悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

長いお盆休みも終わり後半戦のスタートですね!の巻

長かったお盆休みも明けて、いよいよ後半戦のスタートとなりました。

皆様は今年のお盆はどこかにお出かけになったでしょうか?
うちはお盆休みの初日に妹の住む吉野川で1軒の親戚の家族とBBQをしただけ
です


今年のお盆休みは北朝鮮のミサイル問題など色々動きが有りましたね?
場合によっては15日あたりにミサイルが発射されるのではないか?と心配され
ましたが、北の刈り上げ君も踏みとどまった様ですね?

韓国は韓国で売春婦像を公共機関のバスに乗せたのが話題になったり徴用工の
設置を日本大使館の前にするぞ!と騒いでたり、それほど日本が嫌ならさっさ
と韓国側から国交の断絶を宣言してくれれば良いのに・・・


と色々あったのですが、私が1番ショックなのは終戦記念日の15日に国会議員
の大臣クラスが誰1人も靖国神社に参拝してない事が1番ショックですね!

支持率がやっと戻って来た安倍内閣としては靖国参拝でバッシングを受けて
また支持率が下がるのを避ける為だとは思うのですが、なんで日本の為に
若い命を捧げてくれた英霊に対して参拝をするのが駄目なのか?私には全然
理解できません


そんな時に産経新聞の記事に目がとまりました。

そこで今日の産経新聞の記事抜粋より

「靖国神社のような戦死者追悼の場は世界中にある」終戦の日にサンマリノ共和国の駐日大使が講演

「終戦の日」の15日、大阪市住之江区のオスカーホールで「終戦72年 戦没者追悼祈念講演会」が開かれ、イタリア半島中部にあるサンマリノ共和国のマンリオ・カデロ駐日大使が「世界が求める日本の心」と題して講演した

a0259347_09084061.jpg
 講演会は「日本会議大阪」などが企画。遺族や市民ら約200人が熱心に耳を傾けた。

 靖国神社(東京)の境内で開かれる骨董(こっとう)市によく出かけるというカデロ大使は「アメリカのアーリントン国立墓地やフランスの凱旋門(がいせんもん)など、靖国神社のような国を守るために戦って亡くなった人のメモリアルな施設は世界中にある。参拝して何が悪いのでしょう」などと話した。

 また、日本の若い世代に向けて自分の国をよく知らないのに留学するのは危険。日本人にとって神話や歴史は財産ですから自国に誇りを持って勉強してください」とアドバイスした。




そうなんですよ!マンリオ・カデロ駐日大使が言う様に日本の国の為に若い命
を捧げてくれた英霊に対してお参りする事は何も悪くないんです


日本位でしょうね?そう言った英霊に対して礼を払う事が悪い事だと思ってる
人達が多い国は・・・

誰も行きたくって戦争に行った人間なんて1人も居ないと思います。
誰も死のうと思ってた人は1人も居ないと思います。

でも行かざるを得ない状況だったのです。それが戦争なんです
だから誰も戦争を肯定する人は居ないと思いますがしかしせざるを得ない
状況から逃げてはいけない時もあるのです


どちらにしても先の大戦で命を落とされた兵隊さんや国民が安らかに
眠られん事を切に願うばかりです。

そんな人達の尊い犠牲を礎に今を生きる私達は一生懸命この日本と言う国を
背負って生きなければいけないのです


先人達が命を懸けて守ろうとしてくれた日本人としての誇りを守って
行かなければいけない時だと思います。

とにかく頑張りましょう日本人!!! 

後半戦も頑張るぞ!!! 


















[PR]

by mabo89 | 2017-08-17 09:23 | 時事問題 | Comments(0)
<< 血税を使っても良いけど使わない... お盆休みの途中経過です。の巻 >>