悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

要注意!!中国も経済破綻が加速度を増して来たぞ!の巻


また最後の最後にボタンの押し間違えで全ての記事を消去してしまいました・・

気分を変えて再度書き込むとしますか?ハァ~~ア・・・

昨今、中国や韓国の経済破綻が騒がれ始めてますが、ここに来ていよいよ中国の
経済破綻が加速度を増してる様ですね


そこで気を付けなければいけないのが以前から言ってる様に中国国内の経済が破綻
し、仕事を失った人達が政府に対して暴動を起こし始めたら、中国政府は間違いなく
国内の暴動の目を外に向ける為に尖閣あたりで暴挙に出る可能性があります


日本では先日尖閣に自衛隊を派遣する事を決定しましたが、その裏には色々な問題
がある様です
。日本では報道されてないのですが、中国のニュースでは中国が日本
の船を撃沈した!とニュースが報道されてる様です。(これは本当かどうかは分かりま
せんが・・


実際、中国の公船の武装がレベルアップされているのは事実ですよね
日本のコーストガードでは太刀打ちできないレベルになって来てる様です

だから今、中国の経済破綻の動きに注意が必要なのです。


そこで今日のビジネスジャーナルの記事抜粋です

中国、中国人と海外企業の大脱出が始まった!もはやメリットなしで不満爆発

かつての「世界の工場も見る影がなくなる勢いで、日本を含めた海外企業の中国離れが加速中だがなんと当の中国人がその「脱・中国」に手を貸している実態がみえてきた

大手はともかく、現地で工場を持っている中小企業に対して、カンボジアやベトナムへの移転を仲介する中国人ブローカーが続出しています

 こう明かすのは現在まで12年間、中国に滞在している日本人商社マンだ。

「脱中国プランが持ち上がった企業に、移転先の仲介をしているんです。新たな移転先の用地だけでなく、現地で雇用する労働者の確保なども手配するので、日本企業に受けがいいのです。仲介者を務める中国人は、自身が脱中国を目指している場合がほとんどです。

 いま中国の成功者にとって、カナダやオーストラリアに移住するのが理想モデルとなっていますが、国による個人資産への監視が厳しいので、地下銀行を通じた海外送金も当たり前。仲介に手を染める人々は、各国のチャイナタウンにいる遠い親戚などの仲間に協力してもらう海外ルートに強く、その手のノウハウを持っているのです。企業の移転に際してはその手数料だけでなく、土地の売買にも絡んで荒稼ぎするブローカーもいます」
a0259347_9244648.jpg

移転先は主にベトナムやカンボジアだが、需要が多いことから縄張り争いも勃発。一定の区域の土地を先に買い占めてしまう、大掛かりなブローカーも現れているという。

「このほかで今、人気が上がりそうなのは、マレーシアの南にあるジョホールバルとインドネシアの西パプア。ジョホールバルはシンガポールに隣接していることもあって、新築マンションが建設ラッシュ中。日本人移住者も多いので、企業役員に別荘の購入まで斡旋する貪欲な営業が行なわれており、景気の良い企業がターゲットとなっています。逆に西パプアはインドネシア本土にいる貧困者の移転政策がとられているので、低賃金の工場建設を目指すコスト重視の企業向けです」

●背景には従来からの不満も

 カルビーやパナソニック、エスビー食品、サントリー、ユニクロ(ファーストリテイリング)をはじめ、日本企業は相次いで中国生産拠点を縮小・撤退させている。その大きな要因の一つは、中国の経済発展による賃金上昇で「安い人件費」というメリットが失われつつある点だが、前出商社マンは「もともと中国に進出している日本企業は、『反日的な動きにいちいち振り回される』『従業員のマナーが悪い』といった不満を抱えていた」と明かす

 現在、中国では海外移住希望者が後を絶たず子どもを海外留学させた後に不動産を購入して家族ごと移り住むパターンが、国外脱出策として定番化しているそれだけに「中国脱出指南のエキスパート」も、ほかならぬ中国人だったりするようだ







まだ中国人の移住したい先がカナダやアメリカそれに次いで東南アジア諸国なので
日本に直接関係は無いように思いますが、少なくともその1部は日本への移住も考え
ている人も居るでしょう


若い頃サラリーマンで海外で働いてた時に、同僚の1人が中国系マレーシア人と
一緒になった時に、3ヶ月ほどで同僚の家が相手の兄弟や親せきによって乗っ取ら
れるのをまじかに見ました


あいつらはネズミと同じで1人を入れるとその1人を頼って親兄弟や親戚に至るまで
ドット押し寄せて来る可能性があると言うのを感じますね!

そんなこんながあるので今後も中国の経済破綻の問題から目を背けられませんね?

中国の経済が破綻したら日本も必ず影響を売れるのは間違いありません!
出来る事なら同じ経済破綻でも中国がソフトランディングしてくれる事を切に願います。

とにかく頑張りましょう日本!!!   
[PR]

by mabo89 | 2016-01-19 09:45 | 時事問題 | Comments(0)
<< 学生時代の友達が立ち寄ってくれ... 武宮 誠に付いての第2弾!実は... >>