悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中国が「心神」を褒め出すって事は何か裏があるの?の巻


中国が南シナ海のジョンソン南礁フィリピン名・マビニ礁、中国名・赤瓜礁、)
埋め立てをほぼ完成させた模様ですね

a0259347_8563537.jpg

中国は現在7か所の岩礁で計12.8平方キロに及ぶ埋め立てを進めておりそのうちの一つジョンソン南礁(Johnson South Reef、フィリピン名・マビニ礁、Mabini Reef、中国名・赤瓜礁)には桟橋2つ、ヘリポート2つ、最大3基の衛星アンテナを備えた小型の港が造られているという

7ヶ所での埋め立てを進める中国は強気な発言で日本に対しても挑発的な言動を
繰り返してきてますが
、ここに来て急に日本の現在開発中の戦闘機「心神」に付いて
中国メディアが今までとは逆の記事を掲載し始めましたね

これには何か裏があるのではないでしょうか

先ずは今日の記事抜粋より。

日本の「心神」は凄い戦闘機になるぞ!=中国メディア

中国のポータルサイト新浪網」は1日「日本の『心神』戦闘機はその軍事実力を誇示―設計はJ-31の先を行くと題する記事を掲載日本が開発を目指す戦闘機が「極めて優秀」なものになると予想した
a0259347_922015.jpg

 日本では日本の防衛省技術研究本部が三菱重工業を主契約企業として「先進技術実証機(ATD-X)」を開発中だ。防衛省は一方で、「23DMU」、「24DMU」、「25DMU」と、第5世代戦闘機のコンセプトを発表している

 「ATD-Xには関係者が当初用いた「心神」という通称がある中国では、「ATD-X」ではなく、日本が開発するであろう戦闘機そのものを「心神」と呼ぶ場合が多い。記事は「23DMU」などの資料をもとに、「日本が開発するであろう戦闘機」を分析した。呼称は「心神」とした

 記事は一方で、自国戦闘機の問題点を強調>。「J-31(殲-31)」の形状については尾翼部分に空力性能を乱しかねないふくらみがあると批判>。「心神」については対照的に「全体的に簡潔なラインで自然な流れ」、「合理的」と評価した

 エンジンについては、「某国には目下のところエンジン面で制約を受けている問題がある。『威龍』は推力偏向があるエンジンを使えないと指摘し、「日本は根幹技術の面で、某国よりも早く実証に着手する可能性があある」と自国側を皮肉った。「威龍とは中国が開発中の「J-20(殲-20)」の愛称だ

 中国の軍用機、とりわけ戦闘機開発で最大の「泣き所」はエンジンだ自国での開発は難航し、一応の完成を見たエンジンも「問題あり」との見方がある。西側国家の場合、自国で開発した機体に同じ西側である別の国のメーカーのエンジンを搭載することも珍しくないが、中国が西側国家からエンジンまたは技術の供与を受けるのは絶望的だ

 そのためロシア製エンジンに頼らざるをえないが、ロシア側も中国が望む性能のエンジンを簡単には売らない自国と比較して、中国を軍事大国」でもなく「軍事小国」でもない“軍事中国”程度にしておこうとの思惑があるのと同時に、中国がロシア製兵器を「コピーする常習犯」であることを警戒しているとされる

 「新浪網」の記事は日本の戦闘機開発についての「想像」の域を出ないものだが、日本の総合的な技術力について高い評価が背景にある






今迄は日本の開発中の戦闘機を褒める事無く如何に無能な戦闘機開発をしてるか
と批判的な事しか書いてない中国メディアが何故ここに来て急に「心神」を褒め出して
居るのかが不思議でなりません


これは中国特有の褒めたり貶したり押したり引いたり・・・の揺さぶりなのか?それとも
本当に認めているのか?かが良く分かりませんね!

とにかく中国が急に褒め出したり腐したり、何か発言する時は警戒をする時だ
思うのは私だけでしょうか


経済的にも逼迫してる韓国は取るに足らない国で相手するのも時間の無駄なのです
が、中国は看過できない国なので注意深く見て行く必要はありますね


備えあれば憂い無しですよ・・

頑張りましょう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-07-03 09:24 | 時事問題 | Comments(0)
<< 「鞘の内」の意味が分かった様な... さすが日本の危機管理やね!世界... >>