悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ドゥテルテ大統領!一体なにがしたいねん?の巻


ここへ来てフィリピンのドゥテルテ大統領が反米に傾いて来てますが、官僚たちも
大統領に追随の姿勢になって来てますね


折角中国包囲網を確立しそうな状況になって来てる時に何故フィリピンは反米になっ
てしまったのでしょうか?

アメリカ軍が撤退した途端にフィリピン領を中国に取られた経験を持ちながら、直ぐに
アメリカ軍に戻って来る様に依頼をした事を忘れちゃったのでしょうか?

それも遠い昔の話じゃありませんよ!ついこないだの事なのに・・・

そこで先ずは今日の産経絵新聞の記事抜粋より

比大統領就任1カ月 反米姿勢に閣僚も追随

【シンガポール=吉村英輝】フィリピンのドゥテルテ大統領が就任してから7日で100日。南部ダバオ市長時代にも実績を挙げた違法薬物対策の進展で高い国内支持率を維持し、政権基盤も盤石だ。ただ、薬物対策では3千人を超える容疑者らが殺害され、欧米などから「超法規的殺人」と批判されているドゥテルテ氏はこれに激しく反論し、米国との同盟関係に亀裂が生じている

 ロレンザーナ比国防相は7日、マニラで講演し、ドゥテルテ氏が「得る物がない」と中止を表明した米軍との合同演習について「有意義だ」としつつも、合同演習が中止され、米国からの支援が中断しても、議会の予算措置で「やっていける」と強調。来年4月からの年3回の大規模合同演習を実施するかどうか、米軍と近く協議するとした。

 ヤサイ外相も5日、「米国は私たちを落胆させた」との声明を外務省のホームページに公表。これまでのドゥテルテ氏の「反米発言」の尻拭い役をやめ、自身も反米姿勢に転じた。

 ドゥテルテ政権が閣僚ぐるみで反米姿勢を打ち出し始めたのは、同氏の国内での圧倒的な支持が背景にあるとみられる。

 フィリピンの民間調査会社が9月下旬に実施した「大統領就任3カ月」に関する調査では、ドゥテルテ氏への純満足度(満足から不満の度合いを引いた数値)は64%で、1992年調査のラモス氏の66%に次いで高かった。聖トマス大(マニラ)のタヤオ教授は「薬物・犯罪対策が評価された」と分析する。

ドゥテルテ氏は6日の演説で、自身の薬物対策について「オバマ(米大統領)も欧州連合(EU)も理解するとは期待していない。支援をやめる潮時と思うなら、やってみろ」と挑発。近く訪問予定の中国やロシアとの関係強化で「飢えることはない」と主張した

 同盟国である米国への敵対姿勢は、軍事や経済でより多くの支援を引き出すための揺さぶり、との見方もあるが、真意は定かでない単に私的感情を爆発させているだけであれば、米比関係はさらに悪化する恐れがある






ここで本当にフィリピンがアメリカとの関係を断ち切ったら、中国はここぞとばかりに
フィリピンにすり寄り取り込んでしまうでしょうね?

中国もインドネシアやインド、ベトナムや日本に台湾を囲い込みをされてる中ですから
以前とは違い武力を持ってでは無く、甘い誘いでフィリピンを中国側に付ける為に
必死になる事間違いなしですね!

またフィリピンもそんな甘い誘いに乗ってしまう可能性の方が大ですね!

何とか阻止しなければ非常に不味い状況になってしまいます。
今後もこのフィリピンの動きに注目しとくべきですね!

とにかく頑張りましょう日本人!!! 
[PR]

by mabo89 | 2016-10-08 10:02 | 時事問題 | Comments(0)
<< 東大寺の横にこんな綺麗な庭園が... 蓮舫さん!立場上、国籍問題はそ... >>