悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中国は何をしたいの?でも言い当ててる部分もなるね~?の巻

北朝鮮に続き緊張を高まらせている国がある!それは中国ですね~

今回もまた米軍機に対して異常接近を繰り返し緊張を高めています。

そこで先ずは今日の産経新聞の記事抜粋より

【緊迫・南シナ海】中国軍機、南シナ海で米軍機にまた異常接近

【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省のロス報道官は26日、南シナ海の国際空域を飛行していた米海軍のP3哨戒機が中国軍のJ10戦闘機2機から「危険で慣行に反する妨害行為」を受けたと発表した。作戦行動への支障はなかったとしている

 米国防当局者がAP通信に語ったところでは、2機のJ10のうち1機は緩やかに旋回しながらP3の前方約180メートル、上方約90メートルの位置まで接近。もう1機はP3の右翼端から約690メートルの位置につけていた。

 ロス報道官は「事実関係を改めて確認し、適切なルートを通じて中国政府に懸念を伝える」と表明した。

 南シナ海では今年2月にもスカボロー礁(中国名・黄岩島)付近の上空を飛行していたP3に中国軍機が異常接近したほか、今月18日には東シナ海の上空で米空軍の大気収集機WC135が中国軍のスホイ30戦闘機2機に異常接近された




これは1つ間違えば戦闘状態になってもおかしくない行動で中国は一体なにを
したいのかが分からない行動ですね?

そんな中国ではありますが、まともな事も言ってます

そこで今日のサーチナの記事抜粋より

中国人から見て、日本が遅れていると思うものを10個挙げてみた=中国メディア

時代の流れとともに、日本と中国の関係性は変化してきた。ひと昔前の中国は日本から見れば後進国であったが、今では経済規模で日本を逆転し、日本の先を行く分野も出てきている。中国メディア・今日頭条は25日、日本が遅れている点について紹介する記事を掲載した。

a0259347_09021748.jpg

 記事は日本が遅れている点を10個紹介している。1つ目は「人口1人あたりの高速道路距離」を挙げた。記事によれば、中国の人口1人あたりの高速道路距離は日本の1.33倍だという。そして、中国は世界最大の高速道路ネットワークを持つ国でもあるとした。

 2つ目は「イノベーション精神」だ。日本ではさまざまな事物が大手企業によって独占状態となっているほか、一たび創業に失敗すると終生個人の信用に影響を与えかねず、銀行が融資をしてくれないなどの不利益を被るリスクがあるため、創業やイノベーションに対して積極的なムードが生まれないというのがその論拠のようだ

 3つ目は「仕事の効率の低さ」とした。冗長で雑多な組織的プロセスに加え、保守的な考え方に基づいた非効率的な残業により、仕事の効率が低いとしている。4つ目は「クラウドコンピューティング、ビッグデータ」と挙げた。これらの業界は主に米中の覇権争いの様相を呈しており、日本ではこの分野の大企業が育っていないと説明した。

 5つ目は「モバイル機器の製造」を、6つ目は「キャッシュレスサービス体系」を、7つ目は「スマホの国産アプリ」を、8つ目は「ウェブサイトのデザイン」を挙げ、それぞれ中国あるいは世界から遅れを取っていると伝えた。そして9つ目は「男子至上社会であること」、10個目は「個人の社会的責任感」について触れている。

 選ばれた10個の中に、中国ご自慢の高速鉄道が入っていないのは何となく不思議な感じがする。そこには日本の新幹線に対するリスペクトがあるのかもしれない。ともあれ、今の日本と中国にはそれぞれ進んでいる部分と、遅れている部分が存在するはず。政治的な対立は抱えつつも、互いに認め合い、高め合っていくべきではないだろうか。



記事に書いてある様に、日本から見れば少し前までは後進国のイメージが強い
中国ですが、ここ数年間で近代化し、先進国の仲間入りしたのは事実です。

その要因としては日本で物作りをしている私としてはこの文中で指摘された
事に頷ける事が有りますね~!

特に文中にある2番と3番の項目がそうですね!!

新しい事を生み出そうとした場合、勿論失敗する事も多々あると思います。
しかし、日本では言いアイデアを出す人が居てもその人が1回失敗すると
信用を落としてしまうので、慎重になる上に慎重になり過ぎて結局は挑戦を
避け結局なにもしないままで終わってしまう・・・

だから日本ではアメリカンドリームの様な結果は出ないのです。

3番目は全てに於いて効率が悪いって事ですが、今の日本はまさにその通りで
す。

昔なら得意先には部長やMDと言った役職を持つ人が居て商品の仕入れや
企画で絶対的な権力を持ち、その人のツルの1声で商品も決まったのですが
最近の部長やMDと言う肩書を持つ人は名前だけで1担当者と全く変わらない
人が増えましたね


結局リスクを避け責任をメーカー責任にしかできない腹の据わった人が
本当に減りました


それを見ても分かる様にアメリカの空港でTVを数千台導入するとなった時
日本の家電メーカーが韓国のサムスンに負けたのが良い例です。

1営業マンが数億円の決裁権を与えられ営業に行ってるのに対して、日本の
営業マンは数億円ともなると、1度本社に持ち帰り課長を始め部長や役員の
決済判を貰わなければ決済できない=答えを持って帰った段階で既に韓国
のサムスンに負けてる!と言うのが良い例です。

中国の言う事ですが、実際に負けてる部分が有るのは素直に認めて改革
出来る所はしっかりと改革して行かなければ絶対に駄目だと思います。

とにかく頑張りましょう日本人!!! 































[PR]

by mabo89 | 2017-05-27 09:22 | 時事問題 | Comments(0)
<< アメリカのハッタリがバレて来て... 段々アメリカが信用できなくなっ... >>