悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

親日国台湾を応援しましょう!!の巻

今朝の新聞を読んでて台湾で際総統が誕生して以来大陸との関係が微妙になり
大陸からの観光客が減少したのに対して、日本からの観光客を取りこむ為に
大胆なアイデアを出してる様ですね


そこで先ずは今日のサーチナの記事抜粋より

台湾に日本人客を呼び込む方法を議論する台湾ネット民が、驚きのアイデアを繰り出した!=台湾メディア

台湾で蔡英文総統が誕生して以降、台湾と大陸の関係は微妙な状態が続いている。台湾を訪れる大陸人観光客の数が激減し、台湾の観光業界は日本や韓国、東南アジアなどの観光客を呼び込むためのPRを展開している。

a0259347_08585667.jpg
 台湾メディア・聯合新聞網は20日、現地のネット上で「台北捷運(地下鉄)の駅名を日本風に改称したら、観光業の発展にプラスになるかもしれない」という議論が起き、ネットユーザーが続々と「改名案」を出していると報じた

 記事によれば、議論の発端はあるネットユーザーがネット上で「もし台北捷運を台北地下鉄に、桃園捷運を京桃電鉄に、『松山機場』駅を松山空港駅に、善導寺駅を善導神社駅に解明したら、日本人観光客は台湾にもっと親近感を抱き、日本人の台湾観光ブームが高まるのではないか。そして、台湾各地から台北を訪れる観光客も外国旅行に来たような感覚を味わえるのではないか」と書き込んだことだという。

 すると「市政府駅」を「都庁前」に、「台大医院駅」を「帝国大学病院前駅」に解明したらどうか、この駅はどう解明すべきか、といった議論が起きたとのこと。このアイデアに賛成を示すユーザーがいる一方で、「日本人にとっては日本だけで十分だろう。台湾に来てまで日本を体験させてどうする。現地の生活体験を楽しみにしてくるのだから」との反対意見も出たようだ。

 記事はまた、台湾の鉄道にはもともと日本らしさを帯びた駅の名前が少なからず存在し、例えば善導寺、三重、松山といった駅名はそもそも改名の必要がないと指摘するユーザーもいたと伝えている

 先日、日本のクリエーターが台湾の鉄道路線図を日本風にアレンジしたものを制作し、台湾のネット上で話題を集めた。日本人観光客のために駅の名前を変えるというのは無理がありそうだが、日本風の駅名標や路線図、時刻表などを作ってみるというのは企画としておもしろいかもしれない



先日も奈良市内で行われたドイツフェスティバルに行った時帰りに、友達に
迎えに来て貰った事もあり、帰りに近鉄奈良駅の上にある見晴らしの良い
中華料理屋さんで食事を取って帰ろうと行ったのですが、帰りのエレベーター
で偶然乗り合わせた1組のカップルが居たのです。

嫁がそのカップルが持ってるトランクが可愛かったので、可愛いトランクです
ね?と話しかけたのが切っ掛けで話が始まったのです。

:どこから来たんですか?お国は?と聞くと

カップルの男性:私達は台湾からです。と答える

:そうなんですか!謝謝 台湾 ですね~!地震の時は有難うございまし
  た。と言うと

:私達台湾人は日本が大好きで、兄弟みたいなもんですから・・と答える

一瞬にしてエレベーターの中は友好ムードになりました

見た感じはどうも新婚旅行風でしたので良い思い出になってくれれば良いのに
なぁ~?と思いました。

草の根交流とは良く言われますが、本当に親日国の人間とは今以上に良い関係
が作れれば良いのですが・・


とにかく頑張りましょう日本人!!! 


























[PR]

by mabo89 | 2017-06-22 09:11 | 時事問題 | Comments(0)
<< 近い内に何か動きが有るかも?の巻 人生がどん底やと思う前に、俺の... >>