悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本政府は一体どうしたいの?かをハッキリ言えよ!!の巻

北朝鮮がミサイルを発射しましたが、日本のTVでは1割が北朝鮮のミサイルで
残りの9割は日馬富士の問題ばかりが取り上げられてる様な感じがしますね?

国民が興味を示さないのか?それともメディアが意図的に取り上げないのか
良く分かりませんが、本当に北朝鮮問題を取り上げる比率が少ない様に思うの
は私だけでしょうか?

そこで私が思うのは、北朝鮮のミサイル問題ですが、日本政府としては一体
どうしたいのか?どうしようと思ってるのか?が全く見えません


と思っていたら元国連大使の佐藤氏インタビューの記事を見ました。

佐藤氏が文中で言う様に日本は国土防衛と言う点では「日本は東西冷戦期から
米国任せにして、抑止戦略の現実と向き合うことを避けてきた
」と言って
ますが、全くその通りだと思います。

避けて来た事で日本の外交がドンドン弱腰外交へとなって行ったのだと思います

そろそろ現実から目をそむけずに日本政府としてどうして行くか?と言う
事を明言して行かなくては行かない時期に来てると思います。

そこで今日の産経新聞の記事抜粋より

【北ミサイル】「日米同盟の抑止力強化を」 佐藤行雄元国連大使インタビュー

北朝鮮による核・ミサイルの挑発に、米国の「核の傘」に依存する日本は何をなすべきか-。

 安全保障や軍備管理にからむ外交交渉に長年携わってきた佐藤行雄元国連大使(78)が産経新聞とのインタビューに応じ、北の核の脅威が現実となった今こそ、米国が日本に提供する「拡大抑止」の実効性と信頼性が試されていると指摘。日本は防衛力整備と米国との緊密な防衛協力を通じて「日米同盟の抑止力」の強化に努力すべきだと強調した。(渡辺浩生)

a0259347_10250054.jpg

 佐藤氏は今年7月、日本の抑止戦略の変遷と提言をまとめた「差し掛けられた傘 米国の核抑止力と日本の安全保障」(時事通信社)を出版。25日に日本防衛学会「猪木正道賞」特別賞を受賞した。

 著作には、佐藤氏が外務省の報道課員だった1966(昭和41)年2月、当時の椎名悦三郎外相が「日本は米国の核の傘に入っているのかという質問に対して、「傘は差し掛けられることもある」と答えたエピソードが紹介されている。

 佐藤氏は「核の傘は米側の意図によるもので、日本が頼んだものではないという長年日本人に染み着いた意識が椎名氏の言葉に表れているとし、それが著作のタイトルにもなった。

 日本は唯一の被爆国として非核三原則(核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず)を国是としつつ、核の脅威への対応は米国の核抑止力の対象を同盟国日本にまで広げる「拡大抑止」に依存している。しかし、佐藤氏は「日本は東西冷戦期から米国任せにして、抑止戦略の現実と向き合うことを避けてきた」と指摘。

 実際、日本政府が米国の拡大抑止を「不可欠」と位置づけ、その信頼性向上のために米国と緊密に協力する姿勢が初めて打ち出されたのは2010(平成22)年、「防衛計画の大綱」の決定だった。政策転換は「日本人の防衛意識の変化、とりわけ北朝鮮の核ミサイル開発と中国の軍事拡張への警戒感が大きかった」。

 安倍晋三政権が13年に閣議決定した「国家安全保障戦略」と防衛大綱は、米国の抑止力に加え、日米の防衛協力や日本独自の防衛力を一体ととらえて対処する「日米同盟の抑止力」という概念も初めて示した。その後、「日米防衛協力の指針(ガイドライン)」の日米合意、安全保障関連法制の施行を通じて、同盟の抑止力を強めていく態勢が整う。「これらの法制度がなかったら、北の核の脅威が高まる今日、防衛協力を強く求める米国の圧力を前に背筋が凍る思いをしていたはずだ」と語る。

 来年にも北朝鮮が米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発に成功する可能性があるが、「冷戦期の米ソ間のような『相互確証破壊戦略』に基づく相互核抑止を米国が認めるはずはないし、トランプ政権は米国や同盟国を北の核の脅威にさらすことを許さない」と強調。「北が攻撃する兆候を見せれば、ためらうことなく壊滅的攻撃を加えるだろう」と予測した。

 佐藤氏は、日本の核武装論について、「議論はすべきだが、現実的選択肢ではない。日米安保条約と本来両立せず、核拡散防止条約(NPT)体制も揺るがしかねないからだ」と断言。「ミサイル防衛の強化をはじめ、日米同盟の抑止力の信頼性を高める努力に専念すべきだ」と訴えた。




確かにアメリカとの「日米同盟の抑止力」も大切ですが、先ずは日本が1つの
独立国家として、国を守る為に何をどの様にして行くかを決めるのが1番で
それに伴う犠牲も出るでしょうが、それはどこの国もやってる事ですね


まぁ今の日本人では自分さえ良けりゃ良い!と思ってる人も多い中でそれを
言う事は難しいかも知れませんが、うやむやにせずハッキリと言うべき事
ですね?

政治家も逃げちゃ駄目です。

ただ日馬富士の問題も同じで、確かに怪我をさせた事は非常に悪いしカラオケ
のリモコンで叩くと言うのはもっての外ですが、日馬富士も先輩達から躾と
言う名目
で仕込まれて来てると思います。

そんなやり方は日本人の先輩によって教えられたやり方だと思いますね

時代が違うと言っちゃそれで終わりですが、多かれ少なから特にスポーツの
中では多少の愛の鞭は実際あるのが当たり前です

今の時代はそれを言った人が悪者になる時代ですが時と場合によっては
必要な時があると思う私は古いのでしょうか?


そんな中での「多少の犠牲が出るかもしれない?」と発言するのは本当に
勇気が要るとは思いますが、どこかで誰かが言わなければならない日が必ず
来ると思います。

とにかく私達一般市民も気を引き締めて行きましょう!

最後に小野田元少尉の言葉を腹に刻み込んでおきましょう!

私は戦場で30年生きる意味を真剣に考えた
戦前人々は、命を惜しむな!と教えられた、死を覚悟して生きた。
戦後日本は何かを命がけでやる事を否定してしまった
覚悟をしないで生きられる時代は良い時代である
だが死を意識しない事で日本人は生きる事をおろそかにしてしまっては
いないだろうか?」


頑張るぞ日本人!!! 

























[PR]

by mabo89 | 2017-11-30 10:43 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by zner at 2017-11-30 12:11
この元国連大使の佐藤さんの発言に付いては、
日本が政治的にそれを望んだというより、アメリカが望んだ事であり、事実です。
ですので、一概に日本の政治姿勢に誤りがあるとは言い切れません。

問題は第二次大戦と朝鮮戦争が原因にもなっています。
アメリカは少なくともその後の冷戦構造が発生する可能性をある程度は読み切っていたそうですが
露骨にそうなるとは思ってはいなかったようです。
とは言え、その冷戦構造の原因を作ったのはロシアです。

そして、この冷戦構造の局地的最前線は北朝鮮と韓国です。
日本は、冷戦構造の壁の一歩手前にある国なので、何より優先された事は、経済構造がしっかりした国、産業、商業等がしっかりとした国造りが優先できるように、外の世界で何が有ろうと関わらせないようにアメリカが仕向けてきました。
余計な国際社会の不安に巻き込まずに、アジア筆頭の国家を構築する事をアメリカが望んでいたわけです。

早い話が、戦争は補給線を絶たれたら敗北決定です。
アメリカは日本に対し、極東アジアに於ける補給線という絶対的な生命線を預ける事にしたんです。
その代わり、アメリカは日本を守りますよ・・・と
とは言え、ベトナム戦争とか湾岸戦争等が原因で、何か有ってからじゃなければ動けないのが今のアメリカなんですけどねw

あと、この記事に一部ヒントが書かれていますが、
実は、日米には特定のサイクルが有ります。
このサイクルは、基本に経済政策が絡んでいます。
一番判り易いのは、中曽根康弘元総理大臣の時代を調べると、
あ~なるほどね、と納得できる話が見えて来ますw
Commented by mabo89 at 2017-11-30 22:55
znerさん中曽根時代の時はまさにそうでしたね?
私が1番言いたいのは時代は常に変わってるのに
余りにも日本がそれを無視してて変わろうとしない
部分を感じるんです。
戦後70年も経ってるんですから、そろそろ変わる
努力をする時だと思います。
1番最初のチャンスは吉田茂の時にチャンスは
あったのに…と言う思いがあるのですが…
<< 韓国さん!日本叩きと言う種が韓... で、日本としてどうするの?の巻 >>