悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

言われてみれば・・・の巻


昨日は夕方から突然の大雪!見る見るうちに、この辺もあたり一面真っ白
うちの親戚の女性達従妹やオバサン達、女性ばかり)が3か月に1回
女性ばかりで美味しい所に食事に行く会を作ってて、昨日がその日だったので
妹も勿論来てたのですが、夜になり妹が帰ろうとした時には、すっかり外は
真っ白状態。

妹は奈良の吉野の下市と言う所に嫁いでいるのですが、下市と言う所は
あの桜で有名な吉野山の入り口にあたる場所なので、この盆地より
少し高い所にあり、妹婿から電話があり
今日は凄い積雪で帰って来れないぞ!」
と連絡が入り、急きょ止まる事に・・・・

奈良県って基本的には盆地で京都の様に夏は暑くて冬は寒く、雪が積もるイメージが
あると思いますが、確かに夏は暑いのですが、冬は滅多に雪が積もる事も無く
寒いと言うだけの所です


昨日そう言う理由で食事に行った嫁達ですが、帰ってきて嫁が私に言うのですが
私がここに嫁いで、もう25年になるけど、奈良って改めて思ったけど
土地の名前が結構難しかったり、歴史を感じる名前が多いね~
?」と言うのですが

ここに生まれて育った私としては、普通の事なんですが、嫁からすると違うようです。
例えば・・・皆様も一度読めるかトライして下さいね!

蛇穴 と書いて(さらぎ)と読みます。

  と書いて(いかつち)と読みます。これは平安時代に、この地名の所に
   雷が沢山落ちた!と言う言い伝えからこの名前になったそうです。

額田 と書いて(ぬかた)と読みます。これは勿論「額田の王子」が由来する所です。

言われてみれば確かに歴史的な事に関する所から地名が付いたのかなぁ?と
思われる部分が沢山あるのと、皆さんが知ってる
わらしべ長者」の話も
私の後輩で少しずつではありますが、有名になって来てる陶芸家「吉岡萬理」の
家の目の前の「長谷寺」が発祥の地ですね!

かぐや姫もわが町広陵町の出身で、今でも近所に「讃岐神社」と言う神社があり
その神社の裏には「金明竹」(きんめいちく)なる金色に光る竹が生えてるのです。
よって広陵町は、かぐや姫の町と靴下の町を売り物にしてるのです!

一度機会があればおいでませ!
おいでませ!は嫁の実家の山口弁や!ちゅうねん!爆)
[PR]

by mabo89 | 2013-01-28 09:57 | 家族 | Comments(2)
Commented by Miyanao117 at 2013-01-28 13:41
ぬかただけ、読めましたー。額田王は、小説を読んだほど、のめり込んでいた時期があります。。歴史を感じる名前、ほんとにうっとりします。。
Commented by mabo89 at 2013-01-28 16:06
ありがとうございます。日本人の心の故郷奈良にお立ち寄りくださいね!笑
<< 頑張れ日本の子供達!の巻 久しぶりの朝帰りじゃ!の巻 >>