悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

今こそ見せろ!日本の技術と底力を!!!の巻


今日の新聞を読む間で知らなかったのですが、この10月に防衛装備庁なる物が
発足してたんですね~?

それに伴い「防衛装備庁技術シンポジウム」が東京都新宿区のホテルで10、11日に
行われた様で日本の陸・海・空の防衛装備に注目が集まってる見たいですね

そこで先ずは産経新聞の記事抜粋より

【軍事ワールド】日の丸ステルス機に島しょ防衛用装甲車…防衛の最先端研究が一堂に 防衛装備庁技術シンポジウム

a0259347_8463084.jpg

自衛隊の戦闘機など防衛装備の研究開発の成果を紹介する「防衛装備庁技術シンポジウム」が東京都新宿区のホテルで10、11日に行われた。10月の防衛装備庁発足後、初めての開催で、日本初のステルス機心神」や、大型輸送機で迅速に“前線”へ展開できる装甲車など、研究中の最先端技術が公開された。武器輸出三原則に代わる新たな政府方針として昨年4月に防衛装備移転三原則が制定され、潜水艦などの武器の輸出や国際共同開発が可能となったこともあり、会場はスーツ姿の防衛装備関連企業や電子部品関連企業のビジネスマンが集まり、最先端技術に熱い視線を注いでいた。(岡田敏彦)

神の心を…日の丸ステルス機「心神」の実力とは

 防衛装備庁は、陸海空自衛隊の装備の研究開発と調達に加え、装備品の輸出も一元管理する防衛省の外局で、10月1日に発足した。技術研究本部や装備施設本部など防衛省内に分散していた装備品関連の機能を集約し、取得コスト削減を目指す。

 会場には、相手のレーダーに探知されにくいステルス性能を持つ先進技術実証機「心神」の大型模型や、電波反射を制御する技術の実証結果▽イラクやアフガニスタンなどの紛争地で脅威となっている地雷式などの速製爆弾(IDE)を処理するロボット▽手投げ式偵察ロボット-など多くの模型や資料が展示された。

 注目を集めた「心神」は、将来の戦闘機に適用されるステルス機の形状やエンジンの推力偏向装置など先進技術を盛り込んだ実験機で、実際に飛行させて性能を検証する来年にも初飛行する予定で、会場には5分の1の大きさの模型を展示し、周囲には常に人垣が出来ていた。

 「心神」は富士山の別称で、同機の研究開発段階の仮称とされる。同機がそのまま次期新型戦闘機になるわけではなく、この機体に研究中の最新技術を盛り込み、テストの飛行を繰り返して検証したのち、将来の戦闘機開発にいかされる

 ステルス関連では、電波反射を打ち消す新材料「メタマテリアル」などステルス関連の最新研究成果も公開した

危険な爆発物はロボットで処理

 陸上装備では、IDEを遠隔操作で処理できる「爆発物対処用ロボット」の実物を展示した。重量約80キロで、トラックなどで簡単に運搬できるのが特徴。使用時は、操作員は爆発物から離れた安全な場所で、ロボットから送られる動画をモニターで見ながら、爆発物を安全に破壊処理できる

 このほか、カメラを搭載した手投げ式偵察ロボットや、艦船から航空機を迎撃する新型ミサイルの模型なども展示された

 目玉は研究・開発担当者らによる講演で今回は尖閣諸島など離島の防衛に大きく寄与する可能性を持つ軽量戦闘車両システム」の開発状況を、技術者みずからが紹介した

離島防衛の切り札

 軽量戦闘車両は、紛争地で脅威となっている地雷型のIDEから乗員を守るため、車体の底をV字型にして、爆風などの爆発の威力を左右に逃がす形状を取り入れた。

 最新技術としては、タイヤのホイールの中に走行の動力となる電動モーターを納めた「インホイールモーター」を採用した。この方式は車高を任意に上下させる仕組みを簡単に実現できるため、地雷やIDEが仕掛けられている可能性のある危険地帯を走行する際には、車高を上げて車体の底と爆発物との距離を増やすことで、爆発物から受ける圧力を減じることができる

 防衛装備庁では、島しょ部侵攻対処などの事態に対応する軽量戦闘車両の実現に向け研究を続ける方針だ。

地上から宇宙まで

 講演では防衛装備関連に加え、小惑星探査機「はやぶさ」の運用などで有名な宇宙航空研究開発機構(JAXA)の航空部門による「超音速旅客機と高高度無人機の研究」についても解説があり、超音速旅客機のネックである、音速突破時の衝撃音と燃費の悪さを低減する実験の結果などが公開された。

 シンポには両日で延べ約2500人が参加した。防衛装備庁の渡辺秀明長官は、先端的な民生技術を防衛技術に活用することが課題だとしており、「日本の技術の強みは材料、センサー、ロボット」だと例示している。今回のシンポジウムは、こうした方針を反映したものとなった。





これから増々日本の技術が国土防衛に繋がって行く事となるでしょう

孫子の兵法にある様に戦わずして勝つ!」これが1番の戦い方であると言われて
ますが、戦う前から日本とは戦いたくない・・・と思わせるのも立派な抑止力にもなるし
実際日本を取り囲む国々の兵力と自衛隊の兵力を比較した時に、純粋に兵隊の数
だけを純粋に比べたら中国や韓国にはとても及びませんが、それなのに何故日本の
自衛隊20万人で守れてるか?
となると、そこにはちゃんと裏付けされた理由があるのです。

それは以前にも書きましたが徴兵制を持ちイヤイヤ軍に参加してる兵隊よりも、
志願制である一定のレベルを持った兵隊が世界標準以上の装備を持つ事で他国が
日本に対して攻め入って来れないと言う理由があるのです


第2次世界大戦時に日本が作った零戦などは良く当時の飛行機の中では断トツの
性能だと良く言われますが
現在もその技術力は世界列強の中でも突出しており
決して他国には引けを取らない部分があります


アメリカなどはその技術力を恐れついこないだまで日本国内に於いてのジェット機の
開発を認めてなかったのが良い証拠ですね


これから増々日本のそう言った技術で日本の平和を守って行く事になるでしょう

そう言った意味で今後の軍事関連企業や防衛装備庁の活躍を期待します

とにかく頑張ろう日本!!! 
















 
[PR]

by mabo89 | 2015-11-27 09:11 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by おはようございます。 at 2015-11-27 10:13 x
ATD-Xの飛ぶ姿を早く観たいですね。
まあ装甲車などは、日本が造ればよいものが出来上がる事は間違いない。
問題は値段だけですよw
他国へ輸出しないと値段は下がりませんからね。
Commented by mabo89 at 2015-11-27 11:38
ハチマンさんへ!
そうですね!水道哲学と一緒で数を作らないと値段は下がりませんね!
でもそうなって来るとどの国に販売をすれば・・・と言うのが問題に
なっては来ますが、ブラックボックスを設定して出荷するべきですね!
<< また葬式が入ってしまいました・... やっぱり中国は問題児やね?お前... >>