悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧


商品欠品の危機を乗り切ったぞ!(ホッ!!)の巻


先日商品欠品になりそうになってた完全透湿マスク「シットリーナ」危機を脱しまし
得意先の社長の悪運と言うのでしょうか?強運と言うのでしょうか?なんとか
在庫をかき集め残った生地を製品にし、ギリギリ6枚が余ると言う状態で乗り切れ
ました


商品に使ってる生地は台湾の特許でその会社でしか作れない生地なので心の中で
メチャクチャ焦ってました。場合によってはこの14・5日から台湾まで生地を取りに
行ってくれるか?
と言われてましたので本気でマズイなぁ~!と思っていたのですが
何とか手持ちの生地在庫で間に合ったのでたすかりました。

でも今回は乗り切りましたが次がまだあるので気は抜けませんが、次の企画は今月
の末と大口が7月の初めなので少し心に余裕が出て来ました。

本当に良かったです!!ですのでもしも生協で商品を買ってる方がおられましたら
是非次の機会にはお買い求めくださいね!
勝手か?ちゅうねん!爆

うちの商品はうちの会社とうちの協力工場に機械を入れての純国産の商品しか
作っては居ない
のですが、今回の様に台湾にしか無い生地の場合は仕方が無い
ので海外の仕入れとなってしまう訳ですが
やっぱり外国との取引となると色々と
問題も出て来ますし大変ですよ~!


でもまだ縫製は弊社の下請け(ミシンなどは弊社が提供してる)での生産ですので
生地以外は100%日本製と言えますね

本当に商品欠品とならなくて良かったです特に生協での商品欠品となると他の
会社と違って問題がメチャクチャ大きくなってしまうので実際焦ってました


今日はやっと笑顔で他のお客様とも話が出来そうな今日この頃です

とにかく頑張ろう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2014-04-02 09:07 | 商品 | Comments(0)

戦前の様にまた白人至上主義に戻って行くのか?寝た子を起すなよ!(怒)の巻

出来るだけこのブログでは過激な事を書くのを控え・・・と思ってるにもかかわらず
昨日の夜にTVを見てる時に入った速報に腹が立ってしまいました


南極での調査捕鯨禁止・・・?オーストラリアの主張が認められた形となった訳ですが
本当に調査の結果、クジラは絶滅危惧種の域を脱し既に増え過ぎ傾向にあるくらいで
す。


1番腹が立つのは日本人にとってクジラと日本人の関係に置いてその昔日本には
クジラは無くてはならない食料であり生活にかかわる全てに活用されてた動物です


皆さんも良く知るジョン万次郎こと中島万次郎も今の高知で漁師とし出漁中に難破し
それを当時クジラを追って鎖国中の日本近海に来てたアメリカ船籍の捕鯨船に救助さ
れた人物です


その当時アメリカも捕鯨をしてましたがアメリカの捕鯨と日本の捕鯨に関する認識は
全然違ってました

当時のアメリカはランプに使う油を取るだけの為にクジラを乱獲し油を取った後は
その全てを廃棄してたのに対し
当時日本でクジラを捕獲した場合などは、勿論肉は
食べ油も取りクジラの髭に至ってはそれを使ってゼンマイを作り、当時流行った
お茶を運ぶからくり人形などの動力として使われた物です


少し時代が進むとクジラの骨まで歯ブラシの柄として使われ残す事無く利用された
ものでした。乱獲と言う言葉は当時のアメリカのクジラに対する様な扱い方を言う
言葉だと思います。

どちらにしても白人が今の世の中を牛耳ってるとしか言い様がありませんね
オリンピック1つとってもそうですが日本が金メダルを取ると日本人にとって不利な
ルールが直ぐに作られるんです


日本人はクジラ1つとってもそうですが、1つの命を頂くんだからそれに感謝し無駄に
する事が無い様に肉から油から骨や髭に至るまで使って来たのです


まぁ白人にはその繊細な気持ちなんて分かりもしないし分かって貰おうとも思いま
せんが腹が立って来ますね


明治時代なら今以上に白人が幅をきかせ偉そうにして東南アジアを植民地化してる
時代に世界最強と言われたバルチック艦隊を破った時はさぞや東南アジアの人々は
黄色人種である日本人が当時アジア人を猿同然に扱ってた白人を同じ肌の色を持つ
日本人が破った事で自分の事の様にその勝利を喜んだに違いありません。

あの速報を見てから今まで忘れていた感情が沸々と湧いて来てしまいました
日本が今までに事なかれ主義で来過ぎた結果がここに来て色々出て来てますね

とにかく頑張ろう日本!!
[PR]

by mabo89 | 2014-04-01 09:43 | 時事問題 | Comments(2)