悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中国の経済と動向に注意が必要な時期が来ましたね!の巻


ゴールデンウィークでユックリと過ごしてる間に世界では色々な事が起っていて
放って置けない事態が起こりつつありますね


まぁ韓国では沈没船の被害者が集まる体育館での盗難事件や遺族を装いご飯を
食べにだけ来てる人達が居て問題になってる
と本当に韓国らしい問題が起って
いますが、韓国の民度的にはこの程度なので放って置いても良いのですが、問題は
と言うか注意して見て行かなければいけないのが中国ですね


先ずは中国国営企業の巨額の赤字が発表されると同時にベトナムの経済水域に
於いて中国との間でベトナムの海上警察と中国の調査船の間での衝突事故・


少し前にはフィリピンでは 南シナ海の領有権をめぐり対立する中国と東南アジア
諸国の緊張が高まっている。フィリピンは、南沙諸島(スプラトリー諸島)付近で中国の
漁船を拿捕


などなど前々から囁かれてる中国国内の経済の破綻がいよいよ起こり出してる為か
人民の目を外に向けようとしているのか、ここに来て今まで以上に中国の動向が
目立つようになって来ている様に感じるのは私だけでしょうか


そう言った意味でその行動が天然資源が埋まると言われる尖閣諸島にいつ向けられ
るか分からない状態の中、日本もユックリとはしてられない状況だと思うのです


憲法改正を反対する声も聞こえては来ますが自分勝手な中国を相手するとなれば
国際法や世界の常識は中国に取っては全く関係の無い世界観を持ってる国ですので
日本人特有の「分かってくれよ~!」「分かるやろ~?」と言った感覚は1日も早く捨て
無法国家に対抗し対抗できるシステムを作り上げておくべきですね


昔から言う様に備えあれば憂いなし!」なんですよ!

ベトナムとの今回の衝突もベトナムの排他的経済水域での中国の勝手な石油採掘が
問題となって起ったんです!

国にとって有益であるならば、ベトナムの経済水域であろうがフィリピンの経済水域
であろうが、そんなの関係ない国なんです!だって自国がそれで潤うんだからよその
国の利益が損なわれようが関係の無い国なんです!

外国の友達と良く色々な国の人間性について話をするのですが、中国に関しては
大体の友達が同じ感覚を持っています

それは例えば「隣で人が死んでても気にせず自分がその遺体の横でお粥でも食べて
居られれば幸せを感じる国民だと思うよ
!」と1人の外人の友達が言うと他の友達の
殆どが何も言わず「そんな感じの国だな!」と納得する様な国なんです

ある意味日本の政治家より中国のリーダーの優れている点は自国の国益をどこの国
の誰よりも考えて居る事だと思います


例えそれが自分がリーダーとして生き残る為の手段だとしても、それが国益に繋がる
と言う事は国にとっては素晴らしいと思
います!

その為に被害を受ける国は最悪ですが、そうならない為にも迂闊に手を出せない国と
システムを作り上げるのが大切だと思う今日この頃です


そろそろ日本人も目を開き世界の情勢にも目を向けて行くべき時です

頑張ろう日本!!!

[PR]

by mabo89 | 2014-05-08 09:24 | 時事問題 | Comments(2)
Commented by ekiseicherries at 2014-05-08 13:24
maboさん
もう12年ほど前、上海に友人に誘われて行って、現地のエリートビジネスマンに案内してもらいました。
友人は漢字で筆談、私は英語で話していたら、これから経済はどんどんよくなる。もしも、中国の経済成長率が、年7%を下がると、人民は暴動を起こすだろうから政府がコントロールしなければいけないと、言う話をしていました。
昔の中国は、違ったかもしれませんが、共産主義国になってから、義務は果たさず権利ばかり主張する国柄になってしまったのかもしれません。
自衛隊というのは、現状がいかに日本にとって、あやういものか、今の時代にそぐわない憲法を見直すことが、日本人には必要ですね。
Commented by mabo89 at 2014-05-08 14:51
中国は石平氏(日本人になった作家)曰く孔子の生まれた国でありながら
今までかつて孔子の教えを実践した事の無い国だ!と良く言ってますが
本当にその通りだと思います。中国を相手に本気で話し合いで解決
出来ると信じてる田嶋陽子の様な存在が支持を得てる状態では
日本と言う国を守ると言うのも本当に一苦労だと思う今日この頃ですね!
頑張りましょう日本!!!
<< しかし中国のやり方には本当に腹... 今回は和歌山城じゃ!の巻 >>