悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

長文になりました!(謝)達ちゃんとの出会い!の巻

出会いとは不思議な物で、色々な場所で色んな人と出会いと言うのがありますね
今回は、先日紹介した、ミキハウスの会社員でありながら給料を会社から貰いながら
自転車で世界一周をし、アフリカで赤痢やマラリアにかかり、生死の境を
彷徨いながら、色々な国の人にお世話になり助けて貰いながら、帰国後
講演会活動や本の執筆をし、その上がった収益でお世話になった国に
井戸や学校を建てる活動をしてる「坂本 達(さかもと たつ)」君との
出会いを紹介しときます



私は仕事で「シマノ工業」と言う自転車部品や釣り道具などをを作ってる
会社と取引があり、シマノ工業が主催する「シマノ鈴鹿ロード」と言う
イベントにシマノの靴下を作ってる関係で、メーカー協力としてそのイベントに
行き、鈴鹿サーキットに自社の靴下などを販売しに行ってました。

何年もそのイベントに販売員として参加してたある年、シマノの社員の方から
maboさん今回はブースの半分を貸して上げて欲しいねん!」と言われたので
良いですよ!で、誰が何を売りに来るんですか?」と訪ねたら
いやぁ~!わしも、よ~知らんけど、なんか本を売りに来るらしいで!」
と言われたので「あ~そ~ですか・・」と言う程度だったんです。

で実際、販売がスタートした頃、隣に髭モジャの男が来て、本を売るでもなく
ただ座ってるだけ・
・それを見てた私が「兄ちゃん本屋さんか?」と聞くと
いやぁ~本屋って訳でもないんですが・・」と答えるので
まぁどっちにしても本を売りに来たんやろ?それなら頑張って本を売らんと!」
と言う私に「まぁ買ってやろうと言う人が1人でも居てくれたら良いんで・・」
と余り商売っけのない様な感じ・・

雰囲気と言うか独特の雰囲気を持ってるので、
私も彼に興味が湧き色々質問をしました

で、兄ちゃんは何の本を売ってるの?」と聞くと、「アッ!この本です」と1冊の本を
私に見せ「この本を売ってるんです」と言うので「それはどんな本やの?」と聞くと

私が自転車で世界1週をした時の話を本にした物なんです!」と言うのでその時は
あ~そ~か!自転車で世界1週したんか?凄いなぁ~?」程度でした。

世界1週は凄いと思ったのですが、特に興味も湧かず、暫くお互いの
商品を売ってました。

また話をする時間ができたので、話を聞いてみると、なんと彼はうちの近所の
ミキハウス(当時家の近所にミキハウスの物流倉庫がありました)に良く来る
と言うので仲良くなった私は
じゃぁ一回会社に来たらうちに寄れよ!飯でも行こう
と行って別れたんです

そんなある日彼から電話で「今日そちらに行くので飯でも行きますか?」と
誘いの電話があったので一緒に飯に行きました。

それから何回もうちに来るようになり、ある日近所のタイ料理屋に行った時に
隣に座ってた年配の3カップルのお客さんの1人の女性が、
あのぉ~チョットお聞きしたいんですが、坂本さんですよねぇ~?」と聞くので
私は彼に「知り合いか?」と聞くと達っちゃんは「イヤ!知りませんが・・」と答える
続いてその女性が「イヤァ~!坂本 達さんや!」と大騒ぎ・・
私もそのおばさんのグループの人達も彼女の喜びようにビックリ

彼女が「今朝、テレビ朝日の(おはよう朝日です)見てました~」と言うので
お前テレビ出てたん?」と聞くと「えっ!ハ・ハイ!」と答えたので
えっ!ヒョットしてお前有名人か?」と聞いたら「イヤ~!別に有名じゃないですよ!」
と答えるのを聞いたそのおばちゃんが「イヤ!坂本さんって有名で、今日のテレビ見てて
会いたいなぁ~と思ってたら、その人が横にいてるんですもん
!」と感涙・・

実はその後、気にする様になってから注意して見てたらNHKで特集は組まれるは
ラジオに、テレビに一杯出てるじゃあ~りませんか

そうなんです、そんなに有名とは知らず、ずっと雰囲気の変わった兄ちゃん扱い!
自分で笑っちゃいました
それから彼を呼んで彼の活動を支えるために
彼の講演活動とスライドの上映会をした後、本の販売も協力し沢山の協賛を頂き
アフリカの井戸を掘る為に少しは協力させて頂いたと言う関係です


長文となりましたが最後まで読んで頂いて有難う御座いましたっと!(爆)
ヒョットすると貴方の周りに貴方が知らないだけで有名人がいるかも?ですね!
[PR]

by mabo89 | 2012-11-18 09:00 | 仲間関係 | Comments(2)
Commented by ekiseicherries at 2012-11-18 16:33
坂本さん、鈴鹿サーキットのイベントで、本を売りに来たのが出会いだったんですか。あまり売る気がなさそうでギラギラしてない感じが違いますね。
車でも、不動産でも、売る気満々の人だと、ちょっと、逃げ出していきたくなりますが、なんかそっけない感じの人は気になりますよね。
マボさんも、そういう青年を見ては助けたくなるような、懐の大きいの大きい世話好きな人なのですねえ。
出会いというのはいろいろあるのですね。
寒いと家の中に閉じこもりがちになりますが、犬も歩けば棒に当たるじゃないですが、どんどんいいご縁というか人と人とのつながりを広げていきたいですね。
Commented by mabo89 at 2012-11-19 08:47
何か人と違う事をしようとする人間は、雰囲気がやっぱりチョット人とは違うんですね!その上に味があります。
彼の著書に「やった!」「ほった!」など色々な本が出てますので
興味があれば1度買ってあげて下さいね!国際貢献に繋がりますので!(爆)
<< 結局テレビに騙されるアホな人達... 日本人として、今こそ本気で考え... >>