悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:時事問題( 1215 )


これが記事になるって・・中国は完全に日本を舐めきってますね?の巻

中国さん、えっ!今頃気付かれたんですか?爆

前から言ってる様に根本的に物作りに於いて、日本と中国は基本的な考え方が
全く違うと言っても過言では無いんですよ!!

以前から日本の家電が軍事用に転用されてる事って沢山あるんですよ

先ずは洗濯機の静穏性は先ずロシアの潜水艦に転用され、電子レンジの電波
吸収性と言うんですか?それが今のステルス戦闘機の塗装に使われ・・と
沢山流用されてて、作った日本が唯一軍事用に使って無かっただけですよ

だから今回のGPSの事なんて驚く事は無いんです!爆

そこで先ずは今日のサーチナの記事抜粋より

日本版GPSは「わが国の北斗をしのぐ精度」、軍用レベルに相当する!=中国報道

日本の準天頂衛星「みちびき2号機」が1日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。中国メディアの捜狐は3日、この日本版GPSとも呼ばれる測位システムについて伝え、「日本は中国の北斗の精度を超える気だ」とする記事を掲載した。

a0259347_08170092.jpg
 現在、世界には4種類の衛星測位システムがある。米国の全地球測位システム(GPS)、ロシアのグロナス、ヨーロッパのガリレオ、そして、中国の北斗だ。記事は、日本がみちびき2号機を打ち上げるに至ったいきさつを簡単に説明した。

 これまで、地上の位置情報にはみちびき1号機と米国のGPS衛星が利用されてきたが、山間部や高層ビルで電波がさえぎられると、数メートルもの誤差も生じたため、日本は何としても日本版GPSを作る決意を固めたとした

 報道によると、三菱電機とNEC、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が精度の高い新たな位置測定技術を共同開発した。現在のGPSと比べ位置の測定誤差を1000分の1の1センチ程度にできるという。記事は、これが本当なら「中国の北斗をしのぐ精度だ」と驚きを示した。

 また、軍事専門家による話として、さらに複数のみちびきが打ち上げられれば、日本版GPSは24時間ずっと日本をカバーできると指摘したほか、測位システムの精度が「センチ単位」ということになれば、それは軍用レベルに相当すると主張ミサイル誘導のために正確な位置情報を送ることもできることを意味している、と危機感も示したという

 日本政府は、2017年度中に3号機、4号機も打ち上げ、18年からサービスを開始させたいとしている。今後は位置情報の精度向上が期待できそうだ。



日本じゃ世界の軍事機密レベルの商品なんて一杯溢れる程あるんですよ

今更GPSで驚くなんて日本を舐めきってるんですね~?爆
昨日も書きましたが「敵を知り己を知れば百戦危うからずや」って中国で生ま
れた孫子の兵法に書かれてるでしょ?

日本にチョッカイを出すよりも、先ず兵法が生まれた国らしくもっと勉強を
するべきですね!

そこで敵である憎き小日本の技術力の高さを知れば日本に対して手を出したく
無くなって来るはずです。

今の米軍でさえ日本の潜水艦探知能力にはお手上げ状態で逆に日本の潜水艦
の水上艦攻撃能力には勝てない!と言わせてるんですから、敵を知らなければ
最後には痛い目に合うと思いますよ
!!

日清戦争前も今と同じ様に見た目は清朝が優位に見えてましたが、結果は
歴史を見れば分かる様に日本の勝利でしたね?

これも兵法に書かれてますが、愚者は体験に学び、賢者は歴史に学ぶ!
書かれてる様に経験してからでは遅いのですよ!(笑)

もっと己を知り歴史を勉強してくださいね!

ただ、昔との違いは?と聞かれると・・今の日本の憲法では総理大臣の
許可を取ってからでないと攻撃命令が出せないのが致命的ですけどね


だから日本も1日も早く憲法を改正し、北朝鮮から発射され約7分で日本の
本土に着弾するミサイルの迎撃命令を出せる人物を作っておかなければ
間に合わないでしょうね?

とにかく頑張りましょう日本人!!! 



























[PR]

by mabo89 | 2017-06-06 08:34 | 時事問題 | Comments(0)

今の日本で何分あれば誰によって迎撃命令が出せるの?の巻

北朝鮮の度重なるミサイル実験に対して国連安全保障理事会が北朝鮮の相次ぐ
弾道ミサイル発射を受け、制裁決議を採択したことを受け北朝鮮はミサイルの
連続発射を警告
しだしましたね!

そんな事を知ってか知らずか?日本の日本海側の各地でミサイルに対しての
避難訓練が昨日の4日に行われた様です


そこで先ずは今日の時事通信の記事抜粋より

北朝鮮、制裁決議で米中非難=ミサイル「連続発射」を警告

【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は4日、談話を発表し、国連安全保障理事会が北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、制裁決議を採択したことを「悪辣(あくらつ)な敵対行為」と非難、「断罪、糾弾し、全面排撃する」と表明した。特に、決議案作成を主導した米中を「自らの利益のみ追求している」とやり玉に挙げた。

 その上で「米国とその追従勢力が正しい選択をするときまで、精密化、多様化された『主体弾』(弾道ミサイル)の雷鳴は世界を震撼(しんかん)させ、多発的、連続的に響くだろう」と警告し、今後も発射を続ける姿勢を明確にした

 談話は「(決議案は)米国が中国と長い間、協議してまとめた」と指摘。「二つの国が裏で勝手に作成した決議案を強圧的に通過させ、『国際社会の総意』として押し付けている」と主張し、「自らの利益のみを追求する強権と専横を赤裸々に示した」と批判した。




北朝鮮も戦争は望んでない!と断言する評論家や政治家が沢山居ますが、それ
を信じて100%安心しててはいけませんね

だってミサイルを撃つ方が「連続で撃つぞ~!」と言ってるんですから、やは
りそれに備えて置くのが普通だと思います


間違って1発でも日本の本土に打ち込まれたなら、場所によっては非常に危険
な事にも成り得ますからね~?

最低でもそれを迎撃できる装備をそなえる事と1番大事なのはそれを迎撃し
ろ!と判断し命令できる様にする事が大事
になって来ますね?

その為にもこうなって来たら1日も早く憲法を改正し、ミサイルの迎撃を命令
出せる人
を作って置く事が大事になって来ます。

いつ打ち込まれるか分からないミサイルではありますが、備えて置きましょう!

頑張るぞ日本人!!! 























[PR]

by mabo89 | 2017-06-05 08:58 | 時事問題 | Comments(0)

中国さん!先ずは兵法の勉強ですよ!「敵を知り己を知れば・・」の巻

今日の新聞を読んでて笑った記事は中国が悩んでる様ですね~?

それは何か?と言ったら日本やドイツが優秀なエンジンを作るのに対して
なんで中国ではそんな優秀なエンジンが作れないのか?
と言う事です。爆

そこで先ずは今日のサーチナの記事抜粋より

なぜだ! 日本やドイツは優秀なエンジンを作れるのに「中国ができない理由」=中国報道

自動車にとってエンジンは心臓部に当たる重要な部品だ。近年、中国車の品質が向上しているとされるが、エンジンそのものの競争力は依然として低いままだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、エンジンは自動車全体の品質を左右する部品であり、良いエンジンは乗り手にすばらしい体験をもたらしてくれる自動車の心臓部であると伝える一方、「なぜ中国は優れた自動車のエンジンを作れないのか」と嘆く記事を掲載した。

a0259347_09224889.jpg

 記事は、自動車市場を見渡してみれば「良いエンジンとされるのは、その大半が日本かドイツのメーカーのもの」であると指摘、中国メーカーもエンジンそのものは生産できるようになってきているものの、日独のエンジンと比べると「大きな差があるのが現状」と論じた

 続けて、エンジンと一口に言っても、その差はあらゆる点に存在するとし、金属加工の技術力やエンジンに使用される部品の精度と品質に大きな差があると指摘、こうした差がエンジンの燃費や騒音、動力性能などに差をもたらすと論じた。

 また、エンジンの組み立ての精度も「日独には敵わない」とし、日系車のエンジンは「中国人が分解して再度組み立てると、性能が大幅に落ちてしまう」と指摘し、非常に高い精度で組み立てられているため、分解するとその性能を再現できなくなってしまうのだと主張

 そのほか、日本とドイツには優れた部品メーカーが数多く存在し、部品メーカーが長期にわたって安定した品質の部品を自動車メーカーに供給できる体制があることも、日独の自動車メーカーが優れたエンジンを開発できる要因の1つではないかと主張。また、中国メーカーが日常のニーズを満たすだけの車作りを行っているのに対し、日独のメーカーは自動車を「芸術品」として扱っているとし、こうした考え方の差も「日独と中国車の差につながっている」とした




先ず中国人が気付いて無いのがおかしいのですが、基本的に国民のレベルの
違いがある事
に気付くべきでしょう!爆

日本人の物作りとは作る側の人間が使う人が考えもつかない所まで考え
えっ!そこまで要る?と言う位に考え物作りをしてますよね~


だから私も日本人で日本国内で物作りをしてる人間の1人としていつも感じて
居る事ですが、年々歳々色々な意味で基準が厳しくなり過ぎてますね

この状態が続けば日本で自由な発想で思い切った物作りは段々と出来なくなっ
てしまうのでは?と心配になって来ます


その代り日本の国内で作った物は国内の何処で作っても世界の標準以上の物が出来ると言うメリットは生まれて来るとは思いますが・・

まぁどちらが良いのか?良く分かりませんが、1番の大きな違いは作ってる
人間も使ってる人間も中国と比べ日本の場合はレベルが違うと言うのが
1番の問題でしょうね


韓国も中国もその違いに付いて先ず勉強する事ですね!

その為には先ずは正しい歴史を知りそこから世界のレベルに合わせる努力が
出来なければ何も変わる事は無いでしょうね?

とにかく頑張りましょう日本人!!! 















[PR]

by mabo89 | 2017-06-03 09:38 | 時事問題 | Comments(0)

今日は時間が無いからって決して手抜きじゃありませんよ!(爆)の巻

私の住む町もやっと重い腰を上げて民話や口伝されてる歴史やなどを町のHPで
紹介する様になりました


広陵町の民話」や衰退して行く一方の方言などがまとめられた物を町のHPで
閲覧が可能になりました。

以前から紹介してる様に、我が町広陵町はかぐや姫が生まれた町として売って
居ますが、その内容や日本で2番目に大きい前方後円墳や舒明天皇時代にまつ
わる百済寺など・・・色々なお話しなどが掲載されてます。

最近は古墳や古墳時代をを愛する若い女性達が増えて来てる様で、昨日も
平日ながら老若男女の団体がリュックを背負い近所の神社を散策してるのを見ました。

私の住む町は古墳時代から飛鳥時代に掛けて奈良時代に到達する頃が1番全盛
だったと思います


余りにも近所過ぎて見向きもしなかった神社に多くの歴史好きが集まってる
事もあり「今日は何処から来られたんですか?なんでこんな有名でも無い所に
来られたんですか
?」と聞くと、そんな人達からその神社の歴史を聞いたり・・

そこで初めてへぇ~~!と驚かされる事も多々ありました。爆

だから歴史、特に古墳時代から飛鳥時代を経て奈良時代に行くまでの歴史に
興味がある方は是非1度
「広陵町の民話」で検索してください

私も時間が出来たら一読したいと思っております。
まだ読んでないんかい?爆

サラッと目を通しただけなんで期待外れになるかも?分かりませんが
宜しくお願い申し上げます!!

それではまた・・・bye now !!

頑張りましょう日本人!!! 




















[PR]

by mabo89 | 2017-06-02 09:08 | 時事問題 | Comments(2)

中国さん!そんなに大切な文化なら自分の国でちゃんと残しとけよ!の巻

今朝の新聞記事を読みながら笑ったのが中国が起源なのにいつの間にか日本を
象徴する文化になってる物が多々あると中国の新聞が記事にしてるのが目に
留まりました


実際に沢山あると思いますが、別に私達の先祖が中国から盗んだ物では無く
影響を受けて日本風に変えて行っただけの話で
、良く有る事だと思うのですが
中国の中では日本にどこか引けを取ってると言う部分を感じてる所があるので
文句を言いたいんだ・・としか思えませんね?爆

着物も確かにそうだと思います。呉の時代の影響は多少なりとも受けてるとは
思いますが、今の中国の様にコピーした物ではありませんよね?

そこで先ずは今日のサーチナの記事抜粋より

あれも、これも日本を象徴する存在に・・・わが国が起源なのに=中国報道


日本には中国に起源を持つ文化が数多く存在する。元々は中国の事物であったものの、長い時間をかけて日本で発展を遂げ、日本を代表する文化になったものも少なくない
a0259347_08441097.jpg
 中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国の文化でありながら、日本に奪われ、そして日本を代表する存在となった文化は数多く存在する」と主張する記事を掲載した。

 過去の中国は周辺国に大きな影響力を持っていたため、日本を含めた周辺国に広く中国の文化が伝わったのであり、日本が中国から文化を奪ったわけでないのは言うまでもない。だが記事は、「日本が中国から奪った文化のなかには、日本を象徴する存在になったものも少なくない」とし、その例として畳や和服、相撲、芸妓、下駄、京都、桜、茶道などを挙げた

 たとえば畳については「もともとは漢王朝のころの中国に起源を持ち、隋や唐の時代に最盛期を迎えたが、唐の時代以降に中国では廃れたものだ」と主張。また、和服についても呉や唐の時代の服装の影響を強く受けているとしたほか、日本の国技である相撲についても南北朝時代から南宋時代にはすでに中国で同様の競技が「相撲」と呼ばれていたと論じた。

 また、京都が「洛」と呼ばれることがあるのは、北魏や晋、隋、後唐などの王朝が首都とした洛陽を模倣した都市だからだと主張、今や京都は観光都市として、世界にその名を轟かせる存在であることを伝えた。また、日本を象徴する花とされることも多い桜についても「中国が原産地である」と指摘した。

 こうした事物はいずれも「中国に起源を持ちながら、中国では廃れたか、あるいは中国を象徴する文化にはならなかったにもかかわらず、今日では日本を代表する文化として、世界で広く認知される存在になったと悔しさを滲ませつつ伝えている




この記事を読んでて感じたのは、今、日本に対して文句を言うのなら、どうし
てそんな大切な文化を残さなかったの?
と聞きたいですよね~?

それは中国の文化に有るのです!中国の歴史を見れば分かる様に、中国の文化
は破壊の文化なんですねぇ~?

1つの王朝が終わり、次の王朝になった時には前の痕跡を残さずに壊してしま
う文化があるので良い物も継承されないのです


その影響を受けた日本は良い部分は残しながら時代と共に変わって行くので
気付けばいつの間にか日本の文化の1つになってしまってるだけですよね?

現在でも良く聞くのが、インド人が言ってました。カレーはインドの文化
なのに、外国人の友達の多くが、日本の物だと思ってる・・と半分笑いながら
言ってました。

そこで、日本のカレーは美味しいか?と聞くと「これがまた美味い!」と
本人も言ってましたね!爆

基本的にカレーは元々インド発祥の物ですが、それがヨーロッパのイギリスに
渡り、イギリスから日本に伝わった様ですが、そこは勤勉な日本人です、これ
を日本人の口に合う様に変化させ、今では本場のインド人も日本のカレーは
美味しい!と言わせるまで努力したのです


だから今となっては世界中のスーパーで日本のカレールーが手に入るまでに
なったのです。

ある意味これも今となっては日本食の1つだと言っても過言ではありませんよね

その点インドは中国と違いギャアギャア言って来ないのはやはり優秀なんですね

とにかく頑張りましょう日本人!!! 























[PR]

by mabo89 | 2017-06-01 09:07 | 時事問題 | Comments(0)

北朝鮮は圧力を感じるか?と聞かれたら多分、感じない!と答えるでしょうね?の巻

今日の時事通信のニュースによると、今、日本海に居るカールビンソンが
サンディエゴに帰途につく事で西太平洋に展開している米空母「カール・ビン
ソン」と「ロナルド・レーガン」が日本海で日本海で合同訓練を開始すると報じた


これは北朝鮮に対して圧力を掛ける為ではあるが、本当に北朝鮮はアメリカの
このパフォーマンスを脅威に感じているのだろうか


多分、今の北朝鮮に幾ら見せかけの圧力を掛けても無駄な様な気がする。

昨日も仕事の関係で韓国系企業の社長と商談後に一緒に晩御飯を食べながら
色々な話をしました。

彼はまだ若いのですが、在日1世で日本の高校を卒業後に韓国の大学に進み
卒業後は韓国の商社に入り退社後に自分の会社を立ち上げた・・と言う人物で
仕事の関係で知り合い取引する様になった人です。

お互いに気を使う事無くハッキリと言い合いの出来る関係で、彼も月の内
半分は韓国で仕事をしてる様な人で、今回も2日程前に日本に帰って来た様で
今の韓国の状況や北朝鮮はの出方を色々話してくれてます。

そんな彼曰く「北朝鮮は有事になった場合、自国が壊滅させられる恐れが
ある事を承知でやってますね
!」と言い「捨て身で来る奴は危険ですよ!」と
笑ってましたが、実際そうですね

そんな中での今回の空母派遣で北朝鮮が脅威を感じるのか?と聞かれたら
私の答えはNO!ですね。

そこで先ずは時事通信の記事抜粋より

米2空母、日本海で訓練=対北朝鮮圧力強める―CNN

【ワシントン時事】米CNNテレビは30日、米国防当局者の話として、西太平洋に展開している米空母「カール・ビンソン」と「ロナルド・レーガン」が、31日にも日本海で合同訓練を開始すると報じた弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対する軍事的な圧力強化の一環だ

 CNNによると、両空母には水上艦数隻と潜水艦2隻が同行。数日間の訓練後、カール・ビンソンは米西海岸サンディエゴへの帰途に就く。当局者は「(北朝鮮に)メッセージを送る」と話している。

 これに関連して国防総省のデービス報道部長は、30日の記者会見で「空母2隻は西太平洋で規定の作戦行動に当たっている」と述べたが、詳細は説明しなかった。




捨て身で来る人間にハッタリは通用しないとお思います

圧力を掛けてるつもりのアメリカに対して、もしも北朝鮮がまたミサイル実験
をしたら


今度はアメリカが舐められた結果となってしまうでしょう。

そうなると最終的にはアメリカのマティス国防長官が言う様に軍事衝突しか
無い!と言う結果になってしまいますね~?

果たしてそれがいつか?と言う事です。

そうなると日本にとっては対岸の火事では済まない結果となります。

その心構えで居ときましょうね!

備えあれば憂いなし!!これですよ。

そんな事が起らないのが1番なんですが、流れ的に凄く緊張してますね

とにかく頑張りましょう日本人!!! 






















[PR]

by mabo89 | 2017-05-31 09:00 | 時事問題 | Comments(0)

たまには大掃除もするもんですね~?懐かしい物が出て来ました!の巻

一昨日の日曜日に家の外に吊ってある古くなった簾などを新しい物と交換する
のを切っ掛けに偶然息子を送ったついでに帰って来てた妹や嫁、その日曜日は
たまたま出かけずに居てた息子やお袋と全員での大掃除となりました。

掃除って本当に大変ですねぇ~?片付けだすとキリが無いですね?爆

古い物が一杯出て来る事・・探してた物も出て来る出て来る・・・

そんな大掃除も昨日の月曜日まで掛かってやっと終わりを迎えたのですが
出て来た物の中に懐かしいビデオが有りました。

子供が小さい時の運動会のビデオや私達の結婚式のビデオなど・・・
DVDが主流になった今、ビデオなんて見る事もなくなり捨てように捨てられず
隅っこの方に追いやられてたんだと思います。

そんな中に私が学生時代に主演した映画が出て来ました。(笑)

それを見る為にわざわざ2階の部屋の片隅に埋もれてたビデオデッキを持って
降りて来ました。爆

前から言ってる様に私は大阪芸大出身で、当時所属してたアメリカンフット
ボール部の先輩の友達で、映像学科の先輩の卒業制作の映画に出て欲しいと
依頼があり出演した時のビデオが出て来たのです。

私以外は学校で演劇を学んでる舞台芸術学科の学生が俳優として出てて
脚本は文芸学科の先輩が書き映像は映像学科の先輩が撮り・・と結構本格的な
撮影でした。

スタッフも機材も卒業制作らしく、そこらへんの学生が趣味で撮った物とは
違いクランクアップした後はその年の卒業制作の優秀作品として映像学科に
ある映画館で公開され主演男優として観賞会の後で皆が見てる中スタッフから
花束を貰ったのを思い出し最初から最後まで見てしまいました。

その後、その映画を監督された映像学科の先輩はプロの道に進まれたと思いま
す。

でも時間の経過って本当に恐ろしいですね~
最初は一緒に見てた息子も「えっ!これお父さん?爆」と今の変身した姿しか
知らない彼にとっては面白いんでしょうね?

それを横で見ていた嫁はんも「なぁ~?お父さん変身したやろ?でもな当時は
それなりにカッコ良かったんやで
!」と褒めてくれてるのか?馬鹿にしてるの
か?って言う状態ですね~!


最初は皆で見てた筈が途中で嫁が風呂に入り、息子はトイレに行ったのかな?
と思ってたら2階に上がって降りて来ず・・結局最後まで見てたのは私1人
でした。(笑)

でも本当に懐かしく、30数年たった今でもその映像を見た時に、セリフが
チャンと言えたり、撮影した場所も何処で撮ったかも鮮明に思い出せました。

その時の出演者は売れてませんが卒業後にプロとして俳優や役者になって
ましたね~!

今考えるとそう言った意味では芸大って結構面白い学校でしたね!

色々な経験も出来たし、個性的な奴も多かったので飽きませんでした。爆

でもこれだけは大きな声で叫びたいのは、あの筧 敏夫大学での同級生
でしたが、当時は絶対に彼よりはモテたぞ~~~!


イヤ!モテてた筈や!多分、モテてたと思うは・・所でモテてたかなぁ~
知らん!ちゅうねん。爆

まぁ今日はこれぐらいで堪忍しといて下さい!大爆笑

頑張りましょう日本人!!! 




















[PR]

by mabo89 | 2017-05-30 08:33 | 時事問題 | Comments(0)

アメリカのハッタリがバレて来てるし、中国も尖閣に大型武装船を増やして来てるぞ!の巻

北朝鮮がまたミサイルの発射を行った様ですね~?

今回のミサイルは日本の排他的経済水域内(EEZ)に着水したとの事ですが
アメリカの空母派遣がハッタリであった事に気付いた北朝鮮は今後増々アメリ
カの存在など気にせずドンドン挑発をして来ると思います


実際にアメリカのマティス米国防長官が北との戦争になったら壊滅的な状況に
なる懸念を示したのが良い証拠で北は敏感にそれを感じ取ってるのでしょう!

マティス米国防長官も北との戦争になる事を避けたいのが本音だと言うのが
分かる様に、今のアメリカにとって極東のアジアで戦争をするだけのお金も
無いし、する意味も見いだせてないのが現実だと思います


しかし、安倍首相は米国と話し合い、そして協力し合って行動に出る!」と
言ってますが、アメリカは多分なにも行動には出ないと思いますね!(笑)

そこで先ずは今日の時事通信の記事抜粋より

北朝鮮との戦争「壊滅的」=米国防長官

【ワシントン時事】マティス米国防長官は28日、CBSテレビのインタビューで、核開発を続ける北朝鮮との軍事衝突が起きれば「壊滅的な戦争」になると警告した。また、北朝鮮の弾道ミサイルなどの技術が向上しつつあるとの見方を示し、「米国の直接的な脅威だ」と強い懸念を示した。

 マティス氏は、戦争になれば、北朝鮮の脅威が日本や韓国だけでなく、中国やロシアにも広がると指摘。米国が軍事行動に踏み切る期限はあるのかと問われても回答を控え、レッドライン(越えてはならない一線)を引かず、中国と連携して問題に対処する方針を強調した




この記事を読んでも分かる様に、アメリカも中国と連携して・・・と書いてる
様に、アメリカが北朝鮮と戦闘状態になった時に中国が北朝鮮のバックアップ
するのが見えてるので手が出しにくい部分もあるのでしょうね

そうなって来ると、日本は一体どうすれば良いと思いますか?

今こそ考える時だと思うのです。もしもこの現状でアメリカが日本の知らない
部分で中国と裏で手を結んでたら・・・


政治なんて分からない部分が多々あるので後になってから実は・・あの時
裏ではこうこうでした・・!と言う話も多いので気を付けなければいけませんね!

日本はやはり1日も早く戦法を改正し、最低でも独立国家として自国を自力で
守れる体制作りをし、アメリカさんの顔色を見ながらあたふたする事が無い様
に頑張って欲しいものですね


とにかく頑張りましょう日本人!!! 






















[PR]

by mabo89 | 2017-05-29 09:28 | 時事問題 | Comments(0)

中国は何をしたいの?でも言い当ててる部分もなるね~?の巻

北朝鮮に続き緊張を高まらせている国がある!それは中国ですね~

今回もまた米軍機に対して異常接近を繰り返し緊張を高めています。

そこで先ずは今日の産経新聞の記事抜粋より

【緊迫・南シナ海】中国軍機、南シナ海で米軍機にまた異常接近

【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省のロス報道官は26日、南シナ海の国際空域を飛行していた米海軍のP3哨戒機が中国軍のJ10戦闘機2機から「危険で慣行に反する妨害行為」を受けたと発表した。作戦行動への支障はなかったとしている

 米国防当局者がAP通信に語ったところでは、2機のJ10のうち1機は緩やかに旋回しながらP3の前方約180メートル、上方約90メートルの位置まで接近。もう1機はP3の右翼端から約690メートルの位置につけていた。

 ロス報道官は「事実関係を改めて確認し、適切なルートを通じて中国政府に懸念を伝える」と表明した。

 南シナ海では今年2月にもスカボロー礁(中国名・黄岩島)付近の上空を飛行していたP3に中国軍機が異常接近したほか、今月18日には東シナ海の上空で米空軍の大気収集機WC135が中国軍のスホイ30戦闘機2機に異常接近された




これは1つ間違えば戦闘状態になってもおかしくない行動で中国は一体なにを
したいのかが分からない行動ですね?

そんな中国ではありますが、まともな事も言ってます

そこで今日のサーチナの記事抜粋より

中国人から見て、日本が遅れていると思うものを10個挙げてみた=中国メディア

時代の流れとともに、日本と中国の関係性は変化してきた。ひと昔前の中国は日本から見れば後進国であったが、今では経済規模で日本を逆転し、日本の先を行く分野も出てきている。中国メディア・今日頭条は25日、日本が遅れている点について紹介する記事を掲載した。

a0259347_09021748.jpg

 記事は日本が遅れている点を10個紹介している。1つ目は「人口1人あたりの高速道路距離」を挙げた。記事によれば、中国の人口1人あたりの高速道路距離は日本の1.33倍だという。そして、中国は世界最大の高速道路ネットワークを持つ国でもあるとした。

 2つ目は「イノベーション精神」だ。日本ではさまざまな事物が大手企業によって独占状態となっているほか、一たび創業に失敗すると終生個人の信用に影響を与えかねず、銀行が融資をしてくれないなどの不利益を被るリスクがあるため、創業やイノベーションに対して積極的なムードが生まれないというのがその論拠のようだ

 3つ目は「仕事の効率の低さ」とした。冗長で雑多な組織的プロセスに加え、保守的な考え方に基づいた非効率的な残業により、仕事の効率が低いとしている。4つ目は「クラウドコンピューティング、ビッグデータ」と挙げた。これらの業界は主に米中の覇権争いの様相を呈しており、日本ではこの分野の大企業が育っていないと説明した。

 5つ目は「モバイル機器の製造」を、6つ目は「キャッシュレスサービス体系」を、7つ目は「スマホの国産アプリ」を、8つ目は「ウェブサイトのデザイン」を挙げ、それぞれ中国あるいは世界から遅れを取っていると伝えた。そして9つ目は「男子至上社会であること」、10個目は「個人の社会的責任感」について触れている。

 選ばれた10個の中に、中国ご自慢の高速鉄道が入っていないのは何となく不思議な感じがする。そこには日本の新幹線に対するリスペクトがあるのかもしれない。ともあれ、今の日本と中国にはそれぞれ進んでいる部分と、遅れている部分が存在するはず。政治的な対立は抱えつつも、互いに認め合い、高め合っていくべきではないだろうか。



記事に書いてある様に、日本から見れば少し前までは後進国のイメージが強い
中国ですが、ここ数年間で近代化し、先進国の仲間入りしたのは事実です。

その要因としては日本で物作りをしている私としてはこの文中で指摘された
事に頷ける事が有りますね~!

特に文中にある2番と3番の項目がそうですね!!

新しい事を生み出そうとした場合、勿論失敗する事も多々あると思います。
しかし、日本では言いアイデアを出す人が居てもその人が1回失敗すると
信用を落としてしまうので、慎重になる上に慎重になり過ぎて結局は挑戦を
避け結局なにもしないままで終わってしまう・・・

だから日本ではアメリカンドリームの様な結果は出ないのです。

3番目は全てに於いて効率が悪いって事ですが、今の日本はまさにその通りで
す。

昔なら得意先には部長やMDと言った役職を持つ人が居て商品の仕入れや
企画で絶対的な権力を持ち、その人のツルの1声で商品も決まったのですが
最近の部長やMDと言う肩書を持つ人は名前だけで1担当者と全く変わらない
人が増えましたね


結局リスクを避け責任をメーカー責任にしかできない腹の据わった人が
本当に減りました


それを見ても分かる様にアメリカの空港でTVを数千台導入するとなった時
日本の家電メーカーが韓国のサムスンに負けたのが良い例です。

1営業マンが数億円の決裁権を与えられ営業に行ってるのに対して、日本の
営業マンは数億円ともなると、1度本社に持ち帰り課長を始め部長や役員の
決済判を貰わなければ決済できない=答えを持って帰った段階で既に韓国
のサムスンに負けてる!と言うのが良い例です。

中国の言う事ですが、実際に負けてる部分が有るのは素直に認めて改革
出来る所はしっかりと改革して行かなければ絶対に駄目だと思います。

とにかく頑張りましょう日本人!!! 































[PR]

by mabo89 | 2017-05-27 09:22 | 時事問題 | Comments(0)

段々アメリカが信用できなくなって来てますね~?の巻

ここに来てアメリカの対北朝鮮の圧力がハッタリであった事を見透かされて
しまった今、中国に近寄りながらもパフォーマンスとも取れる航行の自由作戦
をしてますが、中国にも舐められて来てる様に感じるのは私だけでしょうか


今回の航行の自由作戦は昨年の10月以降初めてで久しぶりに行ったのですが
トランプ政権は中国の習近平体制を必要以上に刺激しないよう、一定の配慮を
したとも推察できる程度でしたね


そこで先ずは産経新聞の記事抜粋より

米、中国の軍事膨張阻止 「航行の自由作戦」 対北連携への影響も意識

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権が24日南シナ海で「航行の自由作戦」(FONOPS)に踏み切ったのは、北朝鮮問題をめぐる中国との連携に悪影響が出る恐れを意識しつつも、北朝鮮問題での協力と引き替えに南シナ海での中国の軍事的膨張を容認するという「誤解」が定着するのを食い止める狙いがあるとみられる

a0259347_08141291.jpg
 しかし今回、南シナ海に派遣されたのは、オバマ前政権が2015年10月~16年10月にかけて4回実施した作戦と同様、ミサイル駆逐艦1隻だけだ。また、米国防総省のデービス報道部長は24日、今回の作戦について「航行の自由作戦は1つの国を対象にしたものではなく、政治的立場を表明するものでもない」などと述べるにとどまり、作戦実施の事実を公式に確認しなかった。

 こうした点を見る限り、トランプ政権は中国の習近平体制を必要以上に刺激しないよう、一定の配慮をしたとも推察できる。

 トランプ政権にとって北朝鮮の核・ミサイル問題は安全保障分野での最重要課題だが、中国による北朝鮮への働きかけの結果は直ちには見えそうにない。今の時点で作戦を決行したのは「作戦の早期実施」を求める議会の圧力や、太平洋軍からの突き上げをかわす思惑もあったとみられる

今後注目されるのは、トランプ政権がどれほどの規模と頻度で作戦を続行していく意思があるかだ。

 オバマ前政権時代に実施された作戦は、1度に複数の艦艇を派遣することはなく、約3~5カ月に1回程度しか実施されなかったことから、対中強硬派の議員などから「不十分」との批判が上がっていた。

 トランプ氏がどこまで南シナ海での「航行の自由」を追求する意思があるのかは、今後の作戦のあり方

次第といえる





今回の作戦は私的にはアジア諸国に対するアメリカはやってるんだぞ!
アピールする為だけの行動にしか感じないのは私だけですかね

対北朝鮮問題で段々とアメリカは北に対して攻撃は掛けない!と言う事が
分かって来ましたね~!

実際に戦闘状態になる事は避けられますが、アメリカが行動に出ないのを
良い事に北朝鮮は増々増長して行く事は間違いありませんね?

日本人が気付かない内に下手すりゃ裏でアメリカと中国が手を結んでた
と言うのがこのストーリーの落ちにならなければ良いのですが、多分
結果的にはそうなってる様な気がします


そう言った意味でも日本としては1日でも早く憲法を改正し、自国を自力
で守れる国にして行くべきですね


決して戦争をしよう!と言ってるのではないのだけは理解して下さいね?

日本とだけは戦争をしたくないと言う国になりましょう!と言ってるだけですから・・

とにかく頑張りましょう日本人!!! 



























[PR]

by mabo89 | 2017-05-26 08:34 | 時事問題 | Comments(0)