悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やっと動くか政府の重い腰?早急に憲法の改正を!の巻


いよいよ日本も防衛と言う意味でやっと重い腰が上がり出したかも?
産経新聞によると中国からの無人偵察機が頻繁に飛来する事を懸念し
撃墜も視野に入れて検討に入った様子です


これは宣戦布告では無く、無人機を使う事で、自衛隊の警告などを確認できない事を
逆手に取ったやり方で、始末が悪いのは
この無人偵察機に戦闘能力がある事が
問題なんです


詰まり、もし、中国が尖閣なんかに進攻しようとした場合今の現状を放って置けば
必ず中国は今の無人偵察機の頻度も増える上
いざとなったら日本のレーダー網や
防衛システム破壊工作が簡単にできてしまう恐れがあるので、政府にもやっと
その危機感が出て来た様ですね





産経新聞の抜粋より



領空侵入の無人機撃墜、政府が検討 対処方針策定に着手

2013.9.18 08:11 [安全保障]

東シナ海に飛来した無人機=9日午前(防衛省統合幕僚監部提供)
 中国軍が無人機を尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で飛行させたことを受け、政府が国籍不明の無人機に関し、領空に侵入し国民の生命・財産に危害を及ぼしかねない事態での対処方針の策定に着手したことが17日、分かった対処方針に撃墜任務を盛り込むことも検討航空自衛隊のパイロットに武器使用のあり方を徹底させるため、部隊行動基準(ROE)に反映させることも視野に入れる

 対処方針は防衛省と外務省を中心に策定する。国籍不明の無人機が領空やその外側に設けられた防空識別圏に入れば、空自の戦闘機などが緊急発進(スクランブル)で対処するため、その際の任務を定めておく必要があると判断した

 一般の有人航空機への対処では、地上のレーダーサイトや早期警戒機E2C、空中警戒管制機AWACSで航空機を確認、国籍などを識別する。外国の航空機と識別できれば、スクランブルで出動する空自戦闘機のパイロットが、無線や警告サインを通じ領空に入らないよう退去や着陸を求める

 ただ、パイロットが搭乗していない無人機の場合、空中での無線や警告サインが機能しない可能性が高い。尖閣諸島の領有で不当な主張を繰り返す中国側が、日本側の警告が伝わらないことを逆手にとり、尖閣周辺などで領空接近を常態化させる恐れもある。

 政府高官は「攻撃能力のある無人機が突発的に航空機や船舶に攻撃を仕掛けてくることも念頭に置く必要がある」と指摘。このため対処方針で撃墜までの手順を定めるが、備えに万全を期すことで中国側の挑発拡大を抑止する狙いもある。

 香港メディアは、今月9日に尖閣周辺を飛行した無人機について、ミサイルを搭載可能な中国軍の「翼竜」と報じている





防衛と言う意味では今回の日本政府の検討は遅いくらいですが、まぁ検討しないより
少しはましになったのでないでしょうか?

これをみた左寄りの人達は「戦争行為だ!」と声を大きく叫ぶでしょうが、
世界の基準では自国を脅かすものに付いての防衛は当たり前の事で
別に普通の事なんですが、戦争アレルギーと戦後教育で自虐史観を植え付けられた
日本人にはそう映るかも知れませんが、世界基準では本当に当たり前の事だと
言うのを私達自身ももっと勉強するべきですね


頑張ろう日本!!!

目覚めよ日本人!!!
[PR]

by mabo89 | 2013-09-18 18:00 | 教育問題 | Comments(0)
<< イヤイヤ!日本政府よりも先ずは... 世界に誇ろう日本の技術!!の巻 >>