悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

民ス党に公明党さん揉めるポイントがズレてませんか?の巻

年明けから安部総理を取り巻く環境が厳しさを覗かせてますね~!
先ずは憲法改正に伴う反対意見に落ち込む経済改革・・・問題が山積です

まぁ問題が起れば1個ずつでも解決して行けば良いだけの事なんですが、問題が
大き過ぎて一足飛びにと言う訳には行かない感じがしますね!

先ずは憲法改正問題ですが

連立を組む公明党が「と言うのが付く事が問題だ!と言ってるようですが
私とすれば名前なんてどうでも良い問題なのです。
現在の法律では攻撃を受けるまで攻撃できない事が問題で専守防衛を謳うなら
この日本が危ない!と危機的な状況を迎えた時に先制攻撃が出来るか否か?
1番の問題となって来るでしょう。

公明党を始め民ス党が問題にしてる防衛軍」か「自衛軍」と言う名前で揉めてるのが
何処かポイントがずれてる様な気がします

元防衛相だった石破氏もと名前が付くのが・・・と同じ様に同調してるあたりが
やっぱり言われてた通りの単なる軍事オタクでしかなかった証明と言えるでしょう


現在中国などは安倍首相の靖国参拝で異議を唱えない国に対し批判しない国を
批判して日本を叩こうと必死になってますね!

そこで産経新聞の抜粋

中国共産党機関紙が靖国神社参拝に続いて南太平洋諸島の慰霊碑参拝計画を明らかにした安倍晋三日本首相に沈黙する東南アジア諸国を強く非難した。


のに対ししっかりとした判断を下す人も居ます!それが元フィリピンのラモス大統領

フィリピンのラモス元大統領は同国の有力紙「マニラ・ブレティン」(4日付)に寄稿し、安倍晋三首相の靖国神社参拝に中韓が猛反発している問題でフィリピンは中国に同調した日本批判をすべきでないとの立場を示した

 ラモス氏は、最近の日中間の対立を「地域・世界政治における互いの影響力の減衰を図る行動」とするとともに、「アジア太平洋で起きている新たな冷戦の一環だ」と位置づけた。

 同氏は、旧日本軍の占領支配を「現在も遺憾に思う」としつつも、「われわれが中国と同様に悲憤慷慨(こうがい)したり、(日本に)厳しい態度をとるのは適当だろうか」と問いかけた。また、「恨みを抱き続けてわれわれの未来が危険にさらされてはならない」と強調し、参拝を問題視する必要はないとの姿勢を明確にした


実際ラモス元フィリピン大統領の意見が良識ある人間の話し方だと思うのです。
でも日本と言う国の、お金と技術と国土を虎視眈々と狙う中国との違いだと思います。

兵法に沿って言えば、戦争をする為には「大義名分」が必要となる訳ですが
現在の中国は日本と戦争をする為のその大義名分を何とか作ってでも探そうと
している状況だから難しい状況なのです


こちらに少しでも何か非を見つけたらそれにつけ込み日本に攻撃を掛ける理由を
探しているのです
こんな状況だからこそ自衛隊の名前がどうのこうのと揉めてる
場合では無く、いかに実戦行動ができる様にするか?を検討すべき時だと思うのです


とにかく私達国民がもっと色々な事を勉強し正しい判断が出来る様に努力し
冷静に物事を分析して行かなければいけないですね!


とにかく頑張ろう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2014-01-07 09:06 | 時事問題 | Comments(4)
Commented by ekiseicherries at 2014-01-07 12:13
マボさん今年も、皆の知っているつもりで実は知らなかったニュースの裏側を教えてください。
靖国神社参拝で、文句を言うのは中韓で、他の国は理解を示しています。
シンガポール リー元首相:「靖国問題も中国が心理的なプレッシャーをかけているだけ」
★台湾、李登輝元総統:「国のために命を亡くした英霊をお参りするのは当たり前の事。外国が口を差し挟むべきことではない」
★台湾、陳前総統:「中国の反発に負けずに靖国参拝をする首相を評価」
★カンボジア:フン・セン首相:「戦没者の霊を弔うことは当然のこと」首相の靖国参拝に理解
Commented by ekiseicherries at 2014-01-07 12:23
★インドネシア:ユドヨノ大統領:「国のために戦った兵士のためにお参り、当然」靖国参拝に理解
★ベトナム:「我々は中国や韓国のような卑怯な外交手法をとるつもりはない」★マレーシア、外相:「過去は過去である」 ★タイ:「参拝を支持」 ★インド:「参拝を支持する」
★パラオ、レメンゲサウ大統領:靖国参拝に「すべての人のために祈るのは正しいこと」と支持を表明
★ソロモン諸島のケマケザ首相:「日本とソロモン諸島の共通の文化は先祖に感謝すること英霊が祭られている場所を拝見したい
ここからはアメリカの声 ★アーミテージ氏:「中国は靖国問題に言及するべきではない。日本は戦後60年間、模範的な市民である」 ★シーファー元駐日大使:「アメリカ政府は、日本の靖国参拝に干渉することはない」
★ラムズフェルド元国防長官:「中国は日本の靖国参拝への干渉を自制すべき」
★ウォーツェル米中経済安保調査委員長:「『歴史認識非難』は単なる対日攻撃手段、靖国参拝、中止すべきでない」
Commented by ekiseicherries at 2014-01-07 12:28
★トーマス・スニッチ氏:「中国には日本の戦没者追悼に対し一定の方法を命令する権利はない 」 ★アーサー・ウォルドロン氏:「事の核心は日本に対し覇権を確立したいという中国の野望だ」

報道では外国の非難があるというのは中国韓国2国だけでしょ。
報道しないだけで多くのくには支持しているのです。
日本の首相が、靖国神社参拝をやめても、今度は、伊勢神宮参拝をダメだといい、その次には先祖の墓参りまでダメだといってくるでしょう。何をやっても変わらないのです。日本からの援助の金目当てで、悪口をいいつづけているのです。
マボさんのおっしゃるとおり、国民はいつまでも迷える子羊のままではダメです。本当の歴史を学ぶようにしないといけません。
Commented by mabo89 at 2014-01-07 12:39
チェリーズさんが言う様に外交と言う意味では世界がどの様に
判断するか?と言う事はとっても大事な事ですね!
でも先ずは日本人として先の大戦で死んで行った英霊は自分の
主義主張で死んだのではなく日本と言う国の為に自分の身を投じて
犠牲になって下さった方々です。日本人としてそんな英霊に深々と
頭を垂れるのが当たり前ですね!先ずは諸外国の反応より日本人が
一丸となって「お参りするのは当たり前だ!」と主張する事で周りの
国の反応も変わって来るでしょうね!中国なんかは、まさにそのまとまりの無い
日本の体制を逆手にとって攻めて来てる訳ですから・・・
頑張ろう日本!!
<< たかじんの冥福を祈ると共に彼の... 明けましておめでとうございます!の巻 >>