悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

兵法の生まれた国に「遠交近攻」策でお返しじゃ!の巻


今日の産経新聞を読んでて敵ながらあっぱれ!と思う記事が掲載されてたのを見て
日本も外交政策に於いてはこれぐらいのスピードを持ってくれれば・・・と思った事が
韓国が現在保有するイージス艦3隻を2027年までに倍の6隻に増やす!と言う事だ!

韓国の現在の経済状態を考えても3隻増やす為には4700億円の投資が必要だが
韓国国民は防衛の為なら国の経済がひっ迫してても文句を言わないのだろうか?

それに比べ日本の対応は武器輸出3原則を改定し武器輸出新原則を作って
同盟友好国に対し武器輸出を早急に進め中国包囲網を日本独自で構築するのが
早急に求められてるのに対し公明党との話し合いの調整が上手く行かず、来年に
持ち越されると言う記事を見てなかなか平和ボケした国である事を痛感した



そこで産経新聞の抜粋より

対中国に関しては1つだけ日本にとって有利な条件を探してた所、少し前に中国の
天安門で起った自爆テロで中国当局は自爆した車内に宗教的スローガンが書かれた文書があったと発表した。「ウイグル人は、ウイグル民族でイスラム教徒という複合アイデンティティーを持つ。アルカーイダとつながる国際テロリズムが本格的に入っている可能性もある。そうすると尖閣でいたずらをしている余裕はない。新疆ウイグルに関するきめ細かい分析がこれから大変重要になる

ところが外務省にウイグルの専門家はいない。「ここを重点的に強化すべきだ。
内閣情報調査室や防衛省も専門家を養成して中国の弱点を本格的に
見なければいけない。(日本に面する)東正面からだけではなく、
裏の西側からも弱点を見なければいけない





この記事を読み今日本にとって何が必要か?と考えた時、昔から私が勉強をしてる
中国古典にヒントがあった


中国を相手するのに中国で生まれた兵法を逆手に取り対中国戦略を練ると言うのが
結構面白いかも?
ですね!
そこで今、頭の中に思い浮かんだ言葉が遠交近攻と言う言葉です。

遠交近攻の 意味

遠い国と手を結び、背後から牽制けんせいさせながら近い国を攻める策。▽中国戦国時代の范雎はんしょが秦王しんおうに進言した戦略

詰まりアルカイーダと陰で手を結びながら中国の背後より中国をけん制させる事で
日本や日本の尖閣にかまってる暇が無くなり、ウイグルやチベット問題に全精力を
集中しなければ世界的な本気のテロリストを相手にはできませんからね!

中国がそちらに国力を使いながら気を集中してる間に日本も法整備を整え
中国に負けない体力作りをするべきですね

ウイグル自治区のイスラム教徒が今回の神風になってくれるかも知れませんね

でもいつの世でも日本としては神風を当てにしてる様では駄目なんですが
平和ボケした日本人としては仕方の無い事かも分かりませんが・
・・

とにかく立ち上がれ日本人!!

頑張ろう日本!!!
[PR]

by mabo89 | 2013-12-11 09:30 | 時事問題 | Comments(0)
<< 安部総理経済を回すとは税をあげ... 駄目なものは駄目!と今ハッキリ... >>