悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中国とISの動きから目が離せない状況になって来ましたね!の巻


今朝の産経新聞の記事によれば元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏
明治大学特任教授の山内昌之氏の話によれば、昨日記事掲載したサウジとイラン
が国交を断絶した事により、将来的に近い将来、中央アジアや新疆ウイグル自治区
あたりにISが(浸透して)くる。南シナ海や尖閣諸島での挑発どころではなくなる」と
言ってますね


つまり早い話し、今現在は中国の無謀な海洋進出で日本を始めアジア各国で問題と
なってる問題がありますが、最終的にはアジアでIS(イスラム勢力)が幅を利かせる
事により、日本VSイスラム国となり得る可能性が高いと言う事だと言ってる訳ですね


一難去ってまた一難とは良く言いますが、本当にこれですよね
ISの中央アジアの進出により、中国は海洋進出どころでは無くなり、国内に置いて
中国のイスラム勢力との戦いになって来ると言う予想です!

確かに今の中国政府はイスラム圏であるウイグル自治区に無茶苦茶な事をやって
ますから、そうなる可能性は否定できないのが現状でしょう


そんな中でもしもIS勢力が中国を手中に治めたら・・・アジア各国VSイスラム国と
言う争いになって来る可能性が本当に出て来るかも?分かりませんね!

しかし、アジアの国の中には多くのイスラム国家があるので今の様に中国包囲網が
出来るかどうか?も分かりません。

そこで今日の産経新聞の記事抜粋です

【サウジ・イラン断交】佐藤優氏、イランに近づいた米に対するサウジの「怒りのメッセージだ」 山内昌之氏はサウジ「最悪のシナリオ」を指摘

元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏と明治大学特任教授の山内昌之氏が5日夜、BSフジ「プライムニュース」で今年の世界情勢の展望を語った。山内氏はサウジアラビアとイランの国交断絶が、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の利益につながるとの見方を示した
a0259347_9244997.jpg

 佐藤氏は両国の国交断絶までの流れについて、IS掃討のためイランに接近した米国に対するサウジの「怒りのメッセージだ」と分析。山内氏は「サウジはシーア派に対する宗派闘争をしかけたが、ISはこれを機会に力を保持しかねない。サウジが宗派戦争の指揮権をISに取られ、権力基盤を奪われるのが最悪のシナリオだ」と指摘した。

 また佐藤氏は、海洋進出を強める中国について、「近い将来、中央アジアや新疆ウイグル自治区あたりにISが(浸透して)くる。南シナ海や尖閣諸島での挑発どころではなくなると言及した。山内氏もこれに賛同し、「中国にとって地政学的に一番重要なのは中央アジアだと思い知らされる年になるかもしれない」と述べた。






まぁ佐藤さん曰く「最悪のシナリオ」との事なので絶対そうなるとは言えませんが
こう言った事も警戒しておく必要性はありますね


今後も中国関連とIS関連から目が離せない状況である事は間違いないでしょう

とにかく頑張るぞ日本!!! 
[PR]

by mabo89 | 2016-01-06 09:32 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by hachiman01 at 2016-01-06 10:24 x
米国が地上兵力を出せばISなど掃討できそうなものですがね?
サウジはISを支援していると言われているが?
あの辺の情勢は複雑怪奇で良く解りませんな。
でもまあISが中国に浸透してウイグルあたりで活動しだせば日本にとっては好都合でしょう。
それこそ中国は本当の敵がだれか思い知ることになるw
Commented by mabo89 at 2016-01-06 10:40
ハチマンさんへ!
IS関連は本当に良く分かりませんね?
でも1つ言える事は中国がウイグル自治区でやってるツケは
必ず仕返しをされるでしょうね!
<< 北の核実験もさる事ながら、本当... 今年も既に色々な動きが出て来て... >>