悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

今の時代、親が子供に甘いのか?世間が何かおかしいのか?の巻

今日の朝、新聞を読んでて高校野球の監督が暴力行為で逮捕の2文字が出てた・・・
私は現在52歳でスポーツは小学校1年生から柔道を始め中学では野球部、高校時代
は早く家に帰りバイクに乗りながら皆で集まって楽しむ帰宅部と言うか・・?そして
そんな怠惰な生活に喝を入れる為に大学に入った時はアメリカンフットボール部と
体育会系で来たのです


そんな私からすると先生や監督が怒った時は「愛の鞭」とでも言いましょうか鉄拳が
飛んで来るのが当たり前の中で過ごして来たので、記事を読んでて何か変な感覚に
なってしまいました


今の時代先生が生徒に手を出すのはいけないのかも?知れませんが、体育会系で
監督や先生が怒った時は鉄拳を食らうのが当たり前だった時代の人間としては
本当に不思議な気分です


昔は先生に叩かれるのが普通の時代だったし、家に帰って、もしも先生に怒られた
と言うのが分かった日にゃ逆に親から
お前また何か悪い事でもしたんか?」
有らぬ疑いを掛けられ、逆に親にも怒られる様な時代でした


私の子供が中学生の頃に家庭訪問があった時も、丁度、野球部に入ってた息子の
担任が野球部の監督だったので、先生が来られた時は
先生、もしもうちの息子が
悪い事をしたり、他のチームメートに迷惑を掛けた場合は遠慮せずにバンバン叩いて
気合を入れてやって下さい
!」うちは基本的に悪い事をした場合はバンバン行きます
からと言ってました


でも今の時代はそれも駄目なんでしょうね~?でも少なくとも家や学校では悪い事を
した場合、愛の鉄拳があっても良いと思うのです


子供を本気で守りたいのなら、親もその覚悟を持って本気で子供に対したら、
真剣に子供を怒らなければいけない時が必ずある筈なんです


そんな時に特に父親は命を懸けて子供に接して行けなければ、抑えが利かなくなった
子供達が道をそれて行ってしまうのです


息子の高校時代は沢山の友達がうちにも来てたのですが、どんなに悪い奴でも
基本的にはうちの家では皆がおとなしく従順な奴等でした

それは誰にかまわず、うちの家で悪い事をした奴は血祭りに上げると言うルールが
息子の友達の中でも徹底されてて、それを知らなかったり舐めてた奴の何人かは
経験を積んだら私の本気度を知り従順で可愛らしい高校生になるのです

まぁ少なくともうちの家ではですが・・・爆


今の親たちに是非読んで欲しい本があります

それは中村昌子の「心の手足」と言う本です。

厳しさは優しさだ!と言う事が本当に良く分かる本です。1度書店で探して見て下さい

やっぱり家の近所に怖いオッチャンが必要なんですよ

とにかく頑張りましょう日本人!!!
[PR]

by mabo89 | 2014-08-01 09:25 | 教育問題 | Comments(4)
Commented at 2014-08-01 11:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mabo89 at 2014-08-01 12:38
かぎこめさんへ!
確かに変な時代になりましたね?どんな学校も暴力はいけませんが
怖い先生の存在は絶対必要ですね!
Commented by Miyanao117 at 2014-08-02 01:06
確かに、子育てというのが変わってきましたよ、私たちの子供時代よりも。ただ北米では、子供に手を上げると、犯罪沙汰になったりするので、子育ての概念が違うみたいです。一つだけ、北米式がすばらしいと思うのは、子供を扱うときに、大人を扱うように話をすることです。こちらの子供たちは、小学生であろうとも、かなりしっかりとした論理を持って、自分の意見を述べたりするので、びっくりすることがあります。
和洋で違いはありますが、要は、子供の躾に、大人たちがまじめに取り組むことが大切なんですよね。
Commented by mabo89 at 2014-08-02 09:25
モナさんへ!
確かにアメリカあたりは子供に手を出すのは難しい所ですね!
ただ日本とは文化の違いもあり、日本的には侍の時代より「躾」と
言う文化が残ってるので、その国なりの教育の仕方と言うのがあると
思うのです。暴力を振るうと言うのはいけませんが、難しい所かも
分かりませんが、この日本と言う国で生きて行く為には、先ず躾が
必要だと思いますねぇ~!その躾の基本は家庭内から親の背中を
見せる所から始まると思います。難しいですが・・・
<< 韓国軍さん!下手なお笑いより面... 確かに海外では、たまに驚く様な... >>