悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やっぱり奈良の歴史は日本の歴史ですね!の巻

この土曜日は応援してる地元選出の衆議院議員の先生が毎年開催する勉強会に
行って来ました。

今回は講師に春日大社の宮司さんを迎え色々なお話を聞かせて頂きました

流石ですね~!春日大社の宮司さんの家系は中臣鎌足が始まりの様ですね
その話の中に出て来る人物は名前を聞けば知ってる人ばかりでした。

今年の5月頃だったかな~?家族を連れてドライブがてらに出かけた談山神社・・
その神社で大化の改新の話をした場所として有名な神社ですが、その大化の改新を
行った中心人物の中臣鎌足の子孫が今回の講師で迎えた宮司さんだなんて・・感動しました


あの時代に渡来系の曽我氏などが実権を握り日本を操ってた時に、このままでは
駄目だ!と渡来系の曽我氏を抹殺したのが中臣の鎌足ですよね~!
ある意味その時に悪い渡来系をやっつけてくれた日本の国にとっては本当にありがた
い人物ですね


まるで民ス党時代の外来政権から日本国民の手に政治を取り戻した様な事が
1300年前にも起ってたんですね
!!

話しは戻りますが・・・爆
この宮司さんは大学を出られてから奈良高校(メチャクチャ頭の良い高校)で歴史の
先生として教鞭を取られてただけに、話も上手でさすがに歴史の先生だけあって
歴史背景を分かり易くキッチリと話されたので聞いてて良く理解できました。

もしも高校生の時にあんな先生に歴史を学んでたら、もっと身に付いたんじゃないか
な~?と思う程気持ち良く話が聞けました


歳も私より1歳若く滑舌もしっかりしておられたのでとても聞き易かったです。

勉強会が始まるまでに先生の紹介もあり名刺交換をして少しお話をさせて頂きました
が宮司さんは気さくな良い人でした。

今度の11月に式年造替(しきねんぞうたい)が行われるので是非1度見に来てくださ
いとおっしゃってました。

伊勢神宮との違いは式年遷宮(しきねんせんぐう)と言うのですが、春日大社は式年
造替
(しきねんぞうたい)と言うらしいのです


その違いは伊勢神宮は宮を造り替えてそこにご神体を写すのに対して春日大社の
場合は1度神様を仮屋に移し同じ場所に宮を建て替えて神様を戻すとの事です


お寺と神社の違いに付いても話を聞きました。

簡単に言うとお寺は仏像を作り、作った仏像に魂を入れるので何処にでも移す事が
出来るのですが、神社の場合はその場所に霊力が宿っているので場所を移す訳には
行かないのです


だから大きな寺などは都が遷る度に場所を変える事が出来たのですが、春日大社の
様なご神体が三笠山と言う山がご神体となって居る為に都が移ろうが付いては行け
ないと言う事らしいです。

確かにそう言われればそうですね!大安寺なども都の移り変わりと共に移動して行き
ましたよね!

もっと深く話をして貰ったのですが、説明するととても長くなっちゃうので興味のある
人は是非今年の11月に行われる式年造替に参加して下さい

奈良の歴史の面白さを改めて感じました。
今は単なる田舎ですが日本の歴史に於いて本当になくてはならない奈良県ですね


これからシーズンも良くなって来るので皆様是非紅葉の素晴らしい奈良へおいで下さ
いね

[PR]

by mabo89 | 2016-09-26 11:41 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by Miyanao117 at 2016-09-26 11:57
Maboさん、奈良の歴史って、本当に、日本の歴史の礎だと思います。私も、奈良にいたら、こういう勉強会に参加させていただきたいのになあ。
中臣鎌足って、私、子供心に妙に憧れを持っていて、彼はどんなにかできる男子だったんだろうなあと、妄想を膨らませていました。聖徳太子だって、和を持って尊しとなす、なんて、あの時代に言った方ですからねえ。日の出ずる国って、言ったのも、外交上長けていた証拠ですよね。

ロマンが広がる、奈良の歴史。また訪れてみたいですね。
Commented by mabo89 at 2016-09-26 21:55
モナさんへ❗️
若い頃は田舎の奈良が好きではありませんでした。
海外に長く住み日本の文化を見直す機会があり
先ずは日本文化の素晴らしさを知り、その原点が
先祖代々生まれ育った奈良であるのを振り返れた事で
若い頃に好きではなかった私が誰よりも日本や勿論
奈良を好きになれたんでしょうね❗️
だから若い世代の人達に外から日本を見直す事を
強く望みますね❗️
そんな奈良に是非遊びに来てチョンマゲ❗️
これからは紅葉が凄く綺麗ですよ。
それこそ談山神社の紅葉は見応えがありますから…
<< やったら治る!も若い頃の話やね... 一句の道著は一代の拳力なり!の巻 >>