悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

世界中に日本文化の素晴らしさを知らせたいなぁ~!の巻

時間の経つのは早いもので、こないだ正月を迎えたなぁ~!と思っていたのに時は既
2月も中旬を迎えようとしていますね


そんな中、家の中を見てても飾りつけが変わり季節感を表しています

日本には1月は正月で家の中の飾りつけも正月らしい飾りつけとなってましたし
2月には節分的な飾りつけだったのですが、節分が終ったと思った頃から床の間と
玄関を入った廊下の一番奥にお雛様のディスプレーが・・・

お袋も嫁もそうなんですがそう言った日本の伝統的な飾りつけをさりげなくしてくれる
ので自然の内に目から季節を感じる事が出来ています


子供も成長しお雛様も段飾りは出さなくなって来ましたが、さりげなく床の間に雄雛と
雌雛が飾られる事で座敷の雰囲気も和のムードが一杯になりますね!

そんなお雛様を見てるだけで日本人が昔より続けて来た文化と言うか目でも感じられ
る心の余裕と言うか・・・素晴らしい文化だと思う今日この頃です

そこで先ずはうちの玄関を入ったら先ず廊下があるのですが、その1番奥にライトアッ
プされた所に先ずは雄雛と雌雛1対が置かれております。

写真の撮り方がいい加減なので上手くは写ってませんが雰囲気だけは分かって下さ
いね!
(ちなみに手前に写るライトは写真を撮る為に勝手に動かしました。
通常はもっと目立たない様にライトアップされてます!爆)
a0259347_843469.jpg

そのお雛様のアップです
a0259347_843286.jpg

そして玄関を上がった右側に床の間があります。
掛け軸もお雛様の物になってて、その下にはまた廊下の奥とは違うお雛様がありま

a0259347_846497.jpg

a0259347_847142.jpg

お雛様が済むと多分5月人形が飾られると思います

右側のボンボリは写真撮影をしようと触ってる間に球が切れた様です。
バレたら怒られそうなので私的には触って無い事にしときますね


もう少し写真の撮り方が上手かったらもっと雰囲気が伝わるのですが、基本的に
まぁ大体いい加減な奴ですのでこれで許してチョンマゲ!!爆

今回の記事掲載はカナダに住む日本人の友人の為に掲載しました。
遠いカナダで結婚生活を送る彼女に少しでも日本的な事が伝わり喜んで貰えたら
嬉しいのとお雛様を見て日本女性の素晴らしさを再確認して頂き遠いカナダの地で
頑張って貰えたらと思い掲載しました


カナダ中に日本女性の素晴らしさを見せつけてやって下さいね!!

頑張ろう日本人!!! 
[PR]

by mabo89 | 2016-02-10 08:58 | 時事問題 | Comments(4)
Commented by hachiman01 at 2016-02-10 09:57 x
日本女性の気配りがいいですね。
アタシん家も、もうすぐお雛様が飾られるでしょう。
子供が大きくなってからはガラスケースに入った内裏雛だけになっちゃったけどw
文化は大切にしなきゃいけませんな。
Commented by mabo89 at 2016-02-10 15:28
ですよね!日本女性は素晴らしいと思います。
最近はハァ~?って言いたくなりそうな人も増えましたが
お蔭様でうちは嫁もお袋も素敵な字本女性ですよ!爆
伝統と文化は守りたいですね!
Commented by Miyanao117 at 2016-02-14 09:28
ああああ、Maboさん、これ、じーんとしました。私に、なつかしい日本文化を伝えてくださるために、写真を撮ってくださったのですね、、、そのお心で、なんか、涙腺が、、(年取ってくると、だんだん、涙もろくなる)。でも、右側のぼんぼりが、明かりが切れた、、、っていうところで、大笑いしてしまいました。Maboさん、かなりいい線入っています、Love。

こういう、伝統的なお雛様、、金屏風の前に座る姿とか、近頃、拝見してなかったので、やっぱりいいですねえ。我が家では、ガラスケースに入ったお雛さまでした。それでも、母が心をこめて、私のために飾っていてくれてました。なんだか、懐かしい気分にさせられました。

五月人形の写真もよろしく、大笑。
Commented by mabo89 at 2016-02-14 22:19
モナさんへ!
そうですよ〜モナさんの為に心を込めて写真を撮りましたが
携帯で私なりに一生懸命撮っては見たのですが、センスが-–
まぁ
気持ちですからこれで許してチョンマゲ!爆
五月人形の時も頑張りますね!
<< しかし本当に日本って平和なんで... いよいよ韓国は観光産業までもが... >>