悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

そろそろ本気で怒ろうよ日本人!!の巻

昨夜の12時前に北朝鮮がまたもやミサイルを発射し、それが北海道も奥尻沖で
日本のEEZ(排他的経済水域)に着弾
した様ですが、緊急速報でそのニュース
を知った私はその後直ぐに開かれた政府発表を見てて腹が立ちましたね!!

菅官房長官も最上級の言葉で北朝鮮にメッセージを送った!と言ってますが
日本の領海内に何発も何発もミサイルを撃たれてるのにメッセージで対抗なん
て・・


まぁ日本が誇る「遺憾の意」攻撃ですから北朝鮮もきっとビビッて今後の
ミサイル発射実験を辞める事は間違いないでしょう
!!
嫌味か?)
思いっきりの嫌味やで!!)

日本にも迎撃ミサイルがあるんやからアメリカと合同演習でコソコソと練習
するんやったら、日本の海域に着弾しそうなミサイルを迎撃して、それを
練習台にしたら良いのに・・
と思いませんか?

実際のミサイルを迎撃し、実際に迎撃できるのか?と言うのを知るべきで
そこで先日の様に失敗が有ったらその部分を修正して行くべきだと思いますね!

しかし北朝鮮にも舐められたもんです!

韓国は頭から日本を舐めてるし、中国も勿論日本を舐めてますね!その上に
北朝鮮にまで舐められまくってるって、日本政府はどうするつもりなんでしょうか?

そこでロイターの記事抜粋より

北朝鮮ミサイルはICBM、米国防総省・韓国軍が分析

[ワシントン/ソウル/東京 28日 ロイター] - 北朝鮮が発射したミサイルについて米国防総省は28日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったとの見方を示した。

国防総省の報道官によると、ミサイルは北朝鮮北部から発射されて約1000キロ飛行、北海道沖約167キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したという

同報道官は今回の発射について、予想していたと指摘。北米に脅威を及ぼすものでなく、さらに分析を進めていると明かした。いかなる攻撃や挑発行為からも、自国や同盟諸国を守る用意を引き続き整えていると説明した。

今回発射されたミサイルについて、韓国軍もICBM級だったとの見方を表明。飛行距離は1000キロ(620マイル)を超え、高度は3700キロ(2300マイル)に達したとしている。

欧州連合(EU)は今回のミサイル発射について、国際的な平和と安全に対する深刻な脅威となると非難。北朝鮮に対し朝鮮半島の非核化に向けた対話に参加するよう呼びかけた。EUのモゲリーニ外交安全保障上級代表は8月6─7日にマニラで開かれる 東南アジア諸国連合(ASEN)閣僚会議でこの問題を取り上げる。

一方、ロシアのタス通信は国防省当局者の話として、ロシアが収集したデータによると今回のミサイルは中距離弾道ミサイルだったとみられると報道。外交筋によると、ロシアと中国は追加的な国連制裁措置の発動は北朝鮮が長距離ミサイルの発射、もしくは核兵器の実験を行った場合のみに限られるとの立場を示している

a0259347_09083991.jpg

北朝鮮のミサイルについて、米カリフォルニア州のミドルベリー・インスティチュート・オブ・インターナショナル・スタディーズのジェフェリー・ルイス氏は、ロサンゼルスはすでに射程圏に入っていると指摘。シカゴ、ニューヨーク、ワシントンも射程圏内に近いとしている。

この他、米国に本部を置くユニオン・オブ・コンサーンド・サイエンティスツは、シカゴとデンバーも射程圏に入っている可能性があるとの見方を示した。




この調子で北朝鮮を放って置くと、間違いなく来年の今頃はアメリカ本土に
到達する核弾頭を積んだミサイルが配備されてる事でしょう!

勿論、日本なんて今でも射程圏内に入っていますよ。

日本の軍事的な反撃に反対してる人の気が知れませんね?状況を本当に理解
してるんでしょうか?

日本が北朝鮮のミサイルを迎撃したからって直ぐに戦争になんかなりません
から


北朝鮮もそれを理由に日本と本気で戦争をしたいとは思ってません!
そろそろ日本も逃げてばっかりでは、どうしようも無くなって来ますよ

早い内に何か手を打たないと駄目ですね?

先ずは1発でも良いので日本の迎撃態勢を実戦でやって見るべきです
それにより日本の弱点も見えてくる筈です

その弱点を補強する為にも先ずはそれを知るべきです。

とにかく頑張りましょう日本人!!! 
























[PR]

by mabo89 | 2017-07-29 09:31 | 時事問題 | Comments(0)
<< トランプだけに決定権のカードは... 国交断絶の前に先ずは身を持って... >>