悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ちなみに朴クネ政権は年内持つのかなぁ~?(爆)の巻


良い流と言うか、韓国にもやっと自分達の行動パターンに疑問符を持ち始めた人間が
出て来た様ですね


韓国メディアの中央日報の電子版によると、韓国政府の行動がどうしてアメリカで
受け入れられないのか?
と言う事を書いていて簡潔に分かり易く説明している文章と
して「韓国は韓国のための遊説ではなく、反日の遊説をしているから、米国の支持が
得られないのだ
」と書いていますね


なかなかこの記事を書いる韓国人ジャーナリストは自国の置かれた立場を良く理解
していると思います



そこで先ずは今日の新聞記事の抜粋より


韓国政府は「狼ともダンスせねば!」・・・日本を避ければ米国に見離される=韓国華字メディア

韓国メディア・中央日報の中国語電子版は8日、日米両国が関係を強化するなかで、韓国政府は自国の利益のためにオオカミともダンスをしなければならない」とする評論記事を掲載した
a0259347_10534520.jpg

 記事は「日米防衛協力のための指針が18年ぶりに見直されたことで、東アジアの緊張がより高まり、「戦争ができる日本という安倍晋三首相の夢実現の道が開けたと紹介一方で米国は、「指針」見直しの目的が中国や東南アジア諸国の台頭で変化するアジア地域において、最大限度その影響力を拡大することにあることを率直に明かしているとした

 また、「一帯一路」戦略やアジアインフラ投資銀行(AIIB)で息巻く中国に対して米国がいささか消極的であり、ハイレベルな安保上の役割を日本に「委託」していることを提起。さらに、先月末の安倍首相の米国議会演説前に米国政府高官が口を揃えたように日本の支持を示し、韓国を批判したと説明した

 そのうえで米国の「日本びいき」の状況について、先日ソウルで行われたフォーラムでアジアの専門家らが「韓国は韓国のための遊説ではなく、反日の遊説をしているから、米国の支持が得られないのだ」と指摘したことを紹介した

 記事は、「もし日本政府が謝罪しなかったら、朴槿恵(パク・クネ)政権はどうやって日韓関係を正常化させるのか。数々の問題で人気が谷底状態の政権においてはなおさらのことだと問題提起したうえで、「朴大統領は重大な決断をしなければならない。慰安婦や歴史の問題に執着して日本を避ければ、韓国は米国に隔絶されると訴えた

 そして「まずは安倍首相と会って安保や経済、文化における関係正常化について協議すべき。安倍首相の歴史修正主義や軍事大国路線をどんなに批判しても、背に腹は代えられないのだ」とし、近い将来行われる予定の日中韓3カ国首脳会談が両国関係改善の扉を開くチャンスになりうると論じた

 記事は最後に「慰安婦問題への謝罪を頑なに拒む安倍首相は道徳的に問題のある人物だ。しかし、国の利益のためにはオオカミとダンスをする必要もあるのだ。長期政権が保障されている安倍首相に対して、実用主義的外交を展開しなければならないのだ」と締めくくった。





実際の所日本人としては文中にある「もし日本政府が謝罪しなかったら、朴槿恵(パ
ク・クネ)政権はどうやって日韓関係を正常化させるのか。数々の問題で人気が谷底
状態の政権においてはなおさらのことだ
」と至って冷静に書いてるのに驚きました


今迄の韓国メディアなら、そう言う状態であっても、とにかく日本が~と喚くだけだった
んですが、客観的に物事を見つめ報道する記者が居てる事に対してヒョットすれば
この記者はサルの名前でわざわざイギリス大使館に電話を掛けて、それが如何に
自分は凄い報道をしてるんだ!
と自慢げにやってる日本の腐った記者達よりもマシか
も?
と思った今日この頃です


とにかく韓国でこの声が上がり出したので、場合によっては韓国の政治に急に変化が
起り、朴クネ政権が終焉を迎えるかも知れませんね


そうなると次期大統領は親日家か逆に今以上の反日家のどちらかになると思いま
す。まぁどちらにしても日本としては韓国に関わらず真っ直ぐ未来に向かって歩を
進めるだけで良いと思いますね


もしも親日家の大統領が誕生して日本にすり寄って来たとしても経験上それに騙さ
れて手でも貸そうものなら
また50年後に日本が~~!となってしまうからです

韓国のDNAは続くのです。それを念頭に於いて対峙して行きましょう

とにかく頑張るぞ日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-05-12 11:21 | 時事問題 | Comments(0)
<< 韓国の最新鋭潜水艦をもってして... 土曜の夜は薬師寺で小林幸子のコ... >>