悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

灯台下暗しって事が実際にあるんですねぇ~?の巻

今日の朝日デジタルに面白い記事が掲載されてましたね~?

灯台下暗しと言う言葉がピッタリと言うか、何と言うか・・爆

皆さんも良くご存知の日本産の「サザエ」って正式な学術名が無かった事が
分かった様です!

そこで朝日デジタルの記事抜粋より

日本のサザエ、「新種」だった 学名あったのは中国産

国内でおなじみの貝「サザエは実は学名がない「新種」だったことを岡山大の研究者が突き止め、19日発表した。18世紀に欧州の学者が残したスケッチと記述をもとに付いた名が使われていたが、これが実は中国産サザエだったという。新学名は「サザエ」になった
a0259347_10170671.jpg
サザエは日本、韓国沿岸の種と、中国南部沿岸の種に大別され、とげの長さや並び方など外見で容易に見分けられる。日本のサザエはこれまで1786年に英国の博物学者が付けた「トゥルボ・コーヌトス」とされていた。しかし、岡山大の福田宏准教授(貝類分類学)が原典をインターネットで調べたところ、そのスケッチは明らかに中国産の特徴を備え、産地も「中国」と書かれていた

 以降、1995年までにサザエについて記されたほぼ全ての文献を精査、日本沿岸のサザエには正式な学名がないことを論証した。

 名前がなかった背景には(1)持ち帰られた標本を中心に研究された(2)当時日本は江戸時代で鎖国をしており、日本のサザエが欧州人に入手困難だった(3)ネットが普及するまでは古い文献の閲覧が非常に難しかった、ことなどがあるという

 福田さんは日本沿岸のサザエを「トゥルボ・サザエ」と命名。16日、国際学術誌に掲載されて正式名になった。「こんな身近な貝に名前がなかったとは思わなかった」と驚いている。




これを読んで、えっ!今更ですか~?って思いませんでしたか?

昔より、普通にサザエと言えば日本人なら普通にサザエが連想できますが、
学術的には普通に食べてるサザエが「新種」と言う事になる様ですね

今迄、誰もそれに気付いて無いと言うのも逆に凄い発見だと思います。

まぁ食べるのに学術名なんて関係は無いんですが、こんな身近にあるが故に
逆に皆が勝手に学術名が有るもんだと思い込んでたって事ですよね?

だから何?って事は無いんですが、今日はこの記事を読んでて灯台下暗しと
言う諺を再度確認出来た事を喜んでるだけです。爆

皆様もこれを機会に色々な物を研究して見れば身近にある物が実は新種だった
となるかも?分かりませんよ!

頑張りましょう日本人!!! 



























[PR]

by mabo89 | 2017-05-20 10:28 | 時事問題 | Comments(0)
<< 目付きが変な奴を見たらかかわら... しかし韓国と言い中国と言い鬱陶... >>