悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

そろそろ真剣に憲法改正を考える時が来ましたね!の巻


今日は朝からまた商談が入っており皆様がこの記事を読んでくれてる頃は堺市に
向いて
必死に走ってる頃だと思います。

昨日の産経新聞の読んでてアメリカの大統領候補のトランプ氏アメリカのマスコミ
との会話の中でポロポロ本音を言い出しましたね


そこで先ずは産経新聞の記事抜粋からです

【米大統領選】トランプ氏が在日米軍について「なぜ日本が駐留経費を100%負担しないのか」「アメリカの利益にならない」 米紙との会合で

【ワシントン=加納宏幸】米大統領選の共和党候補指名争いで先行する不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)は21日米紙ワシントン・ポストの論説委員らとの会合で日本や韓国への米軍駐留が米国の利益になるかと問われ、「個人的にはそうは思わない」と語り、アジア太平洋地域への関与を見直す考えを示した。米国が以前ほど裕福ではなく、その余裕がないとの認識を理由に挙げた
a0259347_1545255.jpg

 トランプ氏はこれまでも日本に米軍の日本防衛の代償を払わせると主張してきた。オバマ政権はアジア太平洋の安全保障を重視する「リバランス(再均衡)」政策を進めてきたが、トランプ氏が政権を取れば大きな政策転換を伴いそうだ

 同紙が21日に公表した会議録によると、トランプ氏は米軍駐留経費の日本側負担に関し、「なぜ100%(の負担)ではないのかと疑問を投げかけた

 中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)に侵攻した場合の対応については、「何をするかは言いたくない」と答えた。オバマ政権下で日米は尖閣諸島に関し米国による日本防衛義務を定めた日米安保条約5条の適用対象であることを重ねて確認している

 トランプ氏は中国による南シナ海への進出について、中国製品に高関税を課すなど貿易面での圧力で解決を目指す考えを強調。北大西洋条約機構(NATO)に関してもウクライナ問題などで欧州側の加盟国がより多くを負担する必要があるとの認識を示した。





この記事を読む限り、もしもトランプ氏がアメリカの大統領になったら、間違いなく日本
や韓国に対し駐留費の負担を100%出すべきだ!
と言い出す事間違いないでしょう


現在日本は韓国と違い「思いやり予算」と言う名目でお金を出しては居ますが
ウィキペディアで調べた所


思いやり予算(おもいやりよさん)とは防衛省予算に計上されている「在日米軍駐留経費負担」の通称である。在日米軍の駐留経費における日本側の負担のうち、日米地位協定及び、在日米軍駐留経費負担特別協定[1]を根拠に支出されている

ニュースや討論番組等報道関係でしばしば「日本側負担駐留経費=思いやり予算」のように扱われることがあるが後述のように「思いやり予算」とは在日米軍駐留経費の日本側負担のうちの全部ではなく一部を示すものであり用語の意義としては誤用である



と言うのが掲載されてました。と、言う事は間違いなくトランプ氏はこの部分を日本
サイドに突きつけ100%の要求をして来ると思われますね


そうなって来ると私の私見になりますが同じお金を出して自分達の判断で武器や
装備を使えないのであれば、1つの独立国として自国を自力を守る為に、自分達の
判断で武器を使用出来る様に憲法を改正し、自衛隊を国軍に変えて防衛力を上げて
行く方が納得できますよね


日本の血税を駐留して貰う為に使いながら何時までも本当にアメリカは守ってくれる
のか?と気を揉むくらいなら
自国の軍隊にお金を使い防衛力を上げて行くのが
1つの国としては当たり前の事だと思うのですが・・・

あの時こうしとけば良かった・・・と言ってからでは遅いのです
昔から後悔先に立たず!ですよね?

この素晴らしい日本と言う国を子供や孫達の為に残して行きたいと切に願います

とにかく目覚めよ日本人!! 
[PR]

by mabo89 | 2016-03-24 08:30 | 時事問題 | Comments(0)
<< しかし日本は平和だ!トルコで拘... 今、三島由紀夫を再考する時かも?の巻 >>