悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

朝日新聞はホンマにどうかしたいですね~?の巻


しかし、朝日新聞はいつ読んでも未だに中韓寄りの報道しかしない新聞社ですねぇ?
こんな新聞社が日本で1番発行部数の多い新聞社だと言うこの現実・・・

今回も岩城法相と高市総務相の両大臣が靖国に参拝した事を痛烈に批判して中国
韓国のご機嫌取りを始めましたね



先ずはその朝日デジタルの記事抜粋より

韓国「侵略戦争を美化」 2閣僚の靖国参拝や奉納を批判

中国国営新華社通信は18日、岩城法相と高市総務相が靖国神社を参拝したことについて「日本の一部の政治家が靖国神社参拝を続けていることが、日本と中韓などアジア諸国との緊張を招いている」と批判。安倍首相が17日に供え物の「真榊(まさかき)」を奉納したことも伝えた。

 また、韓国外交省報道官も18日、安倍首相が靖国神社に供え物の「真榊(まさかき)」を奉納したことや一部閣僚が同神社を参拝したことについて「韓日中首脳会談開催などを通じ、韓日関係を改善しようとする我々の努力と相いれない」と反発する論評を発表した

 論評は奉納や参拝について「日本の植民収奪や侵略戦争を美化しようとする行為に他ならない」と批判。「日本が正しい歴史認識のもと、謙虚な省察と反省を行動で示す時こそ、韓日関係の安定的な発展が可能になる」と訴えた。(北京、ソウル)






そもそも、なぜ日本の総理大臣が靖国に参拝する事で批判を受けなくていけないの
か?


それはA級戦犯を祭ってるからですか?

A級戦犯とは戦後、戦勝国により東京裁判で都合の良い様に判決を受け勝手に戦犯
として決められたものです


確かに戦争責任はある!と言えばそれまでですが第2次世界大戦に入って行くまで
の経緯を知っているのなら、あの時日本が戦争に向き進んで行かざるを得ない状態
であった事は後にあの「ハルノート」のコーデル・ハル国務長官が語って居ます


あの時、アメリカはイギリスを助ける為に第2次世界大戦に参加したかったのですが
今の日本と同じ様に、アメリカ国内で戦争参加に反対と言う国民感情が高かった時
だったのでアメリカがイギリスを助ける為の口実を作る為に日本を追い詰め真珠湾に
攻撃をさせる事で第2次世界大戦に参戦する口実作りをしたのが史実ですね!

そこでコーデル・ハルは「あの時のアメリカが日本と同じ立場ならあの戦争に打って
出るしかなかったであろう
!」と語って居ます。

そう言った意味では日本はアメリカの思惑通りと言うか、戦略にまんまと乗ってしまっ
たと言うか、乗らざるを得なかった状況だったのです。

現在の平和で安全で技術的にも恵まれた日本と言う国が今あるのも、先の戦争で
自分の身を犠牲にして下さった先人達のお蔭なのです


そんな先人達を祭る神社に参る事で外国から批判を受けなければいけないんでしょう


アメリカのアーリントン墓地には原爆を投下した第2時世界大戦の兵士もも祭られて
居ますが、それに参ったアメリカ大統領を批判した事があるでしょうか?

靖国参拝を批判する人に言いたい事ですが第2次世界大戦に入る前からの本当の
史実を勉強しなぜ日本があの第2次世界大戦に向かい、あの強国アメリカと戦争をし
なければならなかったか?と言う事を学んで欲しいです


それから、それでもまだ日本が悪かったんだと思うのならそれは仕方ありませんが
日本は義の国です。義の為に戦いを挑んでしまった部分はありますが、そのお蔭で
アジア全域に広がった植民地は全て解放されたと言う事実があります


批判をする前に先ずは史実を勉強して下さい

朝日新聞の様な新聞を信望してる人には一生掛かっても理解はできないとは思いま
すが
分かる人はその史実を知ったら、きっと日本人に生まれて良かった!と思う
筈です


自信と誇りを持って行きましょう!!

頑張るぞ日本!!! 
[PR]

by mabo89 | 2015-10-19 09:18 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by おはようございます。 at 2015-10-19 09:40 x
アサヒの口から批判したいが、国民からまた叩かれる。
だからシナマスコミが言ったことにしているだけでしょうw
人民日報築地支部ですからw
Commented by mabo89 at 2015-10-19 16:51
ハチマンさんへ!
しかしどうしようもない新聞社ですね~!
あんなクズの新聞社が日本で1番の購読率・・・
如何に日本で自虐史観が蔓延してるかが良く分かりますね!
<< へぇ~!奈良ってそう言うイメー... 時間が・・・(涙)の巻 >>