悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やっぱり中国らしい卑怯な手を使って来るね~?の巻

中国はやっぱり共産主義の国だなぁ~?と思わせる記事が掲載されてますね!

7年前のゼネコンのフジタの事件と同じで、今回は地質調査の依頼を受けて
調査に行ってた6人がスパイ容疑で逮捕されたと言うのです。

北京の外交筋によれば、この6人は外交カードとして使われる事を理解しとい
た方が良いと伝えてる様です。

今後もこんな依頼を受けても日本の会社としては断る事も必要になって来る
と思いますね~!

日中関係が悪くなればなるほど中国はこんな卑怯な手を使って来る事は簡単に
想像できますからね


そこで先ずは今日の産経新聞の記事抜粋より

中国による邦人拘束、また外交カード化か 党大会控え日米安保・台湾で牽制

【北京=藤本欣也】中国で日本人6人が拘束された事件をめぐり、中国当局による政治利用が目的との見方が浮上している。今年後半に中国共産党大会を控え、習近平指導部は外交面での失点は許されないだけに、台湾など核心的利益に関わる問題で日本を牽制(けんせい)しておくのが狙いというものだ。北京の外交関係者は「習指導部が拘束者を“外交カード”として保持し利用すると見ておいた方がいい」と指摘している。

 拘束された6人のうち4人は地質調査会社の社員。3月に山東省と海南省で温泉開発の地質調査を行っていた。容疑は不明だが、スパイ行為などの国家安全危害容疑の可能性がある。

 今回の事件との類似性が指摘されるのが、2010年9月、準大手ゼネコン「フジタ」(東京都渋谷区)の社員4人が河北省石家荘市で拘束された事件だ。4人は旧日本軍の遺棄化学兵器関連事業の入札に参加するため、下見をしていたところを拘束された。

 中国当局は「軍事管理区域で撮影していた」と主張したが、その13日前に尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で起きた中国漁船衝突事件で、日本が中国人船長を逮捕したことへの対抗措置だったのは明らか日本が船長を釈放すると、中国も4人を2回に分けて解放した。民間人拘束を“外交カード”として使ったのだ

 3月に拘束された6人の現在の状況は分かっていない。11〜20日間拘束されたフジタの社員たちは解放後、「ホテルや軍の宿泊施設で過ごした」「2人の監視員に24時間態勢で見張られた」「食事に不自由しなかった」と証言している。

 今回、漁船衝突事件のような懸案は確認されていない。ただ、6人が拘束された3月当時はトランプ米大統領と習氏の初会談前で、日米の関係強化が先行。2月の日米首脳会談では、日米安全保障条約第5条の尖閣諸島への適用が初めて共同声明に明記されていた。

 台湾をめぐっても、日本の対台湾窓口機関「交流協会」が1月、「日本台湾交流協会」へ名称変更。中国は台湾を国のように扱う日本への反発を強めていた



以前から中国では難癖を付けては法人を拘束し、事件の無い様によっては治外
法権を盾に拘束後1週間もしない内に死刑にされてるケースもありますね


尖閣沖で船長を拘束した時が特に酷く、覚せい剤の容疑で捕まえた日本人を
アッと言う間に死刑にしたのはしっかりと記憶に残ってます。

今後も日中関係が悪化すればするほど言い掛かりの容疑で引っ張られ、場合に
よっては直ぐに死刑!とされる場合があると思うので、中国に旅行を考えて
おられる方は気を付けた方が良いと思います。

中国では車に轢かれた幼女を数台の車が続けて轢き最後に助けた老婆が罪に
問われる国ですから、日本人が偶然に死亡事故に出会い被害者に手を差し伸べ
たら責任を転嫁される可能性もあるので要注意ですよ


まぁあの船長を逮捕した時の政権が当時の民ス党で現在の民進党でしたから
外交政策も頼りない時代でした


それを選んだ日本国民が1番悪いのですが、あの時に毅然とした対応が出来て
たら今回の様な言い掛かりによる拘束も無かったのではないでしょうか?

とにかく頑張りましょう日本人!!! 
























[PR]

by mabo89 | 2017-05-25 09:04 | 時事問題 | Comments(0)
<< 段々アメリカが信用できなくなっ... 文大統領!足元をしっかり固めん... >>