悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やるねぇ~三菱!!また韓国が妬んで来そうやね?(爆)の巻


三菱重工が開発中の水陸両用車に米海兵隊が興味を示している様だ

性能的にも現在アメリカ軍が使用している「AAV7」よりもはるかに上で
AAV7の水中での速度は時速7ノット(13キロ)。日本の関係者によると、三菱重が
研究中の車両は時速
20─25ノット(37キロ─46キロ)だという。

勿論、陸上での操作性を犠牲にする事無く海上行動での性能も上げているんだから
米海兵隊としても興味を示さない筈が無い


このニュースを読むだけで今後、日本が開発する装備は全世界で羨望の眼差しで
見られる事は間違いないでしょう


どんどん性能の良い装備を開発し、現在、南西諸島などで中国に苛められていて
日本と同盟関係を構築したい国々にそう言った
装備を買って貰い、その買って貰った
装備でその国の防衛力を高めた上で、日本との同盟関係の強化を計る事で、日本の
経済は回る上に同盟体制を強化し、中国包囲網も構築できる
!と言う一挙3徳です
ね!


そこで今日のロイターの記事抜粋より

三菱重の水陸両用車、米海兵隊が関心

[東京 24日 ロイター] - 三菱重工業(7011.T)が研究を進める新型の水陸両用車に、米海兵隊が関心を示しているこれまで突破できなかった技術的な壁を超えらえる可能性があるとして特にエンジンに注目

海兵隊向け次期車両の開発に携わる英BAEシステムズ(BAES.L)と米ゼネラル・ダイナミック(GD)(GD.N)がそれぞれ三菱重と協業を模索している

<水中の速度と陸上の機動性>

今年1月、海兵隊のトゥーラン中将は三菱重を訪れ水陸両用車の試作品を視察した。主力戦車から転用したエンジンと新しい水中推進技術を搭載したこの装甲車は海兵隊が要求する性能を満たす可能性があった

揚陸作戦で海兵隊が約40年使ってきた「AAV7」よりも地上での機動力に優れ、水の中を進むスピードも速いーー。同席していた関係者によると、トゥーラン中将は三菱重工の技術者からそう説明を受けたという。

現時点では分からないが、陸上での機動性を犠牲にせず、水中で時速20ノット(37キロ)出せるなら非常に興味がある」と、試作車を視察した海兵隊の関係者は話す。とりわけ、エンジンと水中での推進システムが活用できそうだという

AAV7の水中での速度は時速7ノット(13キロ)。日本の関係者によると、三菱重が研究中の車両は時速20─25ノット(37キロ─46キロ)だという。

<海兵隊、年末までに2社に絞り込み>

水陸両用車は海兵隊の中核的な装備だが、過去数十年、技術的に重要な進歩はみられていない。水中での速度を上げようとすると、エンジンが大きくなって陸上での機動力が低下する。AAV7の後継としてGDが開発に取り組んだ車両は、コスト増と技術的な問題で2011年に開発中止に追い込まれた

海兵隊は昨年、後継選定に向けた公募を始めた5社から提案を受け、今年末までに2社に絞る予定だが、BAEとGDが研究した結果既存の技術では海兵隊の要求性能を満たせそうにないことが明らかになったという。「技術はあるが、現実的なコストで対応することはできない」と、BAEの広報担当者は話す

a0259347_08482790.jpg

そこで目を付けたのが三菱重が研究を進める新型車日米の関係者によると、両社とも三菱重のエンジンと推進システムに注目し、それぞれ協業の可能性を探っているという。「日本の技術は検討してみる価値がある」と、米側の関係者は話す

<AAV7は「旧式すぎる」>

離島防衛を強化中の日本は陸上自衛隊が3000人規模の「水陸機動団」を2018年度までに編成する米国から52両のAAV7を調達、配備する計画だが、複数の防衛省関係者は「旧式すぎる」と口をそろえる

水中での速度が遅いことに加え、南西諸島での作戦に必要な環礁を走破する能力がない可能性があり、三菱重はその後継車両を念頭に新型車の研究を進めている

試作車はまだ試験段階で、実際の開発・生産に入るのは先の話だ。しかし複数の関係者によると、三菱重は米国を含めた海外への輸出を視野に入れている

三菱重の広報担当者は「社内で研究したものを防衛省に提案したが、個々のプロジェクトの詳細についてはコメントを控えたい」としている。

BAEの広報担当者によると、同社は自衛隊向け新型車の共同開発でも三菱重と協議をしているという。関係者によると、GDも三菱重と協議中だが、同社の広報担当者はコメント控えた。






日本も今まで航空機などの武器製造に於いて色々な制限がありましたが、戦後70年
経ってようやくそんな色々な制約が解除され始めた途端に中国の台頭
・・


これはそうなるべくしてそうなって来たのかも知れませんね?

航空機部門に於いても旅客機の開発でもホンダと三菱が名乗りを上げて世界水準
以上の物を作り出す力があるんですから、頑張って欲しい物です


とにかく日本の経済を回りながら、近隣諸国との連携を深め、それで持って中国包囲
網を固められたら、それに越した事はありませんよね
!!

とにかく頑張ろう日本!!!
















[PR]

by mabo89 | 2015-06-24 09:05 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by hachiman01 at 2015-06-24 21:08 x
こんばんは。

いやー素晴らしい。
米国製が旧式なのは無理もない。
そもそも敵前上陸作戦などやる気もないのですから。
米国ならその前に水際から内陸に至るまで、ボコボコに爆弾を落としますから、手漕ぎボートでも安全に上陸できる。
水陸両用車はマスコミ写真用のパフォーマンスに過ぎないから遅くても良い。
しかし日本は尖閣と言う問題があるので本気で開発したんでしょうw
まあ日本が本気を出せばこんなものだい!
などとホルホルしてみるwww

Commented by mabo89 at 2015-06-25 08:09
ハチマンさんへ!
本当に素晴らしいですよね?先日も韓国の偽術力に付いて
書いてたのを読みましたが「月とすっぽん」と言う言葉は
韓国の為に出来た言葉か?と思う程ピッタリの言葉ですね!
日本の技術を信じたいし、また信じられる技術ですね!
頑張りましょう日本!!!爆
<< 岡田代表!そろそろまともな国際... いよいよ中国は警戒レベルになっ... >>