悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いやぁ~書かなきゃいけない事が一杯ですね!の巻


いやぁ~安倍首相も頑張ってますね!今日の新聞を読んでてどれに付いて書こう
か?と迷うほど色々な動きが出て来てます


先ずは安倍首相の事から・・・産経新聞の抜粋より

罠にかかった中国 シャングリラ講演に込めた安倍首相の深謀遠慮

2014.6.7 07:00 (1/4ページ)[名言か迷言か]

「アジア安全保障会議」の講演後、中国側出席者(手前)から靖国神社参拝について質問を受ける安倍晋三首相=5月30日、シンガポール(共同)

 「昨年、私は靖国神社を参拝した際、コメントを述べました。その際国のために戦った方々のために手を合わせる、ご冥福をお祈りするのは世界共通のリーダーの姿勢であると私もその意味において『御霊安かれなれ』と手を合わせたと申し上げました

 「同時に私はこう申し上げました私は20世紀は、まさに多くの方々が戦禍に苦しんだ時代であったと。二度と再び人々が戦禍に苦しむことのない平和な時代をつくっていくために、全力を尽くしていくという意味において、不戦の誓いをしたところでございます

 「同時に、私は何度も申し上げていることでありますが、日本は戦後、先の大戦に対する痛切な反省の上に立って、今日の平和な国をつくってきた。そして、自由で民主的な日本をつくってきたわけであります」

 「基本的な人権を守り、法を順守する日本をつくってきた。そのことに誇りを感じているところでありますし、ひたすら平和国家としての歩みを進んできた日本は、これからも平和国家としの歩みを進めていく。これは皆さまの前ではっきりと宣言しておきたいと思います

 5月30日にシンガポールのシャングリラ・ホテルで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ対話)。安倍晋三首相は、基調講演後の質疑応答で軍服姿の中国軍関係者が英語で首相は靖国に参拝したが、日本軍に殺された何百万人もの中国、韓国人の魂にはどんな姿勢を表明するのかと質問してきたのに対し、懇切丁寧に自身の思いを説明した

首相が話し終えると、会場からは大きな拍手がわき起こった。首相の主張への賛同者の多さとともに、東シナ海や南シナ海で傍若無人の振る舞いを繰り返す中国への嫌悪感の広がりを象徴する場面でもあった

 中国軍関係者が攻撃的な質問をしてきたのには伏線があった。直前の基調講演で、首相が何度も中国を挑発したからだ

 「国際法に照らして正しい主張をし、力や威圧に頼らず、紛争はすべからく平和的解決を図る。当たり前のこと、人間社会の基本です。しかし、その当たり前のことを、あえて強調しなくてはなりません

 「既成事実を積み重ね、現状の変化を固定しようとする動きは、強い非難の対象とならざるを得ません

 「私たちは、海上での戦闘機や船舶による危険な遭遇を歓迎しません。交わすべきは言葉です。テーブルについて、まずは微笑みの一つなり交わし、話し合おうではありませんか

 講演の最後には、毎年、中国から受け入れる留学生の高校生たちが日本人との交流に感動し、「日本は第二の故郷だと言って帰国していることを紹介し日本人の懐の広さをアピールした首相周辺は、一連の首相の発言を「当たり前のことを言っているだけだ」と強調するが、ここまでこき下ろされた中国側が「メンツを潰された」と感じたのも不思議ではない

 ただ、分が悪かったのは中国だ。南シナ海でベトナム漁船が中国漁船に体当たりされて沈没した直後のタイミングであり、大多数の国が中国の主張に耳を傾けようとはしない状況だった。首相が多少大げさに中国を挑発したのは、計算の内だったに違いない

こうして中国脅威論は国際世論で大きな流れとなりベルギー・ブリュッセルで開かれた先進7カ国(G7)首脳会議の首脳宣言に中国の海洋進出を暗に牽制する文言が盛り込まれた>。中国外務省の洪磊報道官は無関係の国が争いに介入するのは問題の難度を高め、地域の平和や安定に(悪)影響を与えるだけだと反発したが、後の祭り。政府高官は中国はいろいろ言わせておけば、ボロがたくさん出るんだよとほくそ笑んだ




安倍首相は言葉に配慮し言わなければならない事をしっかりと主張もし、各国の首脳
を前に、日本の立場をハッキリと表現した上に、今後起こりうる可能性のある事態に
対してもしっかりと釘を刺してると思います



続きましては、韓国を訪れる修学旅行の激減に付いての産経新聞の抜粋より

危険・反日国家に子供行かせるな! 韓国への修学旅行中止・変更検討広がる 保護者の不安増大

 韓国の旅客船セウォル号沈没事故を受け、全国の高校で韓国への修学旅行を取りやめる動きが広がっている近年、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)が注目され、慰安婦など歴史問題を執拗に持ち出す反日的な韓国の姿勢も影響し、訪問先に選ぶ高校が減少。そこに交通機関のずさんな安全対策が露呈した沈没事故が追い打ちをかけ、保護者の不安が増大した形だ。専門家からは「リスクが大きいなら安全安心を優先すべきだ」という声も上がる

アンケートで不安続出

 今年秋の韓国への修学旅行を計画した大阪府立柴島(くにじま)高校(大阪市東淀川区)は、先月に実施した保護者アンケートの結果を踏まえ、行き先を国内に変更する方向で検討している。

 「アンケートで不安の声が多かった。生徒たちの安全と保護者の安心が確保できなければ決行できないと山崎為伯(ためのり)校長は話すセウォル号沈没事故や相次ぐ地下鉄事故を受け、現地交通機関に対する不安の声は少なくない

同じく今秋の韓国行きを計画した府立東淀川高校(同市淀川区)でも保護者から不安の声が寄せられたため変更も含め検討。今月中旬に保護者の意見を集約する方針だ

 大阪府教委によると、昨年韓国へ行った府立高校は6校。うち4校が今年は別の行き先を選んだ

 中止の動きは広がっている。平成元年からほぼ毎年、韓国へ行っていた滋賀県立国際情報高校(栗東市)は今年、「選択肢を多方面に広げる」とマレーシアに変更。複数の目的地から好きな場所を選べる選択制を採用してきた和歌山県立那賀高校(岩出市)でも韓国行きを希望する生徒が激減し、中止した

 秋田県立能代松陽高校(能代市)では、保護者に参加承諾書への記入を求めたところ、9割以上が韓国なら承諾しないと回答。行き先を国内に変更した

反日教育の国に…

 保護者の不安は、現地交通機関の安全対策の不備だけではない

 13年前からほぼ毎年、韓国への修学旅行を続けてきた大阪府立松原高校(松原市)に子供を通わせる保護者の一人は「韓国は反日教育が徹底されている。あまり歓迎してくれないのではないかという不安がある」と打ち明ける。

韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領が平成24年夏、竹島に不法上陸。天皇陛下に対し朝鮮半島の日本統治時代の独立運動家への謝罪を要求し、挑発を繰り返したことで日韓関係は一気に冷え込んだ。関係悪化を示すように韓国へ修学旅行に行く高校は減少の一途をたどった

 文部科学省によると、韓国を選んだ高校は12年度に241校(3万7663人)に上ったが、23年度には167校(2万833人)にまで減少した。24年度以降も減少傾向が続いているとされる

 「安くてお手軽ということで人気だった韓国も、対日感情の悪化で子供を行かせることに不安を覚える保護者が多いのでは」と旅行大手の近畿日本ツーリストの担当者。今年、韓国から国内に変更した大阪府内の高校の校長は「旅費はかさむが、将来的には親日的な台湾や東南アジアに行きたい」と話した。

領土問題などに取り組む自民党の片山さつき参院議員は安全性について親御さんが疑問を持っている時期に行かせるのはいかがなものか。さらに反日教育をしている国は修学旅行にふさわしくない」と話す。

片山議員は「修学旅行で売春の問題を教えるべきなのか。少なくとも優先的に学習すべきことではない」と指摘している。

片山議員!さぞかし日教組で韓国の肩を持ってる左に傾いた方々は日本バッシン
グをする為の最大の教育チャンスを逃してさぞかし残念でしょうがないのでしょうね?
爆。まぁ日本の青少年にとっては良い事ですね
!)

 福田充・日大法学部教授(危機管理論)の話「韓国へ修学旅行に行く高校が多いのは、経済的に手頃で、アジアの中で治安がいいという安心感があったからだろう。だが、ビルの崩壊事故やセウォル号の沈没事故、地下鉄の事故もあり、安全を管理する法制度が追いついておらず、政府や自治体の危機管理態勢が構築されていない現実が浮かびあがった。竹島や歴史認識の問題もあり、韓国人の日本人に対する印象が悪くなっているとの不安感も増加している修学旅行は教育的効果よりもまず、安全安心を優先すべきだ。保護者が不安なところに行かせたくないというのは当たり前。高校側の論理だけで修学旅行の行き先を決めることは良くない


反日教育が徹底されてる上に交通機関の安全が全く信用も出来ない韓国に行く必要
なんて全く無いんですから・・


うちの娘が高校生の時も修学旅行が韓国だったのですが、当時、家に来る友達に
うちの娘の修学旅行が韓国ってどう思う?」と聞いたら、当時は「ええんちゃうの?
韓流ブームやし・・
・」とアホみたいな事を言ってた奴らが、今となっては私と同じ様に
韓国なんかに行く必要がないやんけ!これと言って別に学ぶ事も無いし・・」
今となっては以前私が言ってたのと同じ事言ってます


やっと日本人の多くが気付き出してくれたのかなぁ~?と感じる今日この頃です

とにかく頑張ろう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2014-06-07 10:00 | 時事問題 | Comments(0)
<< 韓国もホンマに問題だらけやね?の巻 今日はへヘトヘトです!(涙)の巻 >>