悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

えっ!本気でアメリカと言うか日米安保をあてにしてるの?の巻



ここに来て中国との小規模な衝突が起こりうる可能性が段々高くなりつつある

産経新聞の抜粋より

2014年1月24日、中国紙・環球時報は「日本と中国には小規模な武力衝突の可能性が随時ある」とする九州大学教授の主張を紹介した

アジア太平洋情勢を研究している九州大学の教授は、「尖閣問題に加えて中国の防空識別圏設定や安倍首相の靖国参拝などが相次ぎ、日中関係は戦後最大の緊張状態にあり、小規模な武衝突の発生する可能性は随時ある」と指摘。「もしそうした事態になれば、米国は難しい二者択一を迫られることになる。どちらの味方についても米国の利益を損なうことになるからだ」と述べている。


そんな状況の中ジョン・ケリー米国務長官が2月、韓国と中国を訪問するために日程を調整している。今回は日本には訪問しないことが明らかとなり、その背景に関心が集まっている。複数の韓国メディアが27日までに報じた。

 今回の中韓訪問は、4月か5月に予定されるオバマ大統領の同地域歴訪の下準備とみられる。韓国メディアはケリー長官が日本の右傾化に伴う東アジアの紛争と対北政策を重要な問題として扱うと予想した。 

 そして、ケリー長官は今回の歴訪で日本を除外しており、その背景に関心が集まっている

 一方で、ワシントンの外交筋は、ケリー長官が昨年10月に東京で開かれた日米安全保障協議委員会に出席したので、他の国とのバランスをとるために今回は日本訪問を除いたと説明した。

 だが、米国にとっては目下、日中韓の対立が東アジアの最大の課題であるため、同局面を誘発した日本として、警告の意味で日本を訪問先からはずしたとの見方も出ている

 ウォールストリートジャーナルは23日付で、複数の米政府関係者の言葉を引用し、米国政府は安倍晋三首相に対し、靖国神社参拝をしないという確約をするよう日本の「行動」を促していると報じた

 韓国では、「安倍首相の右傾化は、韓国と中国の怒りと非難を無視し、東アジア地域の緊張を高めてきた」と論じた上で、「右傾化は米国の介入によって新たな局面にさしかかっている」との報道も出はじめた。



この一連の動きを見てると九州大学教授の主張もまんざら外れてない様な気がする
本当にそうなった時、アメリカは苦しい二者択一を迫られる訳だが中国と日本の
どちらを取るだろうか?


日米安保があるから・・・と良い時だけ日米安保を声高々に叫ぶ人が居ると
思いますが、なかなか1言では言えない部分があります


それは以前から言ってる様に経済状態の悪いアメリカが本気になって世界中から
アメリカ軍を撤退させたい状況の中で日本の為に自国民の血を流させて本気で
守ってくれると信じてる人が居るなら
今のうちにアメリカかカナダあたりに
移住する事をお奨めします


多分アメリカを本気であてにしてたら大変な目にあうでしょう!よしんば助けて
くれたらラッキーだ!と思える位の心構えで日本は準備しておく必要性が
あるでしょうね


とにかく心の準備とそれに伴う国防の準備を早急にしておく必要性が出て来ました。
望む望まないにかかわらず引っ張り込まれる災難もある事を勉強して備えさえあれば
そんなに怖がる事も無いと思います


そこで産経新聞の抜粋より


日中軍事力比較、「数の中国、質の日本」「現状では海空ともに日本が優勢」―マカオ軍事専門家


23日、香港紙・明報は、日本と中国の軍事力比較に関する、マカオ国際軍事学会の黄東会長の分析を掲載した。写真はF−35。

2014年1月23日、香港紙・明報は、日本と中国の軍事力比較に関する、マカオ国際軍事学会の黄東会長(ホアン・ドン)の分析を掲載した


黄会長は、軍用機と戦艦の数の比較では中国が日本を上回るという指摘について、「指揮官や兵士の能力では、米軍と長期の軍事演習を経験した日本軍がはるかに上だと分析


また、中国海軍の主力である潜水艦の性能においても日本軍が上回ると指摘。「対潜戦においても日本の実力は米国に匹敵する。空軍による支援も加わり、中国に勝ち目はない」と分析し、「中国海軍が追い付くには少なくとも10年かかる」と述べた。


航空戦について、黄会長は「日本は戦闘機を独自開発できず、F−35も未納入だ。中国の防空識別圏による影響もある」としながらも、「現時点では日本が勝利するだろう」と指摘。「中国が優位性を持つのは、戦略ミサイル部隊・第二砲兵部隊だ」と述べた。


備えよ日本人!!!

頑張ろう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2014-01-28 09:21 | 時事問題 | Comments(4)
Commented by ekiseicherries at 2014-01-28 14:00
中国に軍事力で追いつかれる10年後までに、日本は、憲法改正して、備えるのが国是でしょう。
アメリカ特に、オバマ大統領は、国内問題にいっぱいいっぱいで、とてもアジアのことなど眼中にないでしょう。
中国が日本を自治領にしようと尖閣諸島や沖縄を虎視眈々と狙っています。その証拠に毎日のように、領海侵犯してるのですよね。
日米米安保条約は今との頃ちょっとは抑止力にはなっているのかなあ。
Commented by mabo89 at 2014-01-28 15:10
10年間待ってる間に中国も軍備を拡張して来るでしょう!どうせなら
今のうちに小さな戦いでも良いのでとりあえずコテンパンにする事で
韓国も少しは口を閉じるかも?です。
今、軍事に詳しい人達と良く那覇市をするのですが、野球で例えるなら
日本対中国は5回までは日本が圧倒的に勝つ!らしいです。
ただ長期戦になった場合6回頃から中国が物量と人海戦術で
段々体制を立て直し8回を過ぎれば日本がチョットヤバイそうです。
だから最初に思いっきり中国を叩いた頃合いを見計らってアメリカか
ロシアあたりに仲裁に入って貰い日本が有利な条件で戦争を
終結させるのが1番最良な方法かな?その時に中国の軍事力を
割いて置く必要性がありますね!
Commented by ekiseicherries at 2014-01-29 08:26
マボさん
日本と中国が有事の際は、中国の法律で、外国にいる中国人は、本国のために、戦うとのがあるそうです。そっちのほうが怖いんですけど。
軍人以外の、日本に増えている中国の方が、破壊活動しに、水源地やら、原発やら、武装して、襲うこういうことも予想されるのです。国防動員法という数年前にできた中国の法律です。
やたら中国人の数がわが町でも増えています。中華料理の店ができたと思ったらつぶれて、ただ中国人の出入りの多いアジトみたいなところができていたりします。そういう人たちが有事の際は、武器を持って襲ってくるということになる法律です。そういう法律があるというのを、マスゴミは知らせません。中国と仲良くしようという論調を書き立てる新聞を読むと、日本人は、ほんとにお人よしだと思います。
Commented by mabo89 at 2014-01-29 08:39
確かにコンビニが潰れた後を「台湾料理」と書いた店が出来て
行って見ると中で働く人全てが台湾人では無く中国出身の人であったり
来てる客もその殆どが地元の日本人じゃ無い事に驚きますね!
実は先日私も近所にできたその店に行って本当に驚いたんです。
だってあんなに中国人が近所に居てるの?と言うほど居るんですよ!
チェリーズさんと同じで場合によってはこいつらが暴動を起こすかも?
と真剣に考えてしまった今日この頃です。ハイ!
<< 奈良の田舎なんで住所で結構分か... 皆様のご協力に感謝致します!の巻 >>