悔しかったら買うてみ~!!


美容&健康商品!
by mabo89
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

文大統領で韓国の終焉が早まりそうな予感・・!の巻

韓国の文大統領が少しづつではありますが、自分の主義主張を前面に出しつつ
ありますね


先ずは北に対して2018年の平昌オリンピックの共催を持ちかけたと思えば
南北選手団の南北合同入場行進などを提案している様ですが北は冷ややかに
対応している様です


それと比例する様にTHAADの配備が遅れている様ですが、トランプ大統領と
すれば在韓米軍を守る意味でも必要なTHAADの配備が遅れる事も含め米韓
関係に亀裂が・・と言う状況ですね!

そこで先ずは今日の産経新聞の記事抜粋より

【米韓首脳会談】文在寅氏、トランプ氏の信頼得られるか ミサイル配備めぐり不協和音 北朝鮮との五輪への理解は?

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任後初めて米国を訪問し、29日、トランプ米大統領との首脳会談に臨む。主要議題は北朝鮮の核・ミサイル開発への対応や、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題だ。

a0259347_08595441.jpg

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮との対話姿勢を崩さない韓国の文在寅大統領はトランプ米大統領との会談で、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備の先延ばしなどの疑念払拭と信頼回復に追われそうだ

 北朝鮮をめぐっては、韓国大統領府の文正仁(ムン・ジョイン)統一外交安保特別補佐官が今月、訪米中に「北朝鮮が核・ミサイル活動を中断すれば、韓米合同演習や韓国内の米戦略兵器の縮小も可能だ」と発言し物議を醸した。「文在寅大統領の提案」として語ったが、大統領府は「公式見解ではないと慌てて否定した

 また、THAAD配備では文大統領自らが、「私が知らない理由で配備が早くなった」と朴槿恵(パク・クネ)前政権に責任を転嫁するような主張をし、米国の反論や疑心を招いている。

 文大統領は欧米メディアとのインタビューで対北対話について「条件が合えば」「適切な条件の下で」と、ティラーソン米国務長官らが口にした表現に合わせ、無条件での対話ではないと釈明。また、自ら主張した「環境影響評価」がTHAADの完全配備の遅れをもたらすことには「配備の先送りや中断ではない」と言い訳に終始している。

 「韓国国民と在韓米軍を守るため」(米国防総省)のTHAADの配備には韓国世論の半数以上が賛成している。にもかかわらず、煮え切らない態度に映る文大統領にトランプ大統領から「恩知らず」という不快感が伝わってもいる。北朝鮮に抑留された米国人学生が死亡する事件も起きており、北朝鮮に緩い文大統領の姿勢は到底、米国には理解し難いものだ。

 文氏は24日、2018年平昌冬季五輪での北朝鮮との南北合同チーム結成と、開会式での南北合同入場行進の実現を訴え、南北和解の転機として積極支援する方針を明言した。同日、外国公館への侮辱行為を禁じたウイーン条約違反にも関わらず、ソウルの米国大使館前では、THAAD配備に反対するデモも行われた

 この日の文氏の対北融和発言や、反米活動は当然、米本国に伝わっている。米韓首脳会談で文氏側から踏み込めば、かみ合わないことも予想され、文氏は米国の“誤解”の払拭と釈明に手いっぱいとなる可能性もある。




しかし、韓国の文大統領は一体なにをしたいのでしょうか?

北と仲良くしたいと言うのは分かりますが、今の現状で来たがすんなり韓国の
言う事を受け入れると思ってるのでしょうか?

流れ的には、これで間もなく行われる米韓首脳会談でトランプ氏を怒らせる
様な事態になったら韓国は終わりですね


実際に韓国は軍隊を持っていますが、軍事統制権はアメリカが持っており
韓国も日本と同じで自国の判断で戦争が出来ない状態です。

それに、もしも韓国が単体で北朝鮮に戦いを挑んでも絶対に勝てないのが現状
で、最後はアメリカに助けを求めなければいけない状況ですね


まぁ日本はそれ以上に状態は悪いのですが・・・汗

日本は軍隊さえ持っていない上に、自分達の憲法で自分達を守れない状況を
作ってしまってますね?
それを改正しようとすればギャアギャア騒ぎ出す
政党が民進党・共産党など反日政党が居る上にそれを信じる馬鹿な国民も
居ますので
、大変ですがそろそろ決断しなければいけない時が来てます


とにかく頑張りましょう日本人!!! 
























[PR]

# by mabo89 | 2017-06-27 09:20 | 時事問題 | Comments(0)

実際の所日本政府は何か掴んでるの?の巻

北朝鮮問題でアメリカがどう出るか?と心配されてる今日この頃ですが日本の
内閣官房・消防庁がJアラートのコマーシャル
を23日から始めましたね!

先日も得意先の社長が7月15日~20日辺りが1番警戒をせんとアカン時期や
な!
と言ってた矢先にこんなCMが流れるって・・・
a0259347_08535679.jpg
日本政府は何か情報を掴んでるんでしょうか?

でもJアラートを聞いて逃げるって言っても、発射からたった7分程で着弾する
ミサイルに対してどう逃げれば良いのでしょうか


Jアラートを鳴らす前に自衛隊はミサイルを迎撃しないのでしょうか?って言う
より、迎撃指示が出せないのか?どうなんでしょうか?

このCMを私の横で見てたお袋が「なぁCMで言ってる頑丈な建物ってこの辺の
何処が頑丈な建物なの
?」って聞いて来ましたが、田舎ではなかなかそう言っ
た建物はありませんね!爆

ミサイルの直撃を受けたら少々頑丈な建物でも木端微塵になるから後は運命
やと諦めておくしかないなぁ~!と答えるしかないですね!

お袋も「アンタがいつも言ってる自衛隊はミサイルを迎撃できるミサイルを
持ってるのと違うの
?」と聞くのですが、その迎撃命令を出さなければ
自衛隊としては何もできないのが現状ですね


とにかく警戒だけは怠らずに頑張りましょう!!

やるぞ日本人!!! 




















[PR]

# by mabo89 | 2017-06-26 09:05 | 時事問題 | Comments(0)

少しづつでも中国は内部で対日感情が良くなれば良いのですが・・の巻

今朝の新聞を読んでて、ダイヤモンド・オンラインの記事に「日本人悪人説」
は過去のもの
と題された記事が掲載された。

現在もロイターが伝える所によると


[護衛艦いずも艦上(南シナ海) 23日 ロイター] - 日本を出港して1カ月半がたった6月中旬、南シナ海に長期派遣中の海上自衛隊のヘリコプター空母「いずも」が、航海の様子を報道陣に公開した。いずもはシンガポールから東南アジア諸国の士官10人を乗せ、ヘリによる哨戒や訓練をしながら南沙諸島の方角へ航行。

中国が九段線と呼ぶ付近に差し掛かったところで、レーダーが同国軍のものらしき機影をとらえる場面があった

と書かれてて中国は南シナ海は自国の領土だ!と主張を続ける中で本当に中国
は変わって行くのでしょうか?

そこで先ずはダイヤモンド・オンラインの記事抜粋より

「日本人悪人説」は過去、訪日旅行ブームが上海人の意識を変えた

ポスト爆買い」が上海市場をどう変えたのか、先週はこれについて現地で座談会をした際の模様を記事にした(2017年6月16日付け「上海の日本食品最新事情「日本ブランド絶対神話」は健在」)。その舞台は、“日本式デパ地下”を売りにする久光百貨店だが、03年の開業時期が日本の「観光立国化宣言」と時期が重ったこともあり、上海で日本ブランドの発信基地として急成長した百貨店でもある。

 拙筆のコメント欄に「懐かしい」という書き込みを頂戴したように、上海に駐在された方、あるいは出張された方の中には「お世話になった」と回顧される方も少なくない。筆者もまたその一人で、久光百貨は常に新鮮な話題を提供してくれた百貨店であり、今でもウオッチの対象であり続けている。

 日本産のコメやりんごも、久光百貨を通して中国市場に発信されたが、東日本大震災の原発事故で日本からの貨物の輸入は停止、その後、中国側が福島県を含む10都県からの食品輸入を規制したことで、日本食品の中国での販売は見通しが立たなくなってしまった。これに追い打ちをかけたのが12年の反日デモであり、日本ブランドは完全に出鼻をくじかれる格好になってしまった。

 しかし、日本への悪感情は持続せず、14年から一転して「訪日旅行ブーム」が沸き起こり、「爆買い現象」まで生んだ。今では「上海市民ならたいていの人が日本に行ったことがある時代」となり、上海市場は再び日本ブランド、特に「日本の食」を渇望するようになった

清酒はもちろん、梅酒の扱いはウイスキーを抜き、日本酒の売り場はどんどん拡大した。刺し身や寿司は高値でも売れ、今まで日系小売業態に限った日本食の出店も、今や中国系ショッピングモールからラブコールがかかる時代になった。

 こうした底上げの背景にあるのは、「訪日旅行ブーム」であることは間違いない。上海で売られている日本ブランドは「日本で買えばもっと安い」のがバレたとはいえ、「旅行のとき日本で食べたあの味」を求める層は確実に増えている。

空気や街がきれいになり非礼に対するおわびも

 一方で、上海の変化はスーパーの売り場だけに限らない。

「街では青空がよく見えるようになった」(上海在住の女性会社員)のも変化の一つだが、きれいになったのは空だけではない。

若手が経営する飲食店では、安心して食事ができるようになった」と語るのは、北米に永住権を持つ上海華僑だ。衛生観念もだいぶ向上したようだ。確かに、上海のホワイトカラーが集まる主要なエリアでは、ゴミのポイ捨てもなくなり、眉をひそめる行為を目にすることはほとんどなくなった

 また、すれ違いざまに肩がぶつかったとき、相手からの「対不起(すみません)」の声に、筆者は思わず振り向いてしまったことがある。「相手への詫び」ができないと言われ続けてきた中国人だが、これもまた若い世代を中心に変わりつつあるのだ

 上海に住む若い人たちの意識は、明らかにそれまでのものとは違う。驚いたのは、車がほとんど通っていない横断歩道で、信号が変わるのをじっと待つ男性の姿だ。訪日旅行の帰国者の間で必ずと言っていいほど話題になるのが、「日本の交通マナーの良さ」である。歩行者に優しいドライバーの出現も、もう間もなくのことだろう。

 さらなる驚きは“日本人悪人説”はすっかり過去のものとなったことである。先日、南京西路を歩いていたら、若い中国人カップルに「こんにちは!」と日本語で後ろから呼び止められた。日本ファンなのだろう、彼らは純粋な気持ちで声を掛けてくれたのだ。筆者は「日本語で声を掛けてくるのは、たいてい物売りぐらいだ」と高をくくっていた自分を恥じたほどだ。

 上海の英国企業に勤務する女性は、「100人規模の会社ですが、毎週誰かが日本を旅行しています」と話す。彼女自身は卓球の丹羽孝希選手の“追っかけ”で、「応援しているのは中国選手じゃなくて日本の選手なの」と耳打ちする。先日も卓球ジャパンオープンの観戦を目的に、わざわざ有給休暇をとって来日したという。

上海人の意識は「日本を凌駕した」

 つい先日も、上海で長期にわたって日系企業で働く中国人の友人と食事を共にしたが、話題は終始「上海自慢」だった。会うたびに中国生活の不満ばかりをこぼしていた彼女の考え方も激変していた

「上海はすばらしい。上海のように“いい生活”ができる都市ってほかにあるかしら?」

 彼女の言葉の裏には、上海経済への再評価がある。雇用もあり、お手伝いさんがいて夫婦共働きが実現し、安定した収入を得ながら週末には家族で外食を存分に楽しめるのが今の上海だという。確かに、中間層以上の生活者にとっては「パラダイス」なのかもしれない。

 その一方で、「日本人の生活は豊かだと言えるんでしょうか」と訴える。彼女の中には「上海人の生活は、すでに日本人の生活を超えた」という意識があるようだ。

 夕暮れ時が迫ってくると、外灘から眺める陸家嘴金融街の高層ビル群に映し出されるのは「I♥SH」の電飾文字だ。上海市政府も、最近は「魅力ある上海」の広告宣伝に力を入れている。「上海ブランド」を打ち出したいという思惑があるのだろうか、上海を過度に評価する“やらせ記事”も目に付くが、それにしても「超高速で変化している事実」は否定できない。それは、前回の拙筆でお伝えした通りだ。

 こうした変化の原動力となった要素の一つが、海外旅行である。中国では年間1億を超える国民が海外旅行をする時代であり、中国人の海外での見聞は、個人の生き方や社会の在り方を少しずつ変えているといえるだろう。訪日旅行が与えた影響もまた小さいものではないはずだ

 他方、日本人はここ数年、中国市場に背を向けてきたところがある。12年の反日デモがきっかけで「中国法人の経営を見直す日系企業」も少なくなかった。その後、製造業を中心に中国からの撤退や、「チャイナプラスワン」を合言葉に拠点をシフトさせた企業が続出した。日本人の中国への関心も薄れ、中国への渡航者も07年の約398万人から、15年には約250万人にまで減った。

 しかし、日本はアジアの一国として、隣国のこうした変化を知らないのはまずいだろう。中国という巨大市場で見れば相変わらずリスクある市場だが、上海というエリアに限定すれば、かなり洗練された市場に急成長している。世代交代も進み、海外経験が豊富な若手を中心にマインドセットを変えようとする中、むしろ成熟に向かう市場としてこれを再評価する必要があるのではないだろうか。



まぁ切っ掛けはなんでも良いのですが、中国国内で日本に対しての憎悪感が
少しでも軽減されれば、時間は掛かりますが、日本に対しての感情は改善
されて行く事は間違いないでしょうね


韓国の反日感情は変化を感じませんが最終的に韓国との国交が無くなっても
日本にとってはさほど影響はありませんが、やっぱり中国との関係はそう言う
訳にも行きませんね!


日本経済の市場としても大事な部分が有りますので、出来る限り友好的な関係
を保てれば良いのですが・・・

とにかく頑張りましょう日本人!!! 

























[PR]

# by mabo89 | 2017-06-24 07:47 | 時事問題 | Comments(0)

近い内に何か動きが有るかも?の巻

昨日1人の得意先の社長と色々話をしてる中で「先日、北朝鮮に拉致されてて
解放された学生が死んだ段階でアメリカが非常に激怒し、中国に対して北朝鮮
を何とかしろ!と言ってるのに対してその期限が7月の15日なんだが、中国は
多分何もしないと思うのでアメリカが行動に出る可能性が出て来たね
?」と
言われたので気にしながら新聞を読んでいました。

それに関連するのか?分かりませんが、今朝の時事通信の記事を読んでて
何か関係があるのかな?と感じた今日この頃です。

そこで先ずは時事通信の記事抜粋より

米空母「ニミッツ」、西太平洋入り=2隻態勢、北朝鮮、中国けん制か-第7艦隊

 米海軍の原子力空母「ニミッツ」が23日までに、横須賀基地(神奈川県)を拠点にする米第7艦隊が担当する西太平洋に入った。在日米軍が明らかにした。第7艦隊の空母「ロナルド・レーガン」と合わせて西太平洋は空母2隻態勢が維持される

 ニミッツは21日に第7艦隊の運用海域に入った。日本など同盟国と訓練を実施し、挑発を繰り返す北朝鮮や海洋進出を活発化させる中国軍をけん制するとみられる。海上自衛隊とインド洋で訓練する計画もある。

 中東にも派遣される予定だが、北朝鮮情勢や南シナ海の中国軍の動向などを見極めながら展開する海域を決めるとみられる。




そう言われてみれば、自衛隊も南シナ海で本格的に不審船に対する訓練を開始
し出しましたね?

産経新聞の記事抜粋より

不審船に緊迫の臨検…海自、南シナ海での訓練を公開 マレーシア将校「能力に感銘」

 南シナ海で活動中の海上自衛隊の護衛艦「いずも」と「さざなみ」が、洋上で行った訓練を記者団に公開した。21日にはさざなみを不審船に見立てた立ち入り検査訓練を実施。22日には中国が主張する「九段線」付近まで航行し、海上に投下した発煙筒を標的に、小火器の射撃訓練を行った

a0259347_08305293.jpg

 いずもは19日から、東南アジア諸国連合(ASEAN)全加盟国の若手士官10人を乗せ、艦上で海洋国際法や災害救援に関するセミナーを受講してもらうプログラムを実施しており、記者団も同乗した。

 主な日程は22日で終了し、23日にはシンガポールに入港する。マレーシアのリズワン・ユソー大尉は「海上自衛隊といずもの能力に感銘を受けた。この経験は将来役に立つと思う」。フィリピン軍の士官も「日本の災害時の対応について具体的に学べて大変役立った」と語った。




良く分かりませんけど、何か変な雰囲気になって来た様に感じますね

気のせいだと良いのですが、北朝鮮の件では中国もロシアも西側諸国にはどう
見ても非協力にしか見えないのは気のせいでしょうか?

直接的では無いにしろ、北朝鮮の問題で日本と中国が争いになる可能性は
かなり高いと思います


警戒と注意を怠らずに頑張って行きましょう!!

頑張るぞ日本人!!! 























[PR]

# by mabo89 | 2017-06-23 08:36 | 時事問題 | Comments(0)

親日国台湾を応援しましょう!!の巻

今朝の新聞を読んでて台湾で際総統が誕生して以来大陸との関係が微妙になり
大陸からの観光客が減少したのに対して、日本からの観光客を取りこむ為に
大胆なアイデアを出してる様ですね


そこで先ずは今日のサーチナの記事抜粋より

台湾に日本人客を呼び込む方法を議論する台湾ネット民が、驚きのアイデアを繰り出した!=台湾メディア

台湾で蔡英文総統が誕生して以降、台湾と大陸の関係は微妙な状態が続いている。台湾を訪れる大陸人観光客の数が激減し、台湾の観光業界は日本や韓国、東南アジアなどの観光客を呼び込むためのPRを展開している。

a0259347_08585667.jpg
 台湾メディア・聯合新聞網は20日、現地のネット上で「台北捷運(地下鉄)の駅名を日本風に改称したら、観光業の発展にプラスになるかもしれない」という議論が起き、ネットユーザーが続々と「改名案」を出していると報じた

 記事によれば、議論の発端はあるネットユーザーがネット上で「もし台北捷運を台北地下鉄に、桃園捷運を京桃電鉄に、『松山機場』駅を松山空港駅に、善導寺駅を善導神社駅に解明したら、日本人観光客は台湾にもっと親近感を抱き、日本人の台湾観光ブームが高まるのではないか。そして、台湾各地から台北を訪れる観光客も外国旅行に来たような感覚を味わえるのではないか」と書き込んだことだという。

 すると「市政府駅」を「都庁前」に、「台大医院駅」を「帝国大学病院前駅」に解明したらどうか、この駅はどう解明すべきか、といった議論が起きたとのこと。このアイデアに賛成を示すユーザーがいる一方で、「日本人にとっては日本だけで十分だろう。台湾に来てまで日本を体験させてどうする。現地の生活体験を楽しみにしてくるのだから」との反対意見も出たようだ。

 記事はまた、台湾の鉄道にはもともと日本らしさを帯びた駅の名前が少なからず存在し、例えば善導寺、三重、松山といった駅名はそもそも改名の必要がないと指摘するユーザーもいたと伝えている

 先日、日本のクリエーターが台湾の鉄道路線図を日本風にアレンジしたものを制作し、台湾のネット上で話題を集めた。日本人観光客のために駅の名前を変えるというのは無理がありそうだが、日本風の駅名標や路線図、時刻表などを作ってみるというのは企画としておもしろいかもしれない



先日も奈良市内で行われたドイツフェスティバルに行った時帰りに、友達に
迎えに来て貰った事もあり、帰りに近鉄奈良駅の上にある見晴らしの良い
中華料理屋さんで食事を取って帰ろうと行ったのですが、帰りのエレベーター
で偶然乗り合わせた1組のカップルが居たのです。

嫁がそのカップルが持ってるトランクが可愛かったので、可愛いトランクです
ね?と話しかけたのが切っ掛けで話が始まったのです。

:どこから来たんですか?お国は?と聞くと

カップルの男性:私達は台湾からです。と答える

:そうなんですか!謝謝 台湾 ですね~!地震の時は有難うございまし
  た。と言うと

:私達台湾人は日本が大好きで、兄弟みたいなもんですから・・と答える

一瞬にしてエレベーターの中は友好ムードになりました

見た感じはどうも新婚旅行風でしたので良い思い出になってくれれば良いのに
なぁ~?と思いました。

草の根交流とは良く言われますが、本当に親日国の人間とは今以上に良い関係
が作れれば良いのですが・・


とにかく頑張りましょう日本人!!! 


























[PR]

# by mabo89 | 2017-06-22 09:11 | 時事問題 | Comments(0)