悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

えっ!まだ24万人も居るの?民進党の党員とサポーターが?の巻


今日の毎日新聞に民進党の党員が減少してると言う記事が掲載されてました

私的に言うと当たり前っちゃ当たり前の事ですねぇ~!
保守を謳いながら共産党と手を組み、代表になる奴等はほとんどが日本よりではなく
中国や韓国に顔を向けながら政治をする奴ばかりですから、幾ら平和ボケした日本
人でも気付き出して来たのではないんでしょうか


そこで先ずは毎日新聞の記事抜粋です

民進党:党員が減少 合流前下回る24万2907人

民進党の党員・サポーターは24万2907人(6月6日現在)で、旧民主党と旧維新の党の合流前を下回ったことが分かった。目標の30万人に届かず、岡田克也代表は18日の記者会見で「参院選と時期的に重なったので非常に集めにくかった」と弁解した。

 昨年度の旧民主の党員・サポーター登録数は23万3100人、旧維新の党員数は約3万6000人。単純に合計すると約27万人だが、実際には2万人以上、減ったことになる。民進党結成に伴い、党員をやめた人が多いとみられる

 旧民主党の党員・サポーターは最多だった2010年に35万508人に上った。菅直人首相(当時)と小沢一郎元代表による同年の代表選では、党員・サポーター票で優位に立った菅氏が接戦を制した。

 民進党は今月中に二重登録などを精査して人数を確定し、9月2日告示の代表選に備える。これに関連し、岡田氏は会見で「党員・サポーターも含めて新しい代表を選んだ方が正統性が高まるし、リーダーシップを発揮しやすくなる」と述べ、無投票は望ましくないという考えを重ねて示した。




それでも私としてはまだ24万人も民進党の党員とサポーターが居る事に驚きを隠せま
せん


しかも次の代表の有力候補があの蓮舫って・・・何回続けて反日活動に必死な代表が
続くんでしょうか?

同じ台湾系の日本人でも金美麗さんは日本人に帰化する前から「私は台湾人として
日本の為に戦う
!」と公言してましたが、今は日本人となり「日本人として日本の為に
戦う
!」と言っていますが、蓮舫さんはどうでしょう

言葉にはしてませんが、あの「2番じゃ駄目なんですか?」と言った段階では中国が
経済的にも技術的にも伸び出して来た時だったので、中国の為に艦砲射撃を打つ為に
あの1言が出てしまったのです


日本人でまだ民進党の党員やサポーターをしてる人達は本当に良く考えないと自分
達が選んだ議員によって裏切られる結果となるでしょうね!

とにかく頑張りましょう日本人!!! 




















[PR]

by mabo89 | 2016-08-19 09:28 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by zner at 2016-08-19 15:42
民進党もあれだけど、共産党支持者が居る方が恐ろしいです。
社会主義、共産主義の歴史は虐殺の歴史でしかないですからね。

民進党って、過去の与党政権の時に
何ら政策が出来なかった滑稽党とか愚党だと思っています。
現代の政治が常に優先し監視し対応しなければいけない問題を
何一つ行わなかった、いや行えなかったと言った方がいいかもしれません。
要するに無自覚で無学なのでしょう。
民進党には松下政経塾を出ている人が数名居るんですが
何を教えているんでしょうね?バカを増やしているだけだと思います。
世界の先進国が皆ある方向に向かって進んでいたのに
民進党与党時代の日本だけは、真反対に向かって突き進んでいってしまい
国益を大きく損じる結果を生み出しました。
あの頃の私は「あ、日本が終わるかも・・・」と完全に失望感に包まれていました。
Commented by mabo89 at 2016-08-20 09:35
znerさんへ!
私的には民進党になる前の民ス党は売国奴政権だと思ってます。
今の民進党はそれに拍車を掛けた左寄り政権で、下手すりゃ
共産党以上に危険な党だと思っています。
それは何故かと言うと、保守の顔を表に出しながら共産党以上に
左よりな考え方をしてるにもかかわらず、それを知らない多くの
国民が騙されてしまい、前の様に政権を取る可能性が無いとも
言えないあたりが怖い部分ですね~!
私も民ス党が政権を握ってた時に「あ~これで日本も終わりやな~」
って素直に思いましたもん!
次期代表になるであろう蓮舫も「綺麗だから・・」で支持を
する国民がいるくらいなので怖いですね!!
とにかく気を付けましょう!!
<< 朴クネさん!今更ですか?の巻 頑張ろうよ日本!!の巻 >>