事は間違いないでしょう!!

こんな時に何時も感じる事は、私が若い頃に海外で働いてる時に感じた事ですが
私は日本政府に守って貰えてない!」と感じたあの感情が沸々と蘇って来るのです

これは日本の憲法が大きく関係しているのですが現行の憲法では海外で働く
日本人が今回の様に何かで人質となった場合、自衛隊を出動させて救出に向かう
と言う事が、できないのです


その為にも1日も早い憲法改正が必要であり1日も早く改正するべきなのです

昔イラン・イラク戦争があった時も両国から1番最初に逃げたのが大使館などに勤め
る大使館員や日本の政府機関で働いてた職員達で
最後の最後まで自分の命と
引き換えにするかも知れない状況でも現地に残り仕事を続けたのが
商社などに勤め
るサラリーマンが「日本に原油を届けるんだ!日本に原油を送らなければ日本の産
業が止まってしまう
!」と頑張ってたのです


当時、海外ではそんな日本のサラリーマンの事を良い意味でも悪い意味でも
企業戦士と呼んである意味尊敬もしていたのです

当時から政府職員と一般サラリーマンには違いがありましたがここら辺で1発
政府も本腰を入れて日本国民の為に頑張ろうと言う職員を育てる事と、政府も海外で
働く日本人やその家族の命と財産を守る為にも
考え直して欲しいものです


なかなかぬるま湯に浸かった状態の政府職員にぬるま湯から出ろ!と言っても
暖簾に腕押し、ヌカに釘だとは思いますが、変えようと思わないよりは思った方が
絶対に良いと思います


国民も1人1人がそんな気持ちを持ち、未来に向かってこの国を良い国にするんだ
と言う気持ちで行動を取って行こうではあ~りませんか!爆

とにかく頑張るぞ日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-22 09:10 | 時事問題 | Comments(2)

アカン!アカン!ここらで何とか流れを変えんと!の巻


今年はなんか大変な予感・・・!親戚の葬式が終わり今、やっと家に帰って来たん
ですが、帰ったと同時に得意先のお通夜の知らせ・・・

行かない訳にも行かず、これから帰ってお通夜の準備です

今年の1月仕事初めの日に乗ってた自動車(まぁ古い車ですが)ミッションガチャンと
嫌な音と共に廃車になってしまいました


その上、インフルエンザをこじらせたお袋が肺炎になり緊急入院し退院したその次の
日に今回の叔母さんの訃報・・


やっと落ち着いたと思ったら、得意先のお通夜の知らせ・・・

先週はお袋の入院で今週は叔母の葬儀で2つの商談を2回も変更して貰ってて、全く
仕事が出来てません


チョット落ち着いたら皆を連れて厄払いに行こうと思います

こんな年は気合を入れて流れを変えんとあきませんね~!

明日から一応通常通りの仕事に戻る予定です。でもチョット心配なのが、今回の葬式
で集まった親戚の叔父さん達を見てたら、親父の兄弟も皆かなりの高齢の上、
それぞれが持病を持ってる様子です


行きかけたら皆続いて行くんじゃないかなぁ~?とチョット心配になって来た今日この
頃です。

新しい車でも買って先ずは流れを変えて行こうと思います

頑張るぞ日本!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-21 17:17 | 家族 | Comments(0)