悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

阪神・淡路大震災の教訓を生かす為にも1度読んで見ては?の巻


一旦仕事が落ち着き今、事務所に帰って来てニュースを読んでたら、私が以前から
興味を持ってる地名と災害の関係についての記事が掲載されてたので、皆様に
紹介をしたいと思います




記事の抜粋より


「地震で崩壊する土地」は地名でわかる!! ~阪神大震災から20年、データが語る地名と被害の相関~


 1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から、間もなくちょうど20周年を迎える。午前5時46分という未明の時間帯に起きたこともあり、就寝中に倒壊した住居の下敷きとなり圧死した人も多く、犠牲者数は6,400名以上という最悪の惨事となってしまった

 地盤が弱い土地に住むと大地震が起きた際に住居が倒壊するリスクが高まる。阪神・淡路大震災では、かつて海や川だった地盤の弱い土地で、建物や高速道路が倒壊するケースが圧倒的に多かった。「環境考古学」に携わる立命館大学教授の高橋学氏は神戸周辺の旧河道、つまり昔は川が流れる道筋だった場所を示す「旧河道図」を作成しているが、死者の約8割は、この旧河道上で亡くなっていたことも判明している。本来このような土地は、人が住むべきではない土地なのだ

 では、私たちはどのようにして地盤の良い土地と悪い土地を見分ければよいのか。実は、ひとつのカギは"地名"にある今回は、地盤がいかに人々の生死を分けるのか、阪神・淡路大震災の実例を示した上で、来たるべき首都直下地震に向け、注意すべき"地名"について考察を進めることにしたい

被害は地盤が左右する

 さて、阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けた神戸市では、前述のように地盤の良し悪しが人の生死を左右するケースが多かった。先月7日、神戸市が当時の被災状況を記録した写真データ約千点を無料で提供するWebサイト「阪神・淡路大震災『1・17の記録』」を開設している。このオープンデータから、建物に大きな被害が出た土地の例を紹介しよう。

・ 中世からの旧河道、フラワーロードに面して建っていたホテルは、完全に倒壊した。また、同じくフラワーロード沿いに建っていた三宮駅や神戸市役所なども倒壊してしまった。

・ それに対して、三宮駅西側のチャイナタウンがある南京町に旧河道はなく、砂堆(さたい)という乾燥した地質となっており、古い民家も倒壊せずに残ったところが多かった。石像が倒れるなどしているものの、確かに建物の倒壊などは見られなかったようだ。

・ 阪神高速道路の高架部分が倒壊した光景は、世界中に衝撃を与えた。前述の高橋学氏によれば、このように特に大きな被害を受けたのは、軟弱な地盤とそうでないところの境目だったという。現場は、東灘区の深江本町。「江」という字が海辺を思わせる町名だが、その名の通り、阪神高速道路は海沿いを走っているのだ。

要注意の地名とは!?

 以上を踏まえた上で、ここから話の本題に移ろう。一般的に地名は、その土地の形状を表したり、歴史的事件を前提に名付けられたものが多い地震・津波・洪水などの自然災害が起きたところでは、そのことを後世に伝えるべく警告として命名される例も少なくないそのような過去の災害の履歴を表す地名を崩壊地名と呼ぶ

 たとえ今は海・川・沼などが近くになくても、""に関係した漢字が含まれる地名は、水辺に関連した地質であり、地盤が弱い危険性がある具体的には、「川」「河」「江」「沢」「瀬」「浦」「池」「沼」「袋」「泉」「井」「汐」「潮」「浜」「洲」「須」「田」や、その他の"さんずい"が付く漢字などで、これらが地名に含まれる場合、かつて水場だった可能性を排除すべきではない

首都直下地震で危ない土地

 さて、いつ首都直下地震が発生してもおかしくないとされる昨今、首都圏に住む人間にとっても、この"地名"と地盤の関連は決して他人事ではない。次に、東京都内で軟弱地盤と思われる地名の例をいくつか紹介したい。
a0259347_17355255.jpg

・ 渋谷(渋谷区)と四谷(新宿区) まず、「渋谷」や「四谷」などに見られる「谷」は、その名の通り谷地形を示しており、かつては川が流れていた土地である。渋谷には宇田川町という地名も残っているが、地盤が弱い場所が多いことをうかがわせる。前述の高橋学氏によると、大地震が起きた時にいちばん危険な場所は、もともと海だったところで、次が谷だという。

・ 浅草と吉原(台東区) 谷川影英著『地名に隠された[東京津波]』(講談社)によると、「浅草」は浅瀬の川沿いに草が茂っていたという解釈が妥当だろうという。川沿いに草が生えていたということは低湿地であり、地震による大規模な液状化が懸念される。そう、「芦」「葦」「菅」「蒲」「荻」「蓮」「鴨」「鶴」「亀」など水辺に見られる動植物が付く地名も、要注意なのだ。台東区の「吉原」は、かつて「葦原」だったとされており、ヨシ(アシ)が生い茂る低湿地であることを示す。

・ 海抜ゼロメートル以下の地域(江東区、墨田区、葛飾区) 東京はそれほど大きな津波に襲われることはないと思われがちだが、2011年の東日本大震災の時でも、3メートル近い高さの津波が東京湾に到来していた。全国で海抜ゼロメートル地帯が広い都道府県を挙げると、愛知、佐賀、新潟、東京の順となる。しかも東京の下町には、江東区、墨田区、葛飾区のように海抜がマイナス数メートルとなる土地さえ存在しており、震災時に堤防が決壊すれば、浸水で壊滅的な被害を受けることになる。この地帯は明治時代までは水田が広がっていたところで、ここも本来は、人が住むに適した土地ではなかったのだ。

・ 築地と月島(中央区) 埋立地も液状化が強く懸念される軟弱地盤である。そして、これも地名で判断できることが多い。中央区の「築地」は、その名の通り人工的に築かれた土地だ。「月島」も本来は「築島」であり、同様に埋立地を意味する。江東区の「砂町」は、かつて砂浜だったと推測され、液状化の起きやすい軟弱地盤であることが疑われる。それに加えて「梅」が付く地名は、植物の梅とは関係なく、もともと「埋立地」の「ウメ」だったというケースが多いので、十分な注意が必要だ。(大阪の梅田もまさにその通りで、低湿地帯で泥土を埋め立てて田畑地を築いたことから命名されたものだ)

地名の安易な変更が、被害を助長する

 こう見てきたように、地名はその土地の"本当の姿"と"過去の災害史"の貴重なデータベースであるといえる。だが、近年では伝統的な地名が、「桜ヶ丘」「緑ヶ丘」「富士見ヶ丘」「◯◯ニュータウン」といった、歴史的にその土地とまったく関係のない地名に変えられてしまう例も多い。イメージを優先させるため、自治体や土地開発業者らが勝手に命名したものと推測される。

 しかし地名とは自然災害に関する先人たちの経験と知見が詰まったものであり、さらに後世へと継承していくべきものなのだ。日本民俗学の権威である谷川健一氏も、このような風潮を嘆き「行政の都合による安易な地名変更は許せない」と語っている。いずれにしても、新興住宅地などに住む人は、その土地の明治時代以前の名前を調べてみることも必要だろう

 最後に、今回紹介した地名による災害リスクの判断は、ひとつの目安にはなるが全ての地名が必ずしも地質によって決まっているわけではない点も指摘しておく。また、たとえ地質を反映した地名だとしても、自分が住んでいる場所の地盤の良し悪しが正確にわかるわけではない。結局のところ、その土地が本当に危険かどうかは、ピンポイントで地盤調査を専門家に依頼するのが最良の策と言えるだろう。





阪神淡路大震災の時に感じた事は昔は人間が自然合わせて生活をするのが当たり
前だったのに
人間が逆に知恵と技術で自然を支配できると錯覚したからこそこの
震災が起き、その上被害が大きくなったんだ
!と感じたものでした。

特に神戸の場合は六甲の山を開発し、そこで出た砂を使って海を埋め立て・・・と
人間の驕りによるバチが当たったにかなぁ~?とも感じた時に、本屋で目に留まった
のが「地名で分かる・・・と言う本でした

約20年前の震災ではありますが、その当時に読んだ本によるとやはり地名に関連
した場所の家屋が倒壊したり・・・と言う事が多かった見たいなので、皆様も1度
自分の住む地名を研究するのも面白いかも?ですね


備えよ!日本人!!!
[PR]

by mabo89 | 2015-01-16 18:12 | 歴史 | Comments(4)
Commented by Miyanao117 at 2015-01-17 02:41
「昔は人間が自然合わせて生活をするのが当たり
前だったのに、人間が逆に知恵と技術で自然を支配できると錯覚したからこそこの震災が起き」、、本当にその通りですよね。自然のあるがままを受け止めてきた昔の日本と比べて、近頃は「人災」と思えるような災害が多いように思えます!

なかなか、考えさせられる記事を紹介してくださって、ありがとうございます!


Commented by mabo89 at 2015-01-17 08:50
い・い・いやぁ~(汗)モナさんに褒めて貰えるやなんて・・笑
でも実際そう思うんです。私は先祖代々奈良県生まれの奈良育ちで
興味を持ったのが、何故その昔に日本最初の首都がこの奈良の地に
作られたのか?と言う事を若い頃より色々な本を読んだ所
言える事は簡単に言うと「天変地異が少ない地域である!」と
言うのが総合的な話しなんだろうなぁ~?と感じたのです。
その時に昔の人は生活を本当に自然に合わせて協調しながら
生活をしてたんだろうなぁ~?と感じたんです。
結局最後は人間は自然の中で生かされていると言う事を知る日が
必ずあると思いますよ!自然を大切にしましょう!爆
Commented by hachiman01 at 2015-01-17 09:32 x
おはようございます。

アタシん家など最初から埋め立てと解っていますからね~。
3.11はかなり揺れて液状化で下水も使用できず大変でしたよ。
近所の家は傾いたし・・。
でも逃げるところもないし、地震が来れば来たで仕方ないw
Commented by mabo89 at 2015-01-17 13:35
ハチマンさんへ!
液状化って怖いでしょ?私の友達もポートアイランドで
買ったばかりのマンションが傾いて大変な思いをしました。
かって3日目にあの神戸の震災・・・マンションは住めなくなる上
以前住んでたマンションは売った後・・・悲惨でした。
地名ってそう言う意味じゃ大切な部分かもですね?
<< ちなみにうちの新戦力は本当に大... 多分、韓国国内で暴動が起きるの... >>