悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中国から日本を守る為には今後の体制作りが肝心ですよね!の巻


しかし最近中国が何故か異様に自国の航空能力を自慢すると共に、日本の航空力と
の比較
をしてきますね


しかも中国の戦闘機の方がどれだけ優位か?必死で発表していますが、これは
中国生まれの兵法を基にすれば、中国の航空能力が日本よりも劣っていると認めて
る表れだと私は感じています


つい先日も中国のJ-11に多くの欠陥が見つかった!と言うニュースを目にした所
ですが、その記事が出だした途端に今配備中のJ-20日本にとっては脅威なんだ
と誰に言ってるのやら・・・?爆

私見になりますが兵法にある「虚実編」に沿って言うのであれば、本当に中国の
航空力が脅威になったとするならば、中国が「うちの国の航空力は日本には到底かな
わない
!」と言いだした時が本当に脅威になった時だと思います


故に我、戰わんと欲せば、
敵 戰いを我とせざるを得ぬ者、其の必ず救う所を攻むればなり。
我 戰いを欲せざられば、地に畫(書:しょ)してこれを守るといえども、
敵 戰いを我とせざるを得ぬ者、其のゆく所 膠(欺:あざむ)けばなり


だから私が戦うと望めば、
敵は、私と戦いたく無いと思っていてもそこから出て戦わなくては行けない、なぜならほかの救援に行かなければならない弱点要所を攻めるから。
私が戦いたく無いと望めば、
例え地面に書いた城壁でも、敵は攻めて来ない、それは敵を欺いて敵の進む方向と別の所にいるから


まさに例え地面に書いた城壁でも、敵は攻めてこない・・・を地で行ってますね


そこで今日の記事抜粋より・

「F-35」戦闘機、日本が配備したって「怖くなんか・・・ないもん」=中国メディア

中国のポータルサイト「新浪網」は18日付で、「中国空軍はいかにして、日本の「F-35」に対応するか。「J-20はすでに、日本にとって脅威」と題する論説を掲載した。自国が開発中のJ-20の方が優秀であり、大量配備により「質・量」ともに航空自衛隊の戦闘力を圧倒すると主張した
a0259347_1071549.jpg

 記事は、F-35について、亜音速域における運動性と航続距離を重視していると分析。安定した旋回能力は大出力のエンジンによるものと指摘。ただし、超音速領域においてはすぐれていると言えないとの見方を示した

 F-35に搭載される「AN/APG-81レーダー」の電子戦能力にも注目相手戦闘機が搭載するレーダーを焼き切り、「作戦続行能力を喪失させる」と説明した

 さらに米国がF-35の開発にあたって出資比率などで売却対象国をランク分けしていることを指摘。日本は「4番目のランク」であり、引き渡しは2020年以降との見方を示した

 日本の航空自衛隊はF-35を配備しても「わが国に対してさほど大きな脅威にはならない」と主張。ただし、F-35は卓越性は認め、開発中のJ-20(殲-20)の大量配備が、最も有効と主張した

 J-20については2025年には120-170機を配備と予測。米国が保有する「F-22」が180機あまりであることに匹敵すると論じた

 さらに中国は早期警戒機や電子偵察機、電子戦、通信なども含め、「日本の航空自衛隊から規模の上で絶対に優位に立てる」と主張。さらに、「『J-22が装備するレーダーがF-35と比べて、それほど差がなければ」と仮定して、F-35は20-40キロメートルの距離でJ-20を発見できるが、J-20は、場合によっては100キロメートルでF-35を発見できるので「有利」と論じた

 さらに「J-20の総合電子能力や機動能力は、いかなる戦術態勢においても『F-35A』より優位」、「わが国のステルス機は数も多く、質もさらに高い」主張した

 記事は、中国の戦略について「わが国は定められた計画を継続し発展させれば、軍国主義勢力の目的を圧倒できる」と説明した






実際本当に強い奴は、グチャグチャ言わずに「いつでも掛かって来いや!」と言うのが
普通だと思いますね


俺は強いんや!と必死で訴えるあたりは今は日本と戦っても勝ち目がない事を知っ
てるから俺は強いんやぞ!と言う表現になっているんでしょう


それに伴い中国は今、必死に軍備増強を進めている状態なのです
後何年か後に中国がギャアギャア言わなくなった時は本当の意味で注意し警戒を
しなければいけないと思うのですが
その時に日本が十分に対抗できる体制を取って
置かねば全く意味がありませんね


とにかく頑張るぞ日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-05-20 10:24 | 時事問題 | Comments(0)
<< しかしまだ反日活動を続けるか?... 国民投票って悪い事なの?毎日さ... >>