悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

TVもちゃんと両方の意見を聞けよ!の巻


昨日行われた参院平和安全法制特別委員会の件でTVのニュースはどの局も反対派
の事は流すのですが、賛成派の事は全くやらないのですね


報道の在り方に問題があるのは前から分かってる事ですが、偏向報道と言うか、誘導
型の報道と言うか・・・
反対意見も取り上げるのなら賛成者の意見も取り上げるのが
本来の報道の在り方ではないのでしょうか


私的に昨日はTVでニュースを見てても、うんざりする内容ばかりでした

日本国民の全体の比率から言えば反対派の比率なんて多くても3割が最高じゃない
ですか


それともう1つ聞きたい事があるのは、今、反対のデモをしてる学生達で今までちゃん
と選挙に行ってた人間がどれほど居るのか?を知りたいものです


中には日本の事を考え以前から選挙に行ってる人も居るでしょうが、ここに来てデモ
が面白いから!とか遊び半分で参加してる学生もいるのではないんでしょうか?

私はラッキーな事に若い頃アメリカとマレーシアで数年間を過ごす経験が持てました。

特にアメリカは若い頃からの憧れもありアメリカに行った頃は日本を捨ててアメリカの
国籍を取っても良いや!と言う本当に軽い気持ちを持った青年だったと思います。

そこで経験した色々な事で段々と自分のアイデンティーを知る事となり、その後に
帰国し、サラリーマンとなってマレーシアに住んだ時に1番凄い経験をしたのです。

それは掃海艇が出てペルシャ湾の機雷を除去する為に向かう途中にシンガポールに
掃海艇が立ち寄った事が向こうの新聞で取り上げられ「戦後42年目にして日本の
掃海艇がシンガポール港に寄港」と言う見出しでした。

当時の新聞は1面に日本が再軍備か?的な書き方でしたが、内容もちゃんと書いてあ
り、日本が何故ペルシャ湾に行くのか?と言う事を批判的には書いてませんでした


そりゃ1部には批判的に書いてる新聞もありましたが、決して今の日本の報道の様な
事はありませんでしたね!

そこで気付かされたのが、当時現地の兄弟の様な親友が同じ新聞を見て「日本の
軍艦が42年ぶりにシンガポールに来たな?」と言うので

アホ!あれは軍艦じゃないよ!だって日本は軍隊が持てない国であれは自衛隊と
言って、他国が攻めて来た時には戦う為の防衛を主体としたもので・・・
」と説明を
始めたのですが、彼が1言「でもあれはマレーシアが持ってる軍隊の装備を越えた
立派なバトルシップやんか
?」と言われた頃から矛盾を感じてたのです。

彼曰く、実際マレーシアロイヤルアーミーよりも優れた装備を持ちそれを軍隊と言わず
自衛隊だと言い張るこの矛盾・・


目からウロコでした!そりゃそうですよね?世界第6位か7位の軍備力を持ちながら
それを軍隊とは認めず・・・って絶対に矛盾がありますよね


それに世界の先進国だと言う国で他国に国を守って貰ってる国がありますか?

世界の基準では自国を自力で守るのは当たり前の事で特に先進国では時と場合に
よっては自国の犠牲を払いながらでも後進国の為に尽力するのが世界の常識なのです


だから今、反対活動をしてる若者達のは機会があれば若い内にもっともっと世界に出
て色々な人達と話をし、経験も積んで
日本が今後どの様になって行くのが良いのか?
どうするべきなのかを真剣に考えて欲しいと思います


その為にはメディアを信じるのでは無く自分で色々な事を勉強して自分で正しい判断
を出して行くべきではないでしょうか


昨日もニュースを見ながらお袋と言い合いになりました。内容は

お袋 「このデモに反対してるお前に聞きたいねんけど、それじゃ日本は武器を持った
    ら戦争にならへんのか
?」と聞くので

 「じゃあ武器を捨てたら戦争にならへんと思うか?」と聞くと

お袋 「さぁそれはどうやろ?」と言うので

 「分かり易い様に説明したるわ!自分は普通に交通ルールを守って車を運転して
   ても横から車が突っ込んで来る事ってあるよな?それって防げるか
?」と聞くと

お袋 「そりゃ突っ込んで来たらしゃーないやろ?」と言うのです。

 「しゃーない!で済んだら良いけどすまなかったらどうするの?」と聞くと

お袋 「どうしたら良いの?」と答えるので

 「突っ込んで来ても良い様に車を頑丈にし色々なセンサーを付けて事故を防ぐ為
   の装備を付けるしかないわな!でもそれでも場合によっては事故死する場合も
   あるやろ!そこまでやってても死ぬ場合は仕方のない事で、ある意味天命としか
   言い様はないな
!」と答える。

   「俺が言いたいのは、今、反対運動をしてる若いお母さんに特に言いたいねんけ
   ど、自分の子供が戦争に駆り出されるのは嫌だから・・・って反対してるけど、
   他人の子供なら良いのかな?それも含めて反対するのなら誰がどうやって日本
   の平和を守って行けば良いのかな?日本がチベットの様に中国の自治区になり
   自由が無くなり反対すると理由を付けて粛清と言う名で抹殺される世界が望み
   なら仕方無いけど、俺は自分の子供達や孫達の将来の為に今の日本を守る為
   には何があっても徹底抗戦するけどな!
」と話は終わりました。

お袋も昭和の初めの生まれで戦争中に大きくなってるので戦争の悲惨さも知ってま
す。勿論戦争には反対ですが、自国を自力で守るのは当たり前で、今、何故反対派
が自国を守る事を反対してるのかが理解できない見たいですね


まぁとにかく頑張りましょう日本!!! 
[PR]

by mabo89 | 2015-09-17 11:58 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by hachiman01 at 2015-09-17 12:53 x
こんにちは。

お年寄り、特に女性は戦争など懲り懲りですからね。
「戦争になる」と言うTVや新聞の報道ばかり観ていれば心配にもなりますよ。
まあそれが反日マスコミの狙いであるんでしょうが。
お年寄りの票は大きいですから。
「抑止力」があるから戦争にならない。
これをきちんと理解してもらうほかはないでしょう。
お母さんに優しくしてあげてね。

Commented by mabo89 at 2015-09-17 15:11
ハチマンさんへ!
有難うございます。うちのお袋はちゃんと理解してますよ。
私も今回の法案は反対じゃありませんがもろ手を挙げて賛成でも
無いのです。
結局問題は一杯残りますよね?例えば自衛隊が紛争地域に
駆り出され、交戦する事があり、もしも敵国の人間を殺した場合
現状、国内では国内法により裁かれますね?
そうなると敵国兵を殺した自衛隊員は殺人罪に問われる可能性がありますね!
そうならない為にも先ずは逃げを打たずに正面から憲法の改正を
至急にするべきでしょうね?
<< やっぱり根本的に憲法改正が必要... 中国の実態が本当に危機的状況で... >>