悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

正確な情報収集が1番大事ですね!頑張れ産経新聞!の巻


5月の末から6月の初旬まで予定がドンドン埋まって行ってしまってます

その殆どが同級生関係の事ばかりです。先ずは先日行った、中学の学年合同の同窓
会の幹事の打ち上げから始まり、6月には大学時代のアメリカンフットボール部の
同回で集まろう!となり大阪で集まるのですが、良く考えてみると、その頃はそろそろ
田植えの準備をし、場合によっては田植えをしなけりゃいけない時期なのに、毎週末
出てて大丈夫なんでしょうか?


まぁ色々考えても仕方無いので、確実に1個づつこなして行くしかないでしょう!

この年になって友達の大切さや有難さが身に染みて分かって来た事もあり、そう言っ
た集まりには極力参加しようと思ってる今日この頃です



話しは大きく変わりますが私、新聞は産経新聞を取っているのですが、今まで取って
新聞の中でやっぱり1番良い新聞だと思いますね~


今迄は毎日新聞と朝日新聞も取っていましたが、今は産経新聞だけにしています

それは何故かと言うと、産経新聞を読んでて、この新聞社は日本の新聞社だ!と思う
からですね!

朝日や毎日新聞を取ってる時は先ずは奈良版と1番最後の三面記事の部分から
読んでいましたが、産経新聞だけは最初の1面の政治欄から読む事が多いのです


同じ新聞社でも日本の国益を考えちゃんと伝えてるのは産経新聞だけですね

それに天皇陛下の毎日の御動静までちゃんと書いてる新聞なんて他の腐った新聞
らは見えてこないですもんね


決して産経新聞から宣伝広告費を頂いてる訳ではありませんが、3社の新聞を取って
た時に読み比べて思ってました。

今日は何故この様な事を書いたか?と言うと、今日の産経新聞の記事を読んでて
もしもこれが朝日新聞だったら、どう書いていたんだろうと思ったからです


もしも朝日新聞を取っておられる方がおられましたら、記事が掲載されてたら読み
比べて見て下さいね!

そこで今日の産経新聞の記事抜粋より

【緊迫・東シナ海】日米印が6月に沖縄周辺で共同訓練し中国を牽制へ 米国は原子力空母も投入

海上自衛隊と米印両海軍が、6月中旬に沖縄周辺海域で共同訓練を行うことが15日、分かった3カ国が艦隊行動を共にすることで、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海で海洋進出を強める中国を牽制する狙いがある政府関係者が明らかにした
a0259347_9174280.jpg

 海自はヘリコプター4機が同時に離着艦できる大型護衛艦1隻のほか、「P3C」哨戒機や「SH60K」哨戒ヘリ、救難飛行艇「US2」などを投入し、対潜戦や対水上戦、捜索・救難訓練などを行う見通し。米国からは原子力空母の参加も検討されている。米印共同訓練「マラバール」に日本が参加する形で、「訓練規模は昨年よりも格段に大きくなる」(海自幹部)という

 尖閣諸島が存在する沖縄周辺海域では、中国公船による領海侵入が頻発。昨年末からは、中国海軍のフリゲート艦を転用し、機関砲とみられる武器を搭載した海警局の船が送り込まれるなど、中国による軍事的圧力が高まっている

 さらに中国は、東シナ海の日中中間線付近のガス田で海洋プラットホームを一方的に増設。将来的にレーダー施設や補給拠点を置くことで、東シナ海が中国の軍事拠点となる懸念も出ている

 海自は同盟国である米国に加え、日本と中東を結ぶシーレーン(海上交通路)の要衝に位置するインドとも共同訓練を行うことで、先鋭化する中国の動きにクギを刺したい考えだ

 今月末に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)では南シナ海における中国の軍事拠点化などが議題となる見通しだが、海自幹部は「足元の東シナ海の守りはより万全にしなければならない。今まで以上に中国の動きを注視する姿勢を鮮明にする必要がある」と指摘している。






産経新聞は今回のこの演習の必要性を説明してるのに対して、多分、朝日新聞など
は、公に批判はしないでしょうが、上手い表現で今回の演習の違法性を前面に出し
最終的には全否定をしている事でしょうね


新聞も読み比べてみると本当に面白いと思いますね!

そんな色々な記事を読みながらしっかりと今後日本はどうして行くべきなのかを自分
で感じ答えを出して行けば何が正しいのかが見えて来ると思います


とにかく頑張りましょう日本人!!!  

頑張れ熊本!!! 
[PR]

by mabo89 | 2016-05-16 09:32 | 時事問題 | Comments(0)
<< 今日は違う話を書く予定が、こん... 卒業後、初めてのAll Men... >>