悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

しかし中国は手を変え品を変えてゆさぶりを掛けて来ますねぇ~?の巻

今年はおかしい事が沢山起り出してますね~

先ずは阪神タイガース・・・通常なら5月の連休明けには首位争いから脱落し
真ん中から下位に落ちるか?とどまるか?と言う状態が普通なのに、今年は
未だに首位広島と1ゲーム差でとどまってるって・・何かがおかしいです。爆

そのせいなのか?それとも世界がおかしいから阪神が強いのかは分かりません
が、何かが狂い出してると思いませんか?

イギリスやフランスでのテロが頻発してる事もその1つですね

そんな中で気になったのが今日の産経新聞の記事です。
THAAD問題で中国での韓国製品の締め出しやボイコットが続いてた筈なのに
報復の全面解除なのか?少し中国の姿勢が軟化してる様な感じが・・

昔から「振り子の法則」と言われる様に、大きな大戦前には争ってる国同士が
一旦は引っ付いて離れた時が1番危険な時だと言われてますが、まさに今が
その兆候では?と心配してるのは私だけでしょうか?

そこで先ずは今日の産経新聞の記事抜粋より

【経済裏読み】韓国エアラインに楽観論?…中国便の増便許可はTHAAD報復全面解除の「シグナル」なのか

「中国人観光客を乗せた飛行機・客船、韓国にまた来るだろうか」。5月30日の韓国紙、中央日報(日本語電子版)にこんな見出しが躍った。米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に対する中国の報復で訪韓中国人客が激減する中で、期待していた日本人客数も朝鮮半島情勢をめぐって減少傾向にある。そんな中、中国政府が韓国の一部の格安航空会社(LCC)に中国便増便を許可したという。韓国にとってやはり中国人は“上客”なのだろう。韓国メディアや航空会社はこうした動きを前向きにとらえているようだ。報復全面解除への「シグナル」と楽観していて大丈夫だろうか

a0259347_08220094.jpg
 LCCだけでなく、アシアナ航空も攻勢に

 韓国紙、朝鮮日報(日本語電子版)は、韓国トップの格安航空会社(LCC)チェジュ航空が「中国の航空当局から先ごろ、中国の山東省行きの定期路線にへの増便の許可が出た」と明らかにしたと報じた。THAAD問題で中国の報復が始まった昨年末以来、韓国の航空会社が中国の定期路線の増便許可を受けたのは今回が初めてという。

 チェジュ航空は今年4月初め、人気路線の仁川-威海(山東省)定期路線の運航を週7回から週14回に増便すると申請し、最近になってこれを認めるとの通知を受けたという。これに伴い来月2日から同路線を増便する。

 中央日報もチェジュ航空の増便許可のニュースを伝えている。5月30日の電子版で「中国人観光客を乗せた飛行機・客船、韓国にまた来るだろうか」の見出しを掲げ、韓国の航空会社が中国路線の増便や中国のパワーブロガーの招待などでマーケティングに再び力を入れ始めていると、積極的に報道している

 同紙によれば、LCCのジンエアーも週4便運航していた済州(チェジュ)-上海路線を7月から週7便に増便して運航する予定。また、航空大手のアシアナ航空は5月20日に中国のパワーブロガーを韓国に招待して韓国旅行プロモーション活動を行った。アシアナがブロガーを通じた広報に積極的に乗り出したのは今回が初めてという。

 やっぱり日本人よりも中国人に来てほしい

 韓国メディアが中国便の増便許可についてこれほどまでに大きく報じ、航空会社も積極的な動きを見せるのは、THAADの韓国配備に反発した中国政府が3月から自国の旅行会社に韓国団体旅行商品の取り扱いを中止させたことも背景にある。聯合ニュース(日本語電子版)などによれば、この結果、訪韓中国人が前年同月比で約67%減少し、韓国の観光業界に大打撃を与えているという。

 これに加え、韓国を訪れた日本人客が減少に転じたこともショックだったようだ。韓国観光公社などによると、4月に韓国を訪れた日本人は前年同月比5・4%減少の16万5700人。日本人客は昨年2月に3年6カ月ぶりに増加に転じて以来、増加が続いていたのだが、再び減少に転じたのである。北朝鮮による挑発など、朝鮮半島情勢の不安要素が影響を与えたとみられるが、韓国としては中国人の“代替”と考えていただけに衝撃も大きい。

 だからこそ、今回の中国便増便を「起死回生」とばかりに前向きにとらえているのだろう。

 手放しで喜ぶにはまだ早い

 たしかに希望的観測に基づいた楽観的な声は多い。

 チェジュ航空の関係者は朝鮮日報の取材に対し「中国政府はこれまで、現地空港の混雑度などを理由に増便申請を認めないという態度を取り続けていたが、最近になって態度を変え、許可を出した。もう少し見守る必要があるが、冷え込んでいた韓中関係が少しは雪解けに向かうのではないかと期待している」とコメント。 さらに韓国の航空業界の関係者は「今年初めから韓国の航空会社は中国へのチャーター機を全く飛ばすことができずにいる。下半期にはチャーター機の運航も許可されるのではないかと予想している」と期待感を示している。

 しかし、依然としてTHAAD問題への報復が本格的に収まってきたと考えるのは早いとの分析もある。朝鮮日報は大手航空会社の関係者の話として、「チェジュ航空の既存路線の運航回数を昨年の繁忙期レベルに引き上げることを、THAAD報復解除のシグナルと見ていいのかどうか、慎重になるべきだ。不定期便や新規就航を許可するまで見守らなければならない」との指摘を紹介している。

 要するに、増便が認められたといっても、昨年の繁忙期レベルに戻るだけなのである。これでは中国政府にいいようにやられているようにも見える




中国は色々な意味で本当に恐ろしい国だと思います
歴史的に見ても本当に恐ろしい国だと思うのと、1つの国をやっつける為には
心理戦を含め何年間も掛けて実行に移す所が有るので要注意ですね


まぁ韓国がどこまでそれを見抜けるか?が問題になって来ますが、まぁそれは
韓国さんの問題なので放って置きましょう!!

とにかく私達日本人は色々な方面から中国や韓国の動向に注意をし備えて
置きましょうね?

とにかく頑張るぞ日本人!!! 























[PR]

by mabo89 | 2017-06-07 08:32 | 時事問題 | Comments(0)
<< ミサイル発射情報も韓国頼りって... これが記事になるって・・中国は... >>