悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

これが記事になるって・・中国は完全に日本を舐めきってますね?の巻

中国さん、えっ!今頃気付かれたんですか?爆

前から言ってる様に根本的に物作りに於いて、日本と中国は基本的な考え方が
全く違うと言っても過言では無いんですよ!!

以前から日本の家電が軍事用に転用されてる事って沢山あるんですよ

先ずは洗濯機の静穏性は先ずロシアの潜水艦に転用され、電子レンジの電波
吸収性と言うんですか?それが今のステルス戦闘機の塗装に使われ・・と
沢山流用されてて、作った日本が唯一軍事用に使って無かっただけですよ

だから今回のGPSの事なんて驚く事は無いんです!爆

そこで先ずは今日のサーチナの記事抜粋より

日本版GPSは「わが国の北斗をしのぐ精度」、軍用レベルに相当する!=中国報道

日本の準天頂衛星「みちびき2号機」が1日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。中国メディアの捜狐は3日、この日本版GPSとも呼ばれる測位システムについて伝え、「日本は中国の北斗の精度を超える気だ」とする記事を掲載した。

a0259347_08170092.jpg
 現在、世界には4種類の衛星測位システムがある。米国の全地球測位システム(GPS)、ロシアのグロナス、ヨーロッパのガリレオ、そして、中国の北斗だ。記事は、日本がみちびき2号機を打ち上げるに至ったいきさつを簡単に説明した。

 これまで、地上の位置情報にはみちびき1号機と米国のGPS衛星が利用されてきたが、山間部や高層ビルで電波がさえぎられると、数メートルもの誤差も生じたため、日本は何としても日本版GPSを作る決意を固めたとした

 報道によると、三菱電機とNEC、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が精度の高い新たな位置測定技術を共同開発した。現在のGPSと比べ位置の測定誤差を1000分の1の1センチ程度にできるという。記事は、これが本当なら「中国の北斗をしのぐ精度だ」と驚きを示した。

 また、軍事専門家による話として、さらに複数のみちびきが打ち上げられれば、日本版GPSは24時間ずっと日本をカバーできると指摘したほか、測位システムの精度が「センチ単位」ということになれば、それは軍用レベルに相当すると主張ミサイル誘導のために正確な位置情報を送ることもできることを意味している、と危機感も示したという

 日本政府は、2017年度中に3号機、4号機も打ち上げ、18年からサービスを開始させたいとしている。今後は位置情報の精度向上が期待できそうだ。



日本じゃ世界の軍事機密レベルの商品なんて一杯溢れる程あるんですよ

今更GPSで驚くなんて日本を舐めきってるんですね~?爆
昨日も書きましたが「敵を知り己を知れば百戦危うからずや」って中国で生ま
れた孫子の兵法に書かれてるでしょ?

日本にチョッカイを出すよりも、先ず兵法が生まれた国らしくもっと勉強を
するべきですね!

そこで敵である憎き小日本の技術力の高さを知れば日本に対して手を出したく
無くなって来るはずです。

今の米軍でさえ日本の潜水艦探知能力にはお手上げ状態で逆に日本の潜水艦
の水上艦攻撃能力には勝てない!と言わせてるんですから、敵を知らなければ
最後には痛い目に合うと思いますよ
!!

日清戦争前も今と同じ様に見た目は清朝が優位に見えてましたが、結果は
歴史を見れば分かる様に日本の勝利でしたね?

これも兵法に書かれてますが、愚者は体験に学び、賢者は歴史に学ぶ!
書かれてる様に経験してからでは遅いのですよ!(笑)

もっと己を知り歴史を勉強してくださいね!

ただ、昔との違いは?と聞かれると・・今の日本の憲法では総理大臣の
許可を取ってからでないと攻撃命令が出せないのが致命的ですけどね


だから日本も1日も早く憲法を改正し、北朝鮮から発射され約7分で日本の
本土に着弾するミサイルの迎撃命令を出せる人物を作っておかなければ
間に合わないでしょうね?

とにかく頑張りましょう日本人!!! 



























[PR]

by mabo89 | 2017-06-06 08:34 | 時事問題 | Comments(0)
<< しかし中国は手を変え品を変えて... 今の日本で何分あれば誰によって... >>