悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

♪私の素敵な彼の~♪の巻

韓国の経済破綻は良く取り出たされますが、アメリカ経済も大丈夫なの

車産業が衰退してるのは以前から言われてますが、今日の新聞を読んでて
あのバイク好きが憧れるハーレーダビッドソンも黄色信号が灯りだしてる
様ですね


そこで先ずはブルームバーグの記事抜粋より

ハーレーダビッドソンに黄信号、ブランド力低下やバイク人口減少響く
a0259347_08510292.png
ハーレーダビッドソンではオートバイ事業が危険なスリップの状態にあるが、グッズ販売の方はすでに転倒してしまっている。

  同社の4-6月(第2四半期)決算はどこを取っても良くない内容だった。そのうち最も気がかりなのはおそらく、雑貨販売売り上げが17%減少し、前期(21%減)に続き不振だったことだ。ブランド力に大きく依存する企業であるにもかかわらず、ハーレー・ブランドのアパレルやジュエリーの売れ行きは急激にスピードを落としているようだ

  それよりも心配なのはバイク人口の減少であり、同社も当然これを懸念している。18日に公表された統計によると、米国の大型バイク登録件数は2017年上半期に7%近く減少した。ハーレーは売上高予想を下方修正し、工場労働者の解雇計画を明らかにした。大型バイク市場で顧客基盤の大部分を占めるベビーブーマー世代が、老人ホームに入居する年齢に近づいていることから、メーカー各社はより小型のバイクで若年ライダーにアピールしている

  ハーレーはライバルに負けないほど積極的にこの戦略を進めており、小売価格1万2000ドル(約130万円)未満のバイクを今では9モデル展開している。だが、この顧客層をつかむには先に述べたようなブランド力が極めて重要だ。調査会社ユーガブによれば、ハーレーの支持層は年齢が高めで、男性が多く、政治観は保守的との傾向がある。

  バイクについての知識があまりない新人ライダーにとっては、メカニカルな特徴より、醸し出される文化的な雰囲気の方が大事かもしれない。ハーレーは今こそ、これまでにも増してクールであり続けなくてはならない




私が中学・高校生時代に流行ってて良く聞いたキャロルやクールスなどでも
歌になったりレコードのカバーなどにも良く使われ、憧れだったハーレーに
黄色信号が灯るって・・・

時代の流れを感じますね~?

今、合気道仲間でもツーリングをやろうよ?と話が出てますが、えっ!今更
バイクで?って言ってますが、こんな記事を見るとそれも良いかも?って
思いますよね!

って言うかそれよりバイクの大型免許が必要になるじゃないですか?って
心配の方が先ですけど・・・爆

車は大型まで持ってるのですが、まさかこの歳になるまでバイクの大型免許が
要るとも思ってませんでしたし・・汗

でも免許・免許って思ってる間にいつも熱が冷めてしまってるので今回も
多分、免許を取るまでに熱が冷めると思いますが・・・


頑張りましょう50代!!! 






















[PR]

by mabo89 | 2017-07-25 09:05 | 時事問題 | Comments(0)
<< 野党議員は日本を取り巻く状況判... 中国でマナーって・・爆!!無理... >>